三べん廻ってワン!と言え

| コメント(0)
さて、このところ噂も途絶えた朝鮮総連問題なんだが、色々と目眩まし工作の数々はあれど、結論としては「入札を三度流して、特別売却に持ち込み、安く買い叩こう」というのが、北朝鮮側の本音だそうで、こういう「入札妨害工作」というのは、日本でもそれを得意としている暴力団がおりまして、まぁ、日本のヤクザというのは北朝鮮のシャブを売り歩く末端機関みたいなもんなので、今回もお馴染みの手口で入札を反故にして、北朝鮮関連の組織に安く買い戻させようという茶番だ、と。MS氏といえばこないだ蕎麦オフでお会いしたんだが、目立たない人です。でも、サイトの名前が「MSは見た」です。「だって、ホントに見たんだから」とおっしゃられます。そういう立ち位置にいるお方です。



この本は、自宅の落札者が決定し、家を追い出される恐怖におびえているというところで終わっている。その後どうなったのか(ちなみに、無事転居でき、今は平穏を取り戻しておられる)、そこまでの事実関係がどうだったのかについては、『女王さまの自己破産確定』(エム・ウェーブ刊、2002)に克明に記載されているので、併読を勧める。残念ながら品切れ重版未定だが...
そしてこの2冊を読んで、背筋が凍る思いがした。法的には確かに異母兄弟にも相続権があるのだが、そこまでするのか、人としての道義は...、と恐怖感を覚える。
ただ、『女王さまの...』に記載の事実関係によれば、もし著者側が比較的早い段階で妥協する道を選んでいれば、このような事態には陥らなかったはずである。それが非常に残念で!ならない。
この本に書かれている内容は、誰にでも起こりうることである。明日は我が身である。「そのとき」が来てから慌てても遅い。自分は大丈夫か、この機会に総点検と遺言書の準備を勧める。
拉致問題は無視して、総連本部だけ落としたいのが朝鮮総連の本音です。
それは日本人の国税1兆円を費消したのは誰だということです。総連本部は抵当に入っていません。しかし、朝鮮初等中等学校で一等地にある物件はみな抵当権を実行されてマンションに変わっています。
朝鮮初等中等学校は北朝鮮からの援助で作られていません。在日北朝鮮人商工人、労働者の寄付で作られたものです。
その資産が許宗萬体制後の朝鮮総連幹部たちによって担保に入れられて何かの資金に使われて、その説明は北朝鮮在日に一切されていないのです。新宿西口にある朝鮮奨学会ビルの賃貸収入の奨学資金さえ別目的に使われたようです。

そもそも、その怪しいモンゴル人はホントに保証金を積んだのか? ひょっとして、銀行の出した「払いますよ」という書類だけじゃないのか? という話もあるらしい。その書類というのも、実は偽造だったりするらしい。不動産手掛けるヤクザには、色んな「ワザ」があるわけですね。ところで、総連ビルに限らず、在日朝鮮人たちが寄付して作られた朝鮮学校が、みんな借金のカタに取られてしまった、という話があるわけです。北朝鮮が金を出して作ったものではないのに。それだけじゃない、バブルの崩壊では1兆円を超えるカネが、朝鮮銀行精算のために消えた。どこに行ったのか? テポドン打ち上げの資金になったとも言われるんだが、だったら何故、元公安のトップとか、安倍晋三のお友だちの怪しい坊主とかが、寄ってたかって総連の味方をしているのか、まぁ、北朝鮮の手口は、ヤクザを見れば判る。

4 入札側のねらいは。
まず特別売却に持ち込もうというのでしょう。特別売却になれば落札価格は下がりまくります。そのために競争入札を事実上妨害していると思う。


地方の入札でもよくあるケースで、ヤクザが関与しているとなれば、一般人が引っ込む。前回も今回も50億程度の値が付いて、それが反故にされるとなると、40億以上で入札しているホンキの外資とかいるのかも知れない。そういう情報すら、ダダ漏れに漏れていそうだねw で、日本政府側の裏ワザとしては、「整理回収機構が100億出して自己落札すればいい」というんだが、ホンキで北朝鮮ヤクザに対抗するんだったらそれが一番なんだが、諸般の事情により、それはないらしいw

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山