伊豆牛ステーキは伊豆の宝です

| コメント(0)


_DSC1246.jpg

昨日、中伊豆方面に買い出し行って、伊豆牛とか山葵とか仕入れてきたわけです。かつて、中伊豆町長が作った豆腐屋でクレソンとルッコラが安かったので、ひと束100円で仕入れ。ウチのベランダでもクレソンは食べ盛りだが、栽培が下手なのか、見てくれが良くないw さて、伊豆牛だが、ステーキにするような良い所は業務用でレストランなんぞに出てしまうのか、あまり形の良くないモモ肉です。100g630円。室温に慣らして、塩胡椒、フライパンにバター溶かして、焦げ目が付くまで両面焼いて、オーブンで135度、10分保温だ。



肉好きなのでタイトルを見て購入しました。
本のサイズ的にも持ち歩きやすく、肉の初心者向けの良い参考書だと思います。
焼肉屋に行く時は持参するつもりです。
第二弾があるのであれば、馬や鹿などかなり省略された肉類をもっと詳しく解説していただければと。
「続・肉事典」楽しみにしています!!!
この、味付けしてない、焼いただけのステーキを、山葵でいただきます。中身はしっかりレアで、完璧な焼きです。ランプやサーロインみたいに柔らかいわけじゃないが、しっかりと赤身肉の旨みが詰まって、コレは旨い! さすがに伊豆牛には山葵が合う。満足感いっぱいだ。一人前で150gくらいなので、肉の値段が1000円くらいか。伊豆牛のステーキというと4000円が相場なんだが、そんなに出さなくても、自分で焼けば1000円で食える。伊豆グルメ、至高の逸品です。

ところで、伊豆グルメのオフ会、いつもはおいらの仕事場である「犬小屋」でやっているんだが、次はマイクロバスを借り切って、伊豆の食材探しの旅に出ようかと企画してます。冬の伊豆は、ズガニ、イチゴなど、味覚の宝庫です。ネットゲリラが案内する、グルメツアー、いかがでしょう? ご意見などありましたら、twitterないしはFACEBOOKでよろしくお願いします。まだ募集はしてませんが、マイクロバスは定員が20名くらいなので、すぐに満員になってしまうと思われます。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山