伊豆の歴史についての最近のブログ記事

三島はあちこちにある

| コメント(10)
banner_clasic.jpg

初出/2007-10-04


海と列島の中世 (講談社学術文庫)
価格:¥ 1,208(税込)
発売日:2003-04

三島という土地について話をしようと思うんだが、実は三島という地名はあちこちにあるわけだ。市町村合併で消えてしまったのもあるが、Wikipediaによればこんな具合。この中で鹿児島の三島村は南西諸島の竹島(面積4.20km2 周囲9.7km 人口112人)硫黄島(面積11.65km2 周囲14.5km 人口142人)黒島(面積15.37km2 周囲15.2km 人口215人)の三つの島の総称なので別として、他の三島に関しては名称の由来が不明だ。

単純に考えれば、「島」というからには海に浮かぶ島が関係しているのだろうと思うんだが、伊予三島以外は「実は海に面していない」のが謎だ。伊豆の三島も、もちろん海に面してないんだが、よく勘違いされるんだよね。地名が地名なんで。で、たまたま読んでいた本に、その問題を解決するヒントが出ていたので紹介してみる。海と列島の中世という、講談社学術文庫なんだが、

三島が三島と呼ばれるには

| コメント(7)


初出/2007-10-09



三島駅で降りて、南口から坂をくだって来ると白滝公園に出る。そこで東に曲がって桜川沿いに歩くと三島大社に出るんだが、その角に赤いポストがあるわけだ。このポストはインチキで、飾られているだけ。たまに郵便物を投函しようという人がいて、口がふさがれているので戸惑っている。で、桜川から分流した一部が、搗屋のみちに沿って流れ、御殿川となって赤橋に至る。赤橋には丸勝製麺所の売店があっておいしい麺類を売っているんだが、それはさておき。

DSC_3645.jpg

赤橋のある裏通りは、実は鎌倉古道の跡である。鎌倉古道というのは何か? 実は、延暦年間に富士山が大噴火を起こして、旧来の道が使えなくなったために、箱根を越えて芦ノ湖に至る道が開発されるわけだ。これを鎌倉古道と呼ぶ。それまでの、都と東国を結ぶ道はどこを通っていたのかというと、三島は通っていなかった。静岡大学小山研究室の研究によれば

北条氏のインチキ

| コメント(14)


初出/2007-10-04



前のエントリ「三島はあちこちにある」の続きです。

さて、伊豆には昔、海賊が住んでいた。今では、帆船に乗って髑髏のバンダナ頭に巻いたモノ好きな爺ぃがいたりするんだが、それはまあ、無関係として、だ。海賊とか水軍とかいう連中が、どこで何をやっていたのか、考えてみよう。まず、おいらの船がしょっちゅう厄介になる内浦造船さんなんだが、

DSC_0215.jpg

箱根権現

| コメント(0)


初出/2007-10-06

DSC_2827.jpg

むかし、箱根の駒ケ岳にはケーブルカーがあった。廃止されるというので慌てて駆けつけて撮ったのがこの写真なんだが、今ではロープウェーが客を山頂まで運んでいる。で、乗ってみて思い出したんだが、おいらが小学生のころ、三島の駅前からバスが出ていて、このケーブルカー乗り場まで連れてきてくれるわけだ。で、山頂にはスケートリンクがあって、何度か一人で来た事もある。今ではスケートリンクも廃止されてなくなった。

日金山東光寺

| コメント(20)


初出/2007-10-06

_DSC2884.jpg

現在の三島大社というのは、平安時代に来た新参者なんだが、伊豆でもっとも古い神社は、日金山東光寺である。おいおい、なんで神社なのに寺なんだ、という人もいるだろうが、なんせ古い話なので神仏混淆なんだよね。で、今ではお地蔵さんを祀るお寺であって、田方郡の民衆の信仰を集めているわけだ。

日金山の信仰は当町(函南町)とゆかりが深く、大土肥の地名も大土肥坂に大きな一の鳥居があったことから大鳥居→大土肥となったと伝えられ、雷電神社が祭られている.
 日金山は火の神である火牟須比命(ほむすびのみこと)の住んでいるところだと自然崇拝の中で考えられていた)。

三島と沼津は仲が悪い

| コメント(0)


初出/2007-10-06

DSC_0516.jpg
民衆の歓喜の声に応える頼朝公(イメージです)

2007年に書いたものなので、市長のところはちょっと古い。現在、三島の市長は豊岡さんです。沼津との合併話は結局、潰れたらしい。

雄飛滝

| コメント(3)


初出/2007-09-24

DSC_0136.jpg

大仁から三津浜に抜ける山道があるんだが、そこに広野という土地がある。縄文時代の遺跡が確認されている、という事で、まぁ、アレだ、三津浜のスカンジナビア跡地でも縄文の遺跡が発見されているので、カヌーで海を渡って海岸に棲みついた縄文人が山を登ってきたのだろう。で、面白いのは、この土地に「じんじばんば石」と呼ばれる跡があり、伝説では昔、年老いた目の不自由な旅芸人の夫婦が峠で行き倒れになった場所だと言われている。で、思い出すのは旧戸田村の峠にある瞽女(ごぜ)展望地なんだが、そこは大雪で生き倒れになった瞽女を葬った塚があると言われているわけだ。何もない山道のように見えるんだが、縄文の昔から、海と田方平野を結ぶ重要なラインだった事を記憶に留めているわけだ。

三島大明神のスキャンダル

| コメント(2)


初出/2007-10-07

DSC_7613.jpg

文中に「スカンジナビア跡地」の話が出て来るんだが、結局、函南のトマト長者が買って、別荘を建ててます。2000万超えのベンツのスポーツに乗ってる爺さんです。トマトは儲かるらしい。縄文遺跡のある山側には手を付けてないので、開発がカンタンだったようだ。ところで、柳田國男の著作権が切れたそうで、「願わくはこれを語りて平地人を戦慄せしめよ」という、あの名文がネットで読めます。「海上の道」も遠からず公開されるだろう。遠野物語は文体が古くて読みにくいが、海上の道は平易なので、全ての日本人が必読の書だと思う。日本人のルーツが椰子の実だったという、驚愕の書です。

伊豆の国府

| コメント(0)


初出/2007-10-08

DSC_4818.jpg

このシリーズの過去ログは、「伊豆の歴史について」というカテゴリに収録されております。まだまだたくさんエントリがあるので、順番にアップして行きます。





初詣の季節で、三嶋大社からおいらの家のところまで、延々と渋滞しまくってます。三嶋大社は旧官幣大社なので、格が高い。普段から、伊豆中の人がお参りしてます。中伊豆出身の漫画家、中村光さんも、2006年に自作のアニメ化を願って絵馬を奉納してますw でも、神社の歴史そのものはさほど古くない。平安時代にこの地に招聘されたものらしい。当時、東海道は足柄を通っていて、御殿場線と同じようなルートだったんだが、富士山の噴火があって、それを避けるために箱根越えルートが開発された。ところが箱根には縄文由来の「まつろわぬ民」が住んでいて、軟弱な都会人がやすやすと旅行できるような環境にはない。そこで、そうした箱根原住民を「監視」するための施設として作られたのが、現在の「三嶋大社」ではないのか? というのが、おいらの結論です。そして、伊豆には箱根だけではなく、海岸にも海洋系の縄文系が住んでいた。海の神であるはずの「三島神」が内陸である三島という地に居を構えている理由というのも、そうした発想で捉えると理解しやすい。

DSC_6487.jpg

クトゥルー神話と堤康次郎

| コメント(14)


初出/2009/3/4

箱根の九頭龍神社について。若い娘っ子らのあいだでは、霊験あらたかな出会いの神とか言われてパワースポットで大人気なんだが、なかなか行きにくい場所で、あまり知られてない。ところが、この神社が、日本の支配者になるには欠かせない存在だというので、麻生政権も、民主党も、ここにお参りしなかったので短命に終わったとも言われている。で、この九頭龍神社の力を我が物として身に付けて、覇権に近づいたと言われているのが、堤康次郎とジョニー・デップです。



むかし、「幻想と怪奇」という雑誌があった。創刊号だけは三崎書房から出て、二号目からは別の版元だったと思うんだが、おいら、全6巻揃いで持ってます。1972年頃だったかな。当時、一冊ずつ買い集めたんだが、こないだウチの奥さんがヤフオクで入札しようとしていたので「二階に全巻揃ってるぞ」と教えてやったんだが、おいら、どっちかつうとラブクラフトよりアーサー・マッケンが好きなんだが、アーサー・マッケンには「方向性さえブレなければ、思わせぶりだけでも長編が書ける」という真実を学び、なので、おいらの長編デビュー作は、「処女喪失まで200ページかかる」という壮大なエロ小説でした。まぁ、マッケンとかフランス文学とかは、そんなもんなんだけどね。

で、話はラブクラフトです。クトゥルー神話です。とりあえずパイレーツ・オブ・カリビアンに出てきた蛸坊主を思いだしましょう。はい、コレですね。

ヤマタイコクは静岡にあった

| コメント(11)
浅間神社に卑弥呼さんがいるらしい。丹後の国の一の宮である籠(この)神社というのがあるんだが、その社家である海部氏は彦火明命(別名ニギハヤヒ命)の82代目の子孫だそうで、日本でいちばん古い家のひとつらしい。数年前に、この家の系図が公開されたんだが、翌年には異例の早さでコレが国宝に指定される。

この公表された系図には、彦火明命から9代の孫には「日女命」という人物がいるそうです。
この日女命の別名が神大市姫命といい、さらにもう1つの別名が倭迹迹日百襲姫(やまとととひももそひめ)なのだそうです。
倭迹迹日百襲姫といえば、近年、邪馬台国の女王卑弥呼ではないかとされる人物です。その墓は箸墓古墳とされ、邪馬台国の畿内説を裏付ける説でした。
ところで魏志倭人伝では、亡くなった卑弥呼は「大市」に葬られたと書いてある。そして宮内庁では箸墓古墳を「倭迹迹日百襲媛大市陵」と呼んでいるんだが、ここで、中国の文献にある「卑弥呼」と、日本の家系図が見事に繋がるわけです。ところで、静岡の浅間神社というのは、単一の神社ではない。Wikipediaによれば、こうだ。




主食は・・・コメ、アワ、ムギ、マメなど。副食は・・・アワビ、サザエ、ハマグリ、タイ、コイ、ワカメなどの海産物、シカ、イノシシなどの獣肉、ダイコン、ウリ類などの栽培野菜、フキ、マツタケ、モモ、クリ、トチなどの山野の恵み、そして、噛み酒(古代、コメを噛みくだいて造った酒)などもあった。これらの食材の調理法や卑弥呼の日々の食事によりスリム(痩身)であり、海藻が髪に艶を与え彼女のカリスマ性に寄与したなどの著者の解説は楽しませてくれる。

韮山散策

| コメント(0)
DSC_3122.jpg

日曜日に菊川まで行って、お祭りの写真なんぞ撮っていたわけで、草臥れたので月曜日は休もうと思っていたんだが、急遽、韮山まで撮影に。台風が来ているので、先延ばし出来ない。江川邸です。

支配地域は、伊豆国を中心とし、駿河国・相模国・武蔵国に及び、幕末には甲斐国も管轄した。また、伊豆諸島を管轄下においたこともある。石高は管轄領域の変動に伴い一定しないが、5 - 10万石余。

今の建物は、1600年頃に建てられた物らしい。ただし、部材には一部、もっと古い材木も使われている。徳川幕府というのが、「小さい政府」だったというのが、この建物を見ると理解できます。



私には本を全く読まない娘がいるのだが、この本が面白かったので「必ず読むように!」
と渡した。一年も経って、忘れた頃に「読み終えた」という報告を受けた。特に「切腹」のくだりは、泣けて泣けて、4歳になる孫娘がティッシュ箱を渡しにきたほどだったという。
歴史上、誰もが知る有名人というわけでもなく、972ページもの大作。それを読書嫌いの娘が読了したということは、この本がものすごく面白く、引きつける何かがあるからだと確信した。
欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山