お宝映像

| コメント(0)
お宝映像。



 現在、女性下着メーカーとして世界をリードする『ワコール』。その創業者・塚本幸一氏が、事業を始めるまでは、一人の復員兵にすぎなかった。
 彼の戦後は、戦友とともにブローチの行商から始まる。やがて、彼のもとへ母校・八幡商業の同級生が集まって会社が成長して世界的な企業に成長するサクセス・ストーリーには感動的なものを覚える。
 戦後・日本の女性の服装が、いち早く和装から洋装へ転換することを見抜き、和服製造業の中心都市である京都で会社を発展させたことや戦後において重工業を中心として高度成長を遂げた多くの日本の企業の中で、さらに多くの繊維メーカーが化学工業等の多角化を進めた中で、「女性下着」にこだわり続け、世界のワコールまで成長させた起業家精神には驚かされる。
 時折、ワコールの創業者・塚本幸一氏に対する、「ブラジャーでビルを建てた男」というアイロニーがある。しかし、この書を読めばワコールとその創業者たちは、その一言のみで語ることのできない企業・人物たちであることが理解できます。
タイでは、ワコールは現地生産だと思う。タイ人向けにデザインされているので、安いからといって日本人観光客が買い込んでも、微妙に合わないと思う。タイ人は体型そのものが日本人と違うのだ。それにしても、タイの映像屋さんもなかなか腕がいいね。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山