三島の最近のブログ記事

img_384624_4088545_0.jpg柳ケ瀬ブルースの作者、宇佐英雄さんが亡くなった。
生前、何度かお目にかかった事がある。宇佐さんは破れ傘という名の、この食堂に毎晩通っていて、それを知ったおいらが待ち伏せして強引に知り合いになったのだ。
宇佐英雄さんは、もとは北海道の出身なんだが、若くして伊豆長岡に出て来て、レジャーランド専属の「流し」になり、観光客の前で歌を歌いながら自分の曲を作っていた。流しというのは、よその土地に行っても、三日間だけはヤクザに挨拶しなくても営業できるのだそうで、たまたま柳ケ瀬に行った時に、自作の「伊豆長岡ブルース」を歌ったところ、偶然、居合わせていたレコード会社のディレクターがそれを耳にして、「今度の美川の曲にどうだろうか」というので採用されたそうです。元は伊豆長岡ブルースだったのが「柳ケ瀬ブルース」になったのには、そんな経緯がある。


img_384624_4088545_1.jpg


破れ傘のカウンターには、いつもの席にいつものように小さな膳が用意されていた。亡くなったのは金曜か土曜らしいが、発見されのは月曜日です。待ち合わせに来なかったというので、月曜になって様子を見に行った人が発見したそうです。
      img_384624_4088545_2.jpg

興が乗ると店においてあるこのギターを弾く事もあったそうで、ただ、最近は身体の具合もあまり良くなくて、このギターも「四ヶ月ほど弾いてない」という事だった。急を知って北海道から駆けつけた奥さんと娘さんなど親族が店にいたのだが、さすがにちょっとアレなんで、親族が帰ったところを見計らってギターを弾かせて貰いました。柳ケ瀬ブルースを故人に献じて来ました。店のおばさんが涙を浮かべて「ありがとう」と言ってくれました。「みなさんのいらっしゃるところで歌っていただきたかった」とも言われたんだが、さすがにあまり練習してない曲を、弾きなれないクラシックギターでやるのは遠慮します。
柳ケ瀬ブルースのヒット後、何曲かメジャーに曲を提供したものの、「作詞も作曲も自分でやる」というスタイルはこの時期、まだ多くなくて、あまり受け入れられなかったようです。それでも、柳ケ瀬ブルースがあれだけヒットしたので、毎月20万くらいは入ってきて、生活には困らなかったようだ。奥さんや娘さんを北海道に残して単身、三島で暮らしていたのは、「気楽だから」という事で、毎晩10時半になると、この店で静かにビールを飲んでいた。「僕はビールしか飲まないから。強い酒を飲む人はみんな、死んでしまった」流しをやっていた人が、みんな酒の飲み過ぎで身体を壊して死んだという話が出た時には、そう言っていた。
改めて、ご冥福をお祈りいたします。
 
初出/3/15

釧路の夜

| コメント(3)
美川憲一というと「柳ヶ瀬ブルース」が有名で、野豚ドジョウのカラオケの十八番だそうだが、歌には罪はない。悪いのはドジョウです。ところで意外なことに美川が紅白歌合戦に初出場したのは柳ヶ瀬ブルースではなく、それから数曲後の「釧路の夜」という曲だそうです。



意外な事実というのは他にもあって、坂本九が司会している言葉を聞くと、『ニューフェース出身』だと言ってますね。17期大映のニューフェースだったらしい。元は俳優志望だったようだ。まぁ、今じゃ面白いオカマ扱いだが。

IMG_3931.jpg

滝川神社というのが三島にある。ごくささやかな神社で、地元でもほとんど知られてないのだが、ここが密かなパワースポットとして人気だというんだが。

 座布団三枚

| コメント(15)
IMG_4071.jpg

晩飯食って、腹一杯になると最近は眠くなるんだが、ひと眠りしていたら電話で起こされて呼び出しくらって、飲みに出た。徒歩10分もかからないところに、三島一の繁華街「白雪通り」があって、その周辺も含めて、なんとも怪しい飲屋街になっている。ご覧のように自転車すら入れないような狭い路地裏まで店があります。この店は白雪通りの西側路地を入ったところ。


三島大社から旧下田街道

| コメント(3)
IMG_4199.jpg

上生和菓子です。綺麗なもんだ。右側が「梅花藻」手前が「金魚」です。三島では兎月園という菓子舗が、こうした季節の生菓子を作っている。生菓子というのはいいもんですね。とにかく見ていて気分が良い。本来なら抹茶を立てる時に出すモノなんだろうが、上品な甘さがコーヒーにも紅茶にも合う。でも、どれを食っても味は同じw まぁ、気分で食うモノなので、それでいいんだろう。


富士山丸見え

| コメント(12)
DSC_1895.jpg

今日は異常なほどに富士山が丸見えで、思わずカメラを持ちだして西麓の開発現場に登ったんだが、ジグザグに見えるのが登山道です。左の頂上にあるのが、むかしの測候所跡ですね。他にも山小屋がチラホラと見える。明け方には、ご来光目当てに登山道を登る懐中電灯の列が確認できます。


山小屋の灯

| コメント(5)
DSC_2091.jpg

夜になっても珍しく、空気が澄んでいて、富士山の灯がよく見えます。山小屋の灯です。満員だろうね。ところで、この写真を撮った場所は早くも地元カップルのデートスポットになっているようで、おいらの車のとなりに車が停まっていた。いちおう私有地ですので、夜は柵で封鎖しようと思う。勝手に出入りできないように何らかの手段を取らないと、トラブルが起きてからでは遅いからなぁ。





IMG_4898.jpg

水です。箱根の深井戸から採った水です。伊豆縦貫道の塚原インターから5分、見晴らしの良い高台です。



写真はクリックすると大きくなります。富士山、三島、沼津、天城山まで一望の大パノラマです。

IMG_0740.jpg

三島青果の建物はほぼ完成で、正式オープンは11月24日なんだが、そこでも使うための水だ。収穫した野菜は水道水で洗うと、塩素で傷んでしまう。一般的には、農家に井戸があって、そこの井戸水で洗ってから納品されるケースが多いんだが、今度の新しい三島青果では、場内でこの井戸の水を使って洗ったり出来るようにしたい、という事です。深さ200mから汲み上げられた水は、ご覧のタンクに貯められて供給される。汲み上げ量は毎分100リットルです。

10月20日はぬまづ港BAR

| コメント(8)


IMG_5075.jpg

昨日は三島BARで、おいらは一日中、犬小屋でギターの練習していたりだったんだが、土産に巻き寿司とか買って来てくれた人がいて、おいら三島BARには関わってないのでアレなんだが、人は出ていたようで、何よりです。BARというのは、3500円で5枚綴りのチケットを購入して、あちこちの店をまわって1枚ずつ使って楽しもうというイベントで、最近、軽トラ市と並んで流行です。色々と、やる気のある店が見られて面白いね。このお寿司は、生ハムとかサーモンとか、中にはチーズが入っていたり、洋風で工夫してある。で、来週、10月20日はぬまづ港BARです。



こちらは主催が「セールタウン沼津」という事で、帆船Ami号の関係でおいらも参加です。船上ライブ演ります。



「やさしい悪魔」は、パーカッション、サイドギター、リードギター加えて、お賑やかに、street gig スタイルで20分くらい演ろうと思う。多分、6時30分くらいです。当日、沼津港に来ていただければ、帆船Ami号が停泊しているのですぐに判ります。

いよいよ本日です!

| コメント(15)


ぬまづ港BARのお知らせです。バルという試みは、三島や他の街でもやっているんだが、港BARは沼津港という限られたエリアの中に53店舗が腕を競って新鮮な魚介類中心に展開するというので、コレはもう、見逃せない。有名な丸天さんでは、寿し八貫にドリンク付き、銀座のホステス連れた金持ちが来るので有名な超高級店双葉寿司でも、四貫に味噌汁付きと、信じられないようなサービス振りで、700円のワンチケットでもずいぶん楽しめる。こういう時に、魚商売の人たちというのは太っ腹ですw 前売り券は5枚綴りで3500円です。当日券は4000円になるので、ここは前売り券を買うべきだろう。ネットでも電話でも予約できるので、ぜひ、お願いします。で、なんせ港一番のお祭りなので、イベントもいっぱいです。

メインはJAZZなんだが、ストリートを使って幾つものバンドが投げ銭スタイルで展開、また、ジャグリングなどの大道芸もあります。
  10月20日(土)16:00~21:00
で、おいらなんだが、



当日は帆船Ami号が港BARのイメージキャラクターとして参加するので、船の上で突発ライブ開催です。昭和の歌謡曲垂れ流しです。菊川在住のRACCOさんというパーカッションがゲスト参加です。



おいらの出番は、6時20分と、8時20分、6時30分あたりで、「優しい悪魔」を演ります。ゲストのアドリブ加えて30分くらい演れたら面白いんじゃないかと。他には、若手のフォーク系バンド「RJ.classic」、還暦系実力バンドの「nicochans」も参戦。ライブのスタートは午後5時予定。場所は、沼津港に行けば判りますw 狭い港だし、帆船Ami号は目立つし、大雑把に言うと「みなと新鮮館」のすぐ脇です。

帆船ライブ

| コメント(13)


ゲストのパーカッション付きです。入りのタイミングが絶妙w


千人シャギリ

| コメント(1)
昨日なんだが、文化の日で、たまたま散歩に出たら歩行者天国でした。千人シャギリとかいうのを真っ最中で、いつもながらケタタマシイのが、一層パワーアップです。山車には、子供でもせいぜい20人くらいしか乗れないんだが、周辺まで、鉦を持った子供や大人がいっぱいで、千人というのは大袈裟だが、100人はいただろうか。それだけでも充分に、騒々しいですw




三島青果

| コメント(5)
IMG_5497.jpg

昨日の日曜日なんだが、三島青果の落成で、三島市長が挨拶してます。県知事は明日、視察に来るらしい。箱根西麓野菜の出荷に、これからが期待される。それにしても1万坪近い開発だったので、ずいぶん大変だったらしい。ウチの会社では、この施設へ井戸水を供給してます。野菜は水道水で洗うと、塩素によってビタミンが破壊されてしまうので、出荷に井戸水が欠かせない。

IMG_5505.jpg

お弁当貰いました。



営業報告

| コメント(5)

graf1212.jpg

営業報告です。去年の12月がAmazon強化月間で、売上げ400万突破という記録を作っていたので、1月はそれほどでもないが、300万超えで、まあまあです。売上げ点数は伸びているんだが、金額的にはまだまだ。高いモノがもっとたくさん売れてくれると嬉しいんだが。とりあえずSHARP応援で、プラズマクラスタ空気清浄機、たくさん買ってくださいw



水について・・・その1

| コメント(3)
富士水系というと、ここら辺では何といっても「柿田川」なんだが、柿田川には沼津市の取水場があって、通称「泉水源地」と呼ばれている。一番上流の方です。ここで汲み上げられた水は、今では箱根を越えて熱海市まで運ばれているそうだが、ちなみに柿田川の下流には工業用水の取水場があって、東レなどにも送ってます。それでも余った水が、その先で轟々と狩野川に合流している。富士山水系の代表的な水なんだが、この柿田川の水質について。

水について・・・その1の続きです。1では、柿田川の「泉水源地」の水が、硬度30くらいだという話で、それだけでなく、富士水系の水の多くが、それくらいの硬度だという話をしたんだが、この数字は古くからの京都の水質に近く、東京の水質が硬度90と言われるのに比べてより、軟水系だと言える、と、そこまで書いた。ただし、水の味を左右するのは「硬度」だけではないし、硬度が低ければ良い水というわけでもない。個人的にはおいら、もっとミネラル分の多い水が好きです。とはいえ、欧州ほどではなく、日本の平均である、硬度50~60くらいの、いわゆる山の湧き水みたいなのが好み。柿田の水は純水に近いほどの低ミネラルなので、飲み口が尖って感じる。

さて、そこで山水の代表として、箱根の水です。富士山の水に比べて、あまり知られてないんだが、昔は丹那盆地にも7つの山葵田があったというくらい、丹那は水の豊かな土地だった。この水は、湧水となって三島にも湧き出し、山田川に注いでいる。ウチの会社の旧本社でも、自噴してます。函南でも湧いてるはず。ところが、昭和の初めに丹那トンネルを掘った時に、この大量の溜水の底を抜いてしまったわけだ。

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山