| コメント(0)
ちょっと微妙な話なので、ボカして書く。大震災のあと、次々に原発が爆発して行く中で、誰が電源を復活させたのか、その話です。

「まず、いつもは持たされる線量計をとられたw ウチの社からは三人出ました。3日、かかった。どれだけ被曝したのか不明。報酬は、ひとり100万だった」

日本には、軍需メーカーというのがたくさんあって、ナントカ重工というのはたいていそうだし、Nikonだってそう。軍需産業というのは、談合アリの、下手すりゃ入札ナシで受注とか、そういう甘い商売ではあるものの、イザ、有事の際には線量計持たずに原発の電源復帰のためにフクシマという、まぁ、そういう過酷な面もあったりするw

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山