伊豆のスタンダード、養命そば

| コメント(0)


_DSC0804.jpg

さて、延々と駄蕎麦の試食を続けてますw 乾蕎麦というのは、たいていが「小麦粉の方が多い」という成分になっていて、コレもそうです。ただし、ツナギに山芋を使っている。山芋使うと、口当たりが滑らかになり、柔らかく感じますね。


+++++++++++++++++++++
さて、富士山麓裾野市下和田産の新蕎麦試食会です。まだ定員40名が埋まってないので、引き続き募集中です。

10月26日(土)午後2時

です。職人さんが2時に来て仕事を始めますので、食べられのは午後4時過ぎ。早めの夕食という感じか? 蕎麦職人さんの仕事を眺めながら、蕎麦前の酒とツマミを楽しんで下さい。玉子焼き、蒲鉾、天麩羅などを用意します。今回は有料です。一人1000円です。今回は定員制です。40名限定です。予約のない方は食べられません。メールでお申込み願います。なお、新蕎麦の香りを味わっていただくために、今回はもり蕎麦のみの提供となります。



なお、試食会会場は三島市広小路駅近くの、おいらの「犬小屋」です。犬小屋というのは通称で、おいらの仕事場です。いつも伊豆グルメ試食会やっているので、知ってる人は知ってる。今回は定員制で40名限定です。お申込みはお早めに。
+++++++++++++++++++++




ご主人のエッセイ&レシピ集のようなテイストだが、
写真が多用されていて、とにかくおいしそう。
文章も粋で、「そば愛」をひしひしと感じる。
これを読むと、
近所の蕎麦屋さんで、板わさと日本酒、せいろ1枚。
なんてやってみたくなってしまう。
個人的には乾麺のおいしいゆで方がありがたかった。
_DSC0803.jpg

駄蕎麦の数々。今回の試食は右端の松屋製麺所の「養命そば」。中伊豆の小さな製麺所で作っているんだが、既に40年間愛されている逸品だ。この製麺所はおいら、前からちょくちょく通っていて、ナマの蕎麦を買いに行っていたんだが、ここの息子、土屋君が沼津の旅行代理店に勤めていて、双子がいたりして、よく知ってるウチですw そば粉は国産の玄そばを仕入れて自家製粉、小麦粉も国産、それで、250g170円という値段は安い。しかも少なめの三人分というか、多めの二人分というか。山芋の成果で、ほどよく腰があり、口当たりがよく、伊豆ではスタンダードとして普及してるだけあって、かなりのクオリティなんだが、残念なのは、それだけの品質を誇りながらも、どこにも「国産そば粉使用」とか、「国産の材料にこだわりました」とか、そういう表示がないw 朝鮮人じゃないんだから、自画自賛で騒ぐ必要はないが、それにしてもそっけない梱包で、商品の解説じみた事はどこにも書いてないw 伊豆の人は気持ちが控えめですw 特に中伊豆は、道を歩く人がみんな顔見知りというような小さな町なので、解説は要らない。養命そばの味は誰でも知ってますw 茹で時間も記載がないので、5分であげたんだが、特にそれで問題ないものの、実は裏技がありまして、「常温の水に30分浸けてから熱湯で4分間茹でる」といいらしい。今度やってみよう。安いし、伊豆蕎麦のスタンダードなので、皆さんもぜひ一度試してみて下さい。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山