蕎麦前

| コメント(0)


_DSC0801.jpg

変わり映えしない画像をいくら貼ってもしょうがないので、今日は「蕎麦前」の写真でも貼ってみよう。当日もこんな物を出します。続々と試食会参加申し込みが来ているんだが、もう少しまとまったら案内出します。お待ちください。まだ、多少、余裕あります。この調子では当日までには定員に達する見込みなので、ご予約はお早めに。

+++++++++++++++++++++
さて、富士山麓裾野市下和田産の新蕎麦試食会です。まだ定員40名が埋まってないので、引き続き募集中です。

10月26日(土)午後2時

です。職人さんが2時に来て仕事を始めますので、食べられのは午後4時過ぎ。早めの夕食という感じか? 蕎麦職人さんの仕事を眺めながら、蕎麦前の酒とツマミを楽しんで下さい。玉子焼き、蒲鉾、天麩羅などを用意します。今回は有料です。一人1000円です。今回は定員制です。40名限定です。予約のない方は食べられません。メールでお申込み願います。なお、新蕎麦の香りを味わっていただくために、今回はもり蕎麦のみの提供となります。



なお、試食会会場は三島市広小路駅近くの、おいらの「犬小屋」です。犬小屋というのは通称で、おいらの仕事場です。いつも伊豆グルメ試食会やっているので、知ってる人は知ってる。今回は定員制で40名限定です。お申込みはお早めに。
+++++++++++++++++++++




【調理方法】 大きめの鍋にたっぷりのお湯でゆでてください。 ※1束(100g)当たりお湯1L以上 1結束テープをはずし、沸騰したお湯の中に、めんをパラパラと入れて、はしで軽くかき混ぜて下さい。 ※鍋が小さく浅いと、そばがはみ出し焦げることがあります。 2お湯がふきこぼれない程度の火加減で硬さをみながら5~6分ゆでます。 3ゆであがりましたら、手早くざるに移します。冷水でもみ洗いし、よく水をきってお召し上がりください。 <かけそばの場合>冷水で洗い、水をきったあと、さっと熱湯に通し、器に入れ、温かいつゆをかけてお召し上がりください。 ※お好みの薬味や具材を加えてお召し上がりください。
担当者と、蕎麦オフの打ち合わせをしました。5人前ずつ打って茹でます。食器は15人分用意、順繰りに食べます。40人いっぺんには打てないし、食器も間に合わないw スタッフの自家菜園で採れた茄子が、新鮮で旨い。小さなカボチャも甘くて旨い。秋は野菜が美味しいので、野菜の天麩羅を大量に作ります。ちょっと高い蒲鉾買ってみたんだが、さすがにコレも旨い。グチだけで作られた小田原伝統の蒲鉾です。新鮮な山葵と合わせると、シンプルながらも至高のオードブルだ。

さて、乾蕎麦評論シリーズなんだが、いくら写真を撮ってもみんな同じなので写真は省略なんだが、コンビニでトップバリュー・ブランドの安い駄蕎麦を買って来た。成分表では小麦粉が先に来ているので、ほぼ「うどん」ですw つうか、こういうのは蕎麦を挽きぐるみで、風味豊かな甘皮から胚芽まで使っているので、小麦粉が多くても蕎麦の風味は残っている。蕎麦風味のうどんです。蕎麦の良い所だけ使う「更科系」は、実はあまり蕎麦っぽい風味は残ってない。「うどん風味の蕎麦」です。まぁ、駄蕎麦なりに順位をつけるとすれば、個人的な好みでは、

十割そば>永谷園のそば>二八そば>トップバリュー

という事になるんだが、まぁ、値段に何倍かの差があっても、食味にそんなに大きな差はない。つうか、どういうわけか、こういう乾蕎麦、上等な物ほど2人前ですね。安いヤツは3人前。もっと安いヤツは4人前でパッケージされている。どれも、パッケージあたりの値段はあまり変わらないw トップバリューのヤツは、4人前で通販価格178円です。一人分が45円。いかに安く、「それなり」のモノを提供するかというのがマスセールスの極みなので、まぁ、頑張ってますw スーパーでモノを売るというのも、なかなか大変なようだが、おいら個人的には、そこまで安くなくてもいいですw

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山