猪瀬は使いっ走り

| コメント(0)
徳洲会事件なんだが、立ち会ったという「一水会会長」さんなんだが、木村三浩という人物です。慶応大学政治学科を出ているので、最近の中卒ネトウヨとは違うw インテリです。ただし、前科は複数w 見沢知廉のスパイ粛清事件で死体遺棄、東郷健襲撃事件で傷害罪、など、いかにも右翼らしい前科です。若い頃には日本青年社で、尖閣上陸したりしているので、そこら辺でシンタロとの接点があるかも知れない。ところで、毎日新聞の報道では、コトの詳細がよく判らないわけです。

 猪瀬氏によると、資金提供を受けたのは昨年11月。徳田虎雄・前徳洲会理事長が入院する神奈川県鎌倉市の病院を訪れ、知事選出馬のあいさつをした。その後、徳洲会側から連絡を受けて徳田氏の次男である毅衆院議員から現金で5000万円を受け取り、借用書を書いた。無利子・無担保だった。場所は「議員会館だったかもしれない」と述べ、虎雄氏への訪問の際には仲介者として新右翼団体「一水会」の木村三浩代表が立ち会ったという。

トラオを訪問した時に、仲介したのがこの人だそうで、時事通信のサイトにはもっと詳しく出てます。



フセイン元大統領が処刑されたからといって、このムックの意義はいささかも揺らぐものではない。
いや、今こそ、読むべし!そして、真実を、アメリカという国の偽善を知るべし。アメリカ発のニュースしか日本には入ってこない。第一、「イスラーム原理主義」などは無いのだ。「原理主義」は、キリスト教・プロテスタントの言葉である。
この「大義なき」戦争に、手を貸してしまった日本。'We must fight terrorism.'前置詞の抜けたコイズミの言葉の何と空疎なことよ。
 木村氏によると、面会は昨年11月6日、虎雄氏が療養中の神奈川県鎌倉市の病院で行われた。猪瀬知事と虎雄氏の双方と面識があった木村氏が、都知事選への立候補を決めた猪瀬知事に面会を勧めたという。
 面会には3人の他に虎雄氏の妻(75)も同席した。面会の様子について、木村氏は「あいさつだけで、お金の話は一切出なかった」と強調。面会後、木村氏が徳田議員に電話で、選挙での資金援助を要請したといい、「落選した場合のことも含め、相場として1億円ぐらいと言ったかも」と話した。

そもそも、一水会会長が猪瀬に、トラオに会うように勧めたのだそうで、言われるままに面会に行った猪瀬なんだが、そこではカネの話は出なかった。その後、改めて会長が徳田毅議員に電話して1億円を要求、それに対してオヤジのトラオが「自分で取りにこさせろ」と発言したという、これで大体、コトの推移が判明するわけです。とともに、なんで猪瀬が「他人事」みたいな言い方をしているのかも判る。基本的に、会長が考えたスキームなのだ。猪瀬は使いっ走りw ところで、新右翼というのは、街宣右翼とも違うし、ましてネトウヨとは仲が悪い。せと弘幸ブログから引用。

  >「私が毅氏に『1億円ぐらい(貸したら)どうか』と話したかもしれない」
 疑問に思ったのはこの産経新聞の記者に語ったと言われるこの言葉です。大物ぶりを見せたかったのか?普通なら墓場まで持って行く話しでしょう。徳田・猪瀬両氏に対する裏切りではないのですかね?
 余りにも大物過ぎて私などには理解できなくなりました。こんな事をペラペラ喋るようでは右翼全体が軽く見られてしまうのではないか?本人は徳田・猪瀬両氏はもう終わったと思って話しているのでしょう。
 しかし、余計な心配かも知れませんが、もう自分も終わってはいませんか。右翼活動家の皆さんは苦しい暮らしも貧しさにも耐えて活動しています。今は資金源は殆どありません。木村三浩さん!あなたは口利きして幾らお小遣いをもらったのですか?

ネトウヨは何をやって食っているのか、まぁ、知ったこっちゃないが、地道にコツコツ働いているわけでもなかろうw で、右翼のフィクサーとして有名なのがいるんだが、この人が何故、大物扱いされるかというと、むかし、自民党の政治家のために色々やって、それを被って、沈黙を保ったからですね。そういうのを踏まえての発言だと思われるんだが、もともと一水会というのはそういう「自民党応援団」の体制右翼ではないので、言っても無駄だと思うよw

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山