歌の上手い奴は最初から上手い。練習するだけ無駄w

| コメント(0)
沖縄で天才少女出現! です。13歳です。中学1年生。Youtubeでも見られるんだが、見てくれは「AKBに憧れる田舎の女の子」といった風情だが、おいらが褒めるんだから、そんなもんじゃない、本物です。それにしても、沖縄って、何でこういう人が出てくるのか。ビギンのデブしかり。「歌の上手いヤツは最初から上手い」という、まさにそのままです。

The X Factor(日本語題:Xファクター)は英ITVで2004年9月から放送中のリアリティ音楽オーディション番組。イギリスでは人気が非常に高く、ファイナルでは1,900万人が視聴して視聴率60%越えを記録した年もあった。番組出身アーティストによって3,000万枚のシングル、1,800万枚のアルバムを売り上げている。また36枚のアルバムがトップ10入りを果たし、33枚のシングルがNO.1に輝いている。

何故か、沖縄ではイギリスのオーディション番組の沖縄版をやっているらしいw その番組で、昨日、放映されたばかりの映像です。





タイトルでおどろおどろした怪談などを期待した人はガッカリされるかもしれませんが、自分には期待を超える沖縄の霊的な事がらが日常にとけ込んでる特殊性に驚きながらも著者の体を張った体験談に「この世」の因果さえ感じました。

著者は基本、霊的なものなど信じていませんし、水子供養や本来の釈迦の教えとは異なる仏教などについて文中でも触れていますが、それでも、そういう風に考えられるような不思議体験をいくつもされています。おそらく著者は、あれだけの体験をしつつも、そうであるなら、そういう風に考えるしかない、あるいは特定の現象を事実として霊的な理由があるかもしれないことを排除できないであろうといった、冷静な視点と観察眼をもった記述が逆に、自分みたいな信じられる者を信じる方向へもっていく鋭さがあります。

著者の霊的な体験は移住後すぐからではなかったと思いますが、これかというほど多くの具体的な事例が書かれています。特に知人の「家相」にかんする部分は、ゾクっとします。

沖縄や怪談好きな方はもちろんですが、民俗学やスピリチュアルなことに興味がある方が冷静に楽しくゾクっとできる本かもしれません。
11/2(土)放送分では、
13歳で中学1年の
山田なづ ちゃんの歌声に
審査員はじめ会場や
視聴者が度肝を抜きました

私はリアルタイムでは観ていなかったけれど、
夫から
「あの山田優樹さんの娘さんが凄いことになっているよ!」
とこの動画を見せてきたんです。

「うっそ~、私たちの結婚式の時に来ていた、
あのちっちゃかった なづちゃんがっ ?! 」

というわけで正体を明かせば、沖縄のTVディレクターで、「琉神マブヤー」とか「ハルサーエイカー」などを手がけた人の娘さんだそうで、





こちらは6月の映像なんだが、バンドでやってます。バンドデビューだそうです。天使の格好が可愛いw それにしても、中学一年生がライブハウスのバンドでメインボーカルやるという、いい文化が育ってますね、沖縄は。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山