世の冤罪はすべて誰かの身代わり

| コメント(0)
Twitterで拾った。



いわれ無き罪を負わされ「犯罪者」として罰を受ける。我々がこうした冤罪の犠牲者になる可能性は驚くほど高い。なぜなら冤罪を生む原因は警察の捜査、検察の起訴、裁判官の判決に誤りがあっても個人の責任は一切追求されない制度、組織ぐるみの隠蔽・妨害工作が公然と行われる体質にあるからだ。

女史は冷静な筆致でこうした問題点を個別のケースから浮き彫りにしてゆく。取材の過程で感情的になることもあったはずだが、あくまでもその文章は事実のみを伝えようと努める。だからこそ、その事実が突き刺さるのだ。
麻生の地元、飯塚事件の「慌てたような死刑執行」がまだ燻っている。三宅久之が死ぬ前にTVタックルで妙な昔話を突然していたが、麻生の地元では麻生家の仕出かす事は住民のタブー。世の冤罪はすべて誰かの身代わり、権力ぐるみ。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山