韮山散策

| コメント(0)
DSC_3122.jpg

日曜日に菊川まで行って、お祭りの写真なんぞ撮っていたわけで、草臥れたので月曜日は休もうと思っていたんだが、急遽、韮山まで撮影に。台風が来ているので、先延ばし出来ない。江川邸です。

支配地域は、伊豆国を中心とし、駿河国・相模国・武蔵国に及び、幕末には甲斐国も管轄した。また、伊豆諸島を管轄下においたこともある。石高は管轄領域の変動に伴い一定しないが、5 - 10万石余。

今の建物は、1600年頃に建てられた物らしい。ただし、部材には一部、もっと古い材木も使われている。徳川幕府というのが、「小さい政府」だったというのが、この建物を見ると理解できます。



私には本を全く読まない娘がいるのだが、この本が面白かったので「必ず読むように!」
と渡した。一年も経って、忘れた頃に「読み終えた」という報告を受けた。特に「切腹」のくだりは、泣けて泣けて、4歳になる孫娘がティッシュ箱を渡しにきたほどだったという。
歴史上、誰もが知る有名人というわけでもなく、972ページもの大作。それを読書嫌いの娘が読了したということは、この本がものすごく面白く、引きつける何かがあるからだと確信した。
DSC_3125.jpg

DSC_3130.jpg

DSC_3135.jpg

梁の表面が凸凹しているんだが、まだ今のようなカンナが普及してない時代、槍鉋という物で材木を削りました。

DSC_3156.jpg

大急ぎで反射炉へ。江川邸は入場料300円、反射炉は100円です。世界遺産になるかも知れないらしい。

DSC_3155.jpg

反射炉の耐火煉瓦は、河津あたりの土で作られたようです。つうか、鉄を溶かして大砲を作るために、この時代には耐火煉瓦のための土を探すところから始めなきゃならなかった。伊豆中を歩きまわって、江川さんは耐火度の高い土を見つけました。伊豆では、耐火度の高い土というのはほとんどない。大変だったと思う。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山