偽ガパオご飯

| コメント(0)


_DSC0782.jpg

ガパオライスとかガパオご飯とかいうヤツです。今、ファミリーマートに行くとエスニックフェアで売ってるはずだが、あいにく近所にファミマがないので自分で作った。とはいえ、本来はタイでは「ホーリーバジル」というのを使うんだが、ベランダに生えている「スイートバジル」だし、肉も本来は叩いてミンチにするんだが、普通のひき肉です。簡易版です。このガパオライスは日本でもかなり普及していて、食べた人も多いと思う。日本式の特徴は、玉子焼きです。タイでは玉子焼きは必需ではなく、おかず屋の通常メニューとして並んでいる物を言えば乗せてくれるんだが、黄身が完全に固まっている。日本では、わざわざ黄身の固まってない玉子焼きを作って添えます。この流れ出した黄身を、ガパオに絡めて食べるのが美味しい。その点が、日本に入って進化したタイ料理だw



以前は缶詰はせいぜいサイドメニューって感じだったけど、今は全然違う。堂々、メインディッシュになりますね。ご飯にかけて、目玉焼きなんか乗っけちゃうと、本格的なガパオライスの出来上がり。家族みんな、缶詰とは気がつかなかった。
さて、ひき肉をニンニク風味で炒めます。通常ガパオは鶏肉だが、ここは好みで豚肉です。ガパオというのはバジルの名前なので、何の肉を使ってもガパオライスに変わりはない。合わせ調味料は、一人前で、オイスターソース、醤油、砂糖が各、小さじ1ずつ。ナンプラーが1.5。肉にしっかり味を染み込ませたら、みじん切りにしたピーマン、赤ピーマン入れて支那鍋煽って、バジルを混ぜて完成です。スイートバジルは火で黒くなってしまうので、完成直前に入れて変色を防ごう。手順としては、ご飯にガパオ作って乗せて、空いた支那鍋でそのまま玉子焼き。白身が固まって、黄身がナマのままというタイミングで良い。

ところでコレは中華料理ではないので、いつもの水溶き片栗粉を使ってません。なので、パラパラで食べにくい。箸では食べにくい。じゃあ、タイ人はどうやって食っているのか? タイのおかず屋では、通常、スプーンとフォークで食べます。ワンプレート・ランチというスタイルです。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山