伊豆長岡「新叶」

| コメント(0)


IMG_9827.jpg

おいらが株主になっている会社の株主総会なんだが、いつものように伊豆長岡の「新叶」という割烹旅館です。おいらが払うわけじゃないので、高いか安いかは知らんけど、しっかりした料理を出すところです。隠れ宿的なひっそりしたところなので、不倫旅行なんかに最適。でも、顔が割れてるおいらは不倫旅行には使えませんw 小さい旅館なので、ほぼ貸し切り状態。毎年この時期、ここで株主総会やるんだが、さて、今年はどんな料理が出るか。



板前さんの修行ステップの一部を詳しく紹介している本です。
1年目は追い回し、2、3年目は八寸場・油場・焼き場の助手...と
修行年数と、各持ち場が何をして、どんな料理を作っているかを
活字とカラー写真で詳しく説明されています。
どの料理も綺麗に飾り付けされており、とても丁寧で細かいです。
材料の関係で、すべての料理を真似るのは難しいかもしれませんが
細かい作業に慣れている人には、真似できそうなものがあります。

IMG_9830.jpg

アン肝をフォアグラ風に炙った物です。蕪と芽ネギ、プチトマトが添えられている。こういうアン肝だけで出す料理というのは中国産の輸入肝を使っていると思う。トレイ一枚で980円くらいです。国産だと肝だけでは売ってない。中国人は、肝を抜かれた鮟鱇をどうしているのか、ちょっと心配w

IMG_9833.jpg

秋らしい装いの八寸です。銀杏の葉を模した練り物とか、色々乗っているんだが、白子、カラスミなど、痛風一直線という気もしないでもないw

IMG_9836.jpg

金目鯛のお吸い物。赤、緑、黄色と、彩りが綺麗です。

IMG_9839.jpg

今日のお造りは、海老、イカ、白身魚。何故かマグロが入ってない。

IMG_9842.jpg

松茸の茶碗蒸し。青海苔が良い風情です。

IMG_9844.jpg

甘鯛の焼き物。

IMG_9846.jpg

天城軍鶏の鍋。

IMG_9850.jpg

丹波牛だそうです。上等なレアの牛肉を新鮮な山葵でいただく。

IMG_9851.jpg

春巻きを揚げたみたいです。

IMG_9856.jpg

女将手ずから漬けたお新香。コレが出て来ると〆に近い。

IMG_9862.jpg

軍鶏鍋のツユでうどんです。

IMG_9866.jpg

デザートの柿は、どこだったか、産地は忘れたが、ここら辺の物ではないです。静岡県東部では、渋柿の四ツ溝柿を渋抜いて食べるんだが、それほど甘くなくて、シャキっとした歯触りがお値打ちです。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山