みのもんたと九九式艦上爆撃機

| コメント(0)
ウチの近所に鰻の老舗があるんだが、ここの当代が自動車泥棒の片棒担いだというので、警察に捕まった事がある。物凄く流行っている店なので、なんで犯罪に手を染めるのか? と、みんな不思議がったんだが、婆さんが怒って、こんな息子に店は継がせられないというので、そのまた娘の、まだ若い小娘が跡を取るらしいw 婆さんが息子に小遣いちゃんとやらなかったので、ヤクザと付き合うようになったんじゃないか、とか、街の噂もいろいろあるんだが、地元の人はこの鰻屋には行きません。「泥棒の焼いた鰻なんか食えるか」と言ってる。夜中にこの店の前を通ると、なんだか怪しい車が停まっていたりするんだが、どうもねぇ。ところで、みのもんたです。



■世界の傑作機No.130 九九式艦上爆撃機
真珠湾攻撃、インド洋作戦と太平洋戦争序盤における日本海軍の快進撃の一翼を担った九九艦爆。
搭乗員の高い練度と相俟って驚異的な爆撃命中率を誇り華々しい戦果を挙げました。
本号はその九九艦爆の特集として、長らく絶版となっていたNo.33を全面改訂。
急降下爆撃機の設計技術論などの解説に加え、
搭乗員による九九艦爆の当時の思い出など、興味深い記事を満載。
さらに『取扱説明書』から起こした細部図も多数収録しています。
「みのもんた」の息子がサラリーマンを昏睡させてカードの占有を得たなら、準強盗、昏睡強盗であろう。

ここで、ある情報筋によれば、「みのもんた」の息子は複数数枚の他人名義のカードを指示していたという。

「みのもんた」の息子はATMのカメラにその姿を撮られている。ある情報筋によれば、「みのもんた」の息子は「引き子」ではないかとも言う。複数の他人名義カードを所持していたとすると尋常ではない。
窃盗ではなく、昏睡強盗ではないか? という話が出ている。複数の他人名義のカードを持っていた、というんだが、「複数」というのはどこにかかかる言葉なのか。複数のカードが、同一の人物の物だったらまだしも、「複数の他人」名義のカードという事になると、さぁ、大変w どう考えても「引き子」ですw みのもんたの息子で、しかもTV局の社員ともあろう人物が、なんで「引き子」などという、犯罪組織でも下っ端のシゴトをやるのか? まぁ、盗難車のナンバー付け替えて売っぱらう老舗鰻屋の跡取り息子もいたりするわけで、社会的地位と裏社会での地位は違うのか? ちなみに昏睡強盗というのは、たとえばボッタクリバーとかで強い酒を飲ませ、あるいは美人が誘ってホテルで怪しいクスリとか飲ませ、財布を抜いて、路上に捨てるという犯罪で、窃盗と違って「強盗」なので罪が重い。なので、鴨を潰したヤツが、自分でノコノコ銀行に行ったりしない。捕まった時に言い逃れ出来ない。足がつかないように、出し子を使う。出し子は、捕まっても「拾った」と言い逃れる。まぁ、猿知恵だ。

強い酒じゃなくて睡眠導入剤も入れてるだろ?
だから警戒せずに飲み干すんだろ
酒が強くもない奴に強烈な酒飲ませたら吹き出すか吐き出すから
だから飲み干せる程度の酒に睡眠導入剤入れてるんだろ、それやられると絶対に気付かないし
普通に酒飲んで寝かされて金盗まれてると
自分が眠ってしまってそのせいで金取られたと思ってどこにも訴えないから
こういうのは組織犯罪なので、所轄の署ではなく、本庁が出てくる。今回も、所轄署ではありません。本庁3課です。組織犯罪担当だ。

御法川雄斗の逮捕、とんでもない事態に発展する可能性が浮上!!単独犯でなく、在日半グレ関東連合による大規模窃盗組織犯罪の線で捜査か!? 2ch「傷害や暴行の常習だったことで実名出して手錠姿を晒したんだろ」「コンビニを2件、順番に回って【自分名義ではない】キャッシュカード3枚を次々に試してんだから」「本庁3課って組織犯罪追うんだよ。所轄じゃない時点で起訴確定」
つうか、警視庁は2年も前から親父のみのもんたを注目していたという話が出てる。なんで、警視庁はみのもんたに関心を持っていたのか? で、出てくるのが、ずいぶん昔になるんだが、みのもんたが文化放送を辞めた時の経緯だ。みのもんたは、文化放送で深夜放送のキャスターとして人気者だった。「みのみのもんた、みのもんた」というジングル覚えているか? おいらはニッポン放送派だったので、あまり聞いてないんだが、大人気だったのは知ってる。それが何故、突然辞めたのか? その当時から豪放磊落な生活をし、「会社の電話で平然と個人活動営業していた」という証言もある。閑職にまわされて退職したあとは、自分ちの会社ニッコクの手伝いをしていたと本人は言ってるんだが、おいらが以前聞いた話では、「路上販売やってた」とも。よく、秋葉原あたりで包丁売ってたりするよね。器用にキャベツ刻んだり、大根切ったり。口が達者な男なので、そういうのも出来そうですw アレは「啖呵売」といって、テキ屋世界ではエリートだw ロクマと呼ぶんだが、占いなども啖呵売扱いになる。口先だけで稼ぐ連中です。一番下っ端が、綿飴売りです。綿飴売りは技術も口先も要らない。

さて、MS氏は他にも水道メーター会社買収などについても書いているんだが、みのもんたは愛知時計電機の個人筆頭株主です。TV出演のギャラで買い占めたそうで。この会社は、戦前は軍需会社だった。艦上爆撃機が得意で、「艦爆の愛知」と呼ばれたらしい。今では時計は作ってないんだが、幅広くメーター絡みの事業をやっている。今でも軍需やってるのかね? 軍需というのは、意外な会社が意外な物を作っていたりするので、よくわかりません。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山