日本は東アジアに残された最後の植民地

| コメント(0)
戦争とは何か? という話なんだが、おいら、ネット放送でもちょっとその話題には触れたんだが、それは、「存在証明のために、あえて、勝てなくても戦う必要がある」という話で、東南アジアの山奥にこもってゲリラやってる少数民族とかが典型的にそうなんだが、日本の場合は負けちゃったので失格ですw 存在証明のために戦う場合、勝てないまでも負けちゃイケナイわけで、狭い日本列島では、その条件がなかった。結局、第二次世界大戦について言えば、「アメリカ軍と日本軍の殺し合い」という側面だけがクローズアップされるんだが、もっと視野を広く見てみると、別の見方が出てくる。それは、「アジアの解放」という大義名分だ。実際、インドネシアはオランダの植民地だったし、ビルマ、マレーはイギリス、ベトナム、ラオスはフランスの植民地だった。中国に至っては、欧米各国が入り乱れて覇権を争っていて、アメリカは国民党を支援していたわけです。国共内戦で、共産党が勝利して、以後、中国は一種の鎖国状態になるわけだが、もし、国民党が勝っていたらどうなったか? 中国が先進国の「労働」を片っ端から奪って、世界中が混乱するという現在の事態が、もっと早くに訪れていただろう。そうなったら、日本経済の、あの驚異の高度成長もなかった。もっとも、国民党が負けたのにも、ちゃんと理由がある。それは、共産党軍が山奥に引きこもって、日本軍と戦わなかったからですねw 日本軍がほどよく叩いてくれていたから、勢力を温存していた共産党軍が国共内戦で勝てた。そして、インドネシアも、ベトナムも、マレーシアも、全ての東南アジア諸国が独立を果たすわけだが、ヨーロッパの連中を追い払ったのは日本軍です。アジアから欧米諸国を追い出し、日本列島が盾となって国際金融資本の用心棒、アメリカ軍と戦った。これが大東亜戦争の本質だ。結果として独立を勝ち取ったアジア諸国は、それがよく判っているので、「侵略が」とか「慰安婦が」とか言わない。ところでおいらのサイトには「ハリマオ」の絵が貼ってあるんだが、この快傑ハリマオには実在のモデルがいて、日本人だがマレー人の仲間になって、ゲリラ活動で日本軍を支援した人物だ。第二次大戦では、日本軍はタイのパタヤ海岸から上陸し、自転車こいでマレー半島を南下、シンガポールを目指すんだが、その際、それに先立ってジャングルを踏破し、各地に点在するイスラムの首長らを説得して歩いたのがハリマオです。ハリマオから日本軍の意図を伝えられたマレー人たちは、自分たちをいじめて来たイギリス人や、その手羽先の中国人をやっつけるために日本が立ち上がってくれたと大喜びで協力を約束してくれた。そして、いよいよ国際金融資本の根城、シンガポール陥落に至るわけだが、ここにいた中国人たちは国際金融資本の手羽先連中なので、今でも反日感情は強い。日本兵が赤ん坊を放り投げて銃剣で刺した、とか言ってるのはこの連中です。イギリス植民地時代から国際金融資本の下請けやってた連中なので、戦争前から日本人とは仲が悪かった。ハリマオの活躍でイスラム首長たちを味方につけた日本軍は、かくしてシンガポールを陥落させるのだが、その時にはハリマオはジャングルを歩きまわっていたためにマラリアに罹り、イギリス降伏に湧くシンガポールの街でひっそりと息を引き取る。

で、改めて「大東亜戦争」というのは何だったのか? と考えると、東南アジアから極東にかけての一帯を支配しようという国際金融資本を追い出すための戦いだったと言える。しかも、その戦いは以後も続き、朝鮮戦争も、ベトナム戦争も、いわば続・大東亜戦争という意味を持っている。アジアを支配しようという国際金融資本の手羽先を追い出すための戦いだったのだ。また、国共内戦もそうであり、アメリカの手羽先の国民党を追い出し、中国を鎖国する事で、毛沢東は中国を守った。ところが、日本だけはアメリカの支配下に長く置かれ、国内に基地を持ち、田中角栄や民主党のようにアメリカに造反を謀ると容赦なく叩き潰され、CIAの作った御用政党である自民党だけがのさばるという体制が長く続いている。日本は、東アジアに残された最後の植民地です。



「アメリカのアメリカによるアメリカのためのTPP」がたんなる経済協定ではなく、新たな地政学戦略、軍事協定であることに気づいているか?
1%の富裕層が99%の一般市民を支配する体制が着々と進行中!
狙われ続ける日本がどう対処すべきなのか、飛鳥昭雄流の救国ガイド。

● TPPと日本の軍事力強化はワンセット。自衛隊を縛る法律は、アメリカに都合がよく変革させられる!
● 今、アメリカにとって重要な国は日本ではなく中国。そして中国が恐れるのは日本ではなく、日米安保の背後にいるアメリカ。
● TPPで破壊されるのは、硬直化してまった日本の旧態依然の国家体制であり、個人レベルでは恩恵となる可能性もある。
● アメリカ議会でさえTPPに口出しできず、交渉内容は全てブラックBOX。
● アメリカ企業が外国を相手に訴訟できるTPP。国内法は無効に......。
● 世界は既に「食糧戦争」に突入している。『日月神示』が預言するように、日本人の数千万人が餓死するのは大袈裟ではない。
● 2014年、イスラエルは嘆きの壁の上に「第三神殿」を建設する予定
● TPPと聖書の預言との不気味なリンク......TPP⇒アメリカの世界制覇⇒第三次世界大戦⇒世界統一政府の樹立
国際情勢の分析と予測サイトさんちで、「日本は何故勝ち目のない大東亜戦争に参戦したのか?」という敗戦記念日の記事をやってるんだが、当時、国際金融資本はアジア大陸に強い影響力を持つために、アジア大陸の東岸に軍事基地を作りたがっていた。中国、ソ連という巨大市場を手に入れるためだ。そこで邪魔だったのが日本で、なんせ朝鮮半島と中国大陸の前に立ちはだかって、世界でも有数の軍事力で、外国勢力が来るのを防いでいた。なんせ、日清・日露の時代からの、延々と続いた戦いだ。南下を目論んでいた帝政ロシアは崩壊し、後を継いだソヴィエト連邦は、コミンテルンによる世界的な共産革命を目指していたので、帝国主義的な、直接の南下政策、領土侵攻はなくなり、朝鮮も日本に併合されるのだが、そうなると面白くないのが白人どもで、急速に力をつけてきていたアメリカをそそのかして、日本を潰そうとたくらむ。まぁ、アレだ、ABCDE気持ち・・じゃなかった、ABCD包囲網というヤツです。アメリカ(America)、イギリス(Britain)、オランダ(Dutch)と、対戦国であった中華民国(China)の頭文字を並べたものです。コレで日本が潰れれば、あとは容赦なく、アジアから収奪を続けられる。けれど、アメリカが参戦しなかったら、アジアに展開する欧州の軍隊だけでは、日本に対抗できない。第一次大戦後、アメリカは急速に国力を増強し、日本を潰せる唯一の存在になっていた。

ただ、勝算が全くなかったわけではない。国際金融資本は海軍力は強いが陸軍力は弱く、補給を海運に依存するために内陸への侵攻には限界があった。従って、日本が大東亜戦争に勝利するためには、日本本土を放棄し、国際金融資本の軍事力の攻勢終末点である東アジアの海岸からやや内陸に入った地帯で戦う必要があった。その戦いは日本本土が国際金融資本に降伏した後に、残置諜者国家である北朝鮮や、その支援を受けた北ベトナムなどによって遂行された。高麗を容易に征服した元が日本を征服できなかった様に、日本を容易に征服した国際金融資本支配下の米軍は北朝鮮やベトナムを征服することが出来なかった。朝鮮戦争とベトナム戦争は大東亜戦争の継続である。
中国では、アメリカが巨額のカネを注ぎ込んで支援していた国民党が敗れ、大東亜戦争中は山に隠れて力を温存していた毛沢東が権力を握っていた。アメリカのスパイである李承晩に対抗するために立ち上がった馬賊アガリの戦争屋、金日成の戦いを、毛沢東は支援し、アメリカの力が大陸本土に及ばないように激しい戦いを繰り広げる。あの時、マッカーサーは「中国本土に原爆を30発落とせ」と主張したんだが、結局、出来ませんでしたね。

日本本土の降伏後の戦いに備えるために、日本は東アジアに広く残置諜者と対日協力者を育成する必要があった。ソ連の共産主義に対抗するとともに、日本本土の降伏後に東アジアに形成される多数の共産主義国家の内部に残置諜者と対日協力者を配置することが、日本が満州事変・対中戦争・仏印進駐・米英蘭への宣戦布告と戦争を拡大した最大の理由であると思われる。ミャンマーやインドネシアで日本軍が現地の若者を訓練して軍事組織を作り、日本本土の降伏後に現地人が欧米人と戦い続ける様に仕向けたのはその一例である。また、ベトナム戦争で北ベトナムが塹壕を多数作ってゲリラ戦を戦ったのは、日本が沖縄や硫黄島で取った戦法が北朝鮮を通じて伝わった為であろう。
インドネシアでは、日本降伏後、オランダが戻って来てふたたび植民地として支配しようとしたんだが、残留日本兵たちが、日本という国家の支援もなく、一人の日本人として、現地人たちの戦いに加わった。ベトナムでも、再植民地化を図るフランスと現地人が戦い、アジアのあちこちで欧米の侵略を防ぐための戦いが続いたんだが、結局、どの国もアジアから尻尾を巻いて逃げ出さざるを得なかった。日本が、原住民たちの間に蔓延っていた植民地根性を叩き直した成果ですw さて、「アジア解放のための戦い」の勝者は誰だったのか?

ところで、現在の密接な日中経済を作り上げたのは、言うまでもなく江沢民なんだが、

日本が対中戦争で上海や南京・武漢などを占領したが、江沢民の父は当時の日本軍の協力者であった。恐らく共産中国内部にも多くの残置諜者と協力者がいたことだろう。1964年に中国は初めて核実験を行い原爆を保有したが、この核開発には日本人技術者が多数参加していたという。
江沢民は、酔っ払うと炭坑節を唄うという伝説があるんだが、父親が日本軍の工作機関に雇われていたスパイだ。似たような話で、マカオの支配者であるスタンレー・ホーの話もある。スタンレー・ホーというのは、2002年までマカオのカジノ利権を独占していた人物です。

1941年12月に行われた第二次世界大戦中の日本軍による香港の占領に伴う、一族の財産の喪失をきっかけとして単身で中立国であるポルトガルの植民地であるマカオへと移り、日本人経営の貿易会社で事務の仕事を始めた。母語、英語、日本語、ポルトガル語という4つの言語の能力を生かして働き、瞬く間に経営者の信頼を得るとともに、会社の重要な位置に就いた。21歳のときであった。

ある時、自身の担当する船が武装した集団による攻撃を受けた。武装集団は船を占拠。船はその時30万ドルを積んでいた。今の価値に換算すると数百万ドル相当の金である。悶着する中で、武装集団が金の方を見た瞬間、その者に向かって突進し、銃を取り上げ、集団から船の主導権を取り戻したのであった。この一件は経営者からの絶大な信頼を得るきっかけとなり、その後の海上貿易での大成功につながるものとなった。やがてその傑出した実績により100万ドルのボーナスを得る。
これも妙な話で、いくら有能な社員でも、100万ドルのボーナスというのはどんなもんかw 中立国、ポルトガルの植民地マカオにあった、日本の貿易会社というのは、はたして額面通りに受け取っていいものかw おいらは、スタンレー・ホーも日本の工作機関系の工作員だったと睨んでいるんだが、その証拠というか、スタンレー・ホーの銀行であるバンコ・デルタ・アジア銀行は、北朝鮮の裏資金を扱っていて、マサオ君が足繁く通っていたので有名だw まぁ、どこの国でも、アジアではこうしたフィクサーとか裏の金庫番とか、日本軍の工作機関の影がチラチラするw まぁ、明治以来、いち早く先進国となった日本は延々と、大陸浪人とか工作員とか、アジア各国にバラ撒いて来たので、そうした連中が国境も国家をも越えた汎アジアの繋がりで動いているのは間違いない。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山