邪馬台国のバジルソース

| コメント(7)
三国時代の魏国の支配地域であった帯方郡の武官で「張政」というのがいるんだが、この人は正始8年(247年)に邪馬台国が狗奴国と紛争になった際、魏から塞曹掾史として派遣され、その後、20年近くを邪馬台国で過ごして泰始2年(266年)に帰国したという話があって、ところで「塞曹掾史とは武官なのですが、一軍の将という役職ではなく、軍事顧問というか、調査員のようなものです」という事で、当時、近隣との紛争を抱えていた邪馬台国が、軍事的に優位に立つために魏に頼った、という経緯があるのか、20年後に帰国したというのは、紛争が片付いたからなのか、まぁ、その当時、軍事的には後進国であった「日本列島」において、戦争の先進国であった中国大陸から軍事顧問団を招き入れるという、コレは諸刃の剣であって、魏の属国、植民地化されるという危険性も孕むわけだ。幸いにして、日本はあまりにも中国から遠くて、大陸からの支配が行き届かない距離だった。なので、中国で政権が交代すると、知らんぷりしてゼロから出直す事ができたので、今まで独立を保っていられた。そういう経緯を考えると、「邪馬台国の謎」というのは解明されない方がいいのかも知れないw

大和朝廷奈良説の決定的証拠が出たんだけど、九州インチキ説を強弁してた人も実は薄々わかってたんだよね?

スフィンクス(大阪府). 2013/05/31(金) 10:30:57.13 ID:73ZqgWml0

Listening:奈良・纒向遺跡:出土の花粉はバジル 卑弥呼の時代か

 大和王権発祥の地とされる纒向(まきむく)遺跡(奈良県桜井市)で、1991年に出土した花粉が3世紀中ごろのバジルだとする論文を、金原(かねはら)正明・奈良教育大教授(環境考古学)が30日発表した。熱帯アジア原産のバジルは、江戸時代に薬用として中国から持ち込まれたとされていた。国内最古例の発見で、女王・卑弥呼(248年ごろ没)の時代の国際交流を物語る貴重な発見と言える。
 桜井市纒向学研究センター研究紀要に掲載された。花粉は、同遺跡の中心部にある3世紀中ごろの溝(幅約1.5メートル、深さ約1メートル)の土壌から、ごく微量検出され、何の植物か分からないままだった。金原教授によると、顕微鏡で別の発掘調査で集めたシソ科メボウキ属のバジルの花粉と比較した結果、形態がほぼ同じだったという。更に細胞の傷み具合から、後世に混入したものではないことが分かった。
茶トラ(奈良県) 2013/05/31(金) 10:44:31.81 ID:I6qw0F3a0
絡んできてくれる人がいるから議論が起きて話題になって注目されるのだから九州さんには感謝してる
黒(栃木県). 2013/05/31(金) 10:47:19.81 ID:R+5sDUg80
なぜ邪馬台国が1ヶ所でなくてはいけないのか
ウンピョウ(WiMAX). 2013/05/31(金) 10:50:38.01 ID:ZoQL2wyn0
九州なんて映画まで作っていたのになw
竹中直人と吉永小百合の奴w
ラ・パーマ(catv?) 2013/05/31(金) 10:50:44.87 ID:vY9tZcw00
3000年前ぐらいから台湾あたりから太平洋の島々にカヌーで渡り始めた
人類の一部が日本にたどりついたのが倭人のルーツだという証拠だな。
10  イリオモテヤマネコ(チベット自治区) 2013/05/31(金) 10:50:48.28 ID:/+/ugbyzP
九州→奈良って移動したんじゃないの?
14  ラ・パーマ(catv?) 2013/05/31(金) 10:54:07.67 ID:vY9tZcw00
>>10
天孫降臨が太平洋側の宮崎県で、神武東征もいきなり「舟軍」で出発して
やはり太平洋側の和歌山県、三重県あたりに上陸して奈良に入ったことになってる。
南洋からカヌーで渡ってきた倭人だからこそできる大移動。
古代人は迷信深いから地震と火山が多い九州に長居することはなかったのだろう。
卑弥呼という呪術師が統治していたことからもそれは明らか。
22  ヨーロッパヤマネコ(関西・北陸) 2013/05/31(金) 11:11:52.90 ID:rTJjLUJhO
>>10
移動したのは確実だけど
それの時期がはっきりしてないので
九州の時点で既に盟主国だったのか
近畿ではじめて統一政権になったのかとかいろいろ解らないことが多い
邪馬台国と大和政権が直接繋がってんのかすらも実ははっきりしてないし
まあ常識的に考えて全く関係ないことはないとは思うけど
61  アメリカンボブテイル(東日本) 2013/05/31(金) 14:26:13.65 ID:D6r203X6O
>>22
嘘を書くなよ
鉄器の分布が「畿内→九州」で逆は無かったことが明らかになってるし、
古墳の発祥が畿内であって畿内から各地に広がったことも明らかになってるし、
村落に関しても大規模村落が畿内にしか存在せず、九州の村落は遥かに小規模だったことも明らかになってる
明らかに大和王権は最初から畿内で発祥してるし、九州とは無関係

更に言うなら、森博達の推定による「邪馬台」の音韻は7母音では畿内の「大和」と同じであって、九州の「山門」とは別の音
これらの事実を鑑みれば邪馬台国があったのは最初から畿内でしかあり得ないし、
九州説が成り立たないのはもちろん、九州から畿内に東遷した可能性すら無い
11  ハイイロネコ(奈良県) 2013/05/31(金) 10:52:12.38 ID:M/bQhtdP0
吉野ヶ里の高島忠平先生は、奈良に来て、営業でヒールをやってくれてる

「昔は九州でタクシーに乗って邪馬台国までっていうと吉野ヶ里に連れてってくれるけど
奈良でタクシーに乗って邪馬台国までって言うと、どこですか?って聞かれるので
邪馬台国は九州ですっていうネタが鉄板だったんだけど、今は奈良でそういうと箸墓に連れてってくれるから、それが使えなくなった」と言って笑いをとるw
12  ぬこ(東日本) 2013/05/31(金) 10:52:13.97 ID:v0h1aIjr0
倭国の王 帥升
13  スナドリネコ(岡山県) 2013/05/31(金) 10:52:43.88 ID:HyWJnLQv0
大和朝廷九州説って全く意味不明なんだが
15  マーゲイ(神奈川県) 2013/05/31(金) 10:55:29.28 ID:+OULxPLL0
邪馬台国は宇佐神宮周辺
高木彬光の「邪馬台国の謎」に書いてあった
神津恭介を論破できるヤツなどいるはずもない
16  マンチカン(catv?). 2013/05/31(金) 10:55:39.03 ID:nUJfW9It0
邪馬台国→大和朝廷なの?
関連はないの
17  ラ・パーマ(埼玉県) 2013/05/31(金) 11:02:50.18 ID:O0YHCZp/0
その頃東日本の僕の祖先はウホウホやってたの?
19  白黒(WiMAX) 2013/05/31(金) 11:05:29.87 ID:QUjHs2Wv0
その頃の日本に国がどんくらいあったかも不明だし
そもそも歴史が古い方が邪馬台国とか一番大きかったのが邪馬台国って言う根拠も無い
おまけに中国あたりと交流出来るくらいなんだから国内でも相互に交流してたとも考えられる
奈良でも九州でもないに500ペリカ
21  スナドリネコ(岡山県) 2013/05/31(金) 11:10:47.77 ID:HyWJnLQv0
>>19
だよな、邪馬台国にこだわるのはアホらしい
史料上の邪馬台国は棚上げして、ただ考古資料だけを評価した方がいいし、新たにイメージするほうが楽しい
20  パンパスネコ(滋賀県). 2013/05/31(金) 11:06:11.79 ID:uQE9k3LO0
九州説唱えてる先生と大和説を唱えてる先生(故人)が
実は学生時代からの友人でケンカしてたのはポーズだけという記事が載ってたよな
23  イリオモテヤマネコ(鹿児島県). 2013/05/31(金) 11:15:29.25 ID:dL38sOpq0
「大和」朝廷なら、そら奈良だろ
24  ジョフロイネコ(茸). 2013/05/31(金) 11:15:44.61 ID:pfrJkkcs0
大和朝廷が九州にあったなんて言ってる奴見たこと無いんだが
25  ノルウェージャンフォレストキャット (東京都) 2013/05/31(金) 11:17:09.96 ID:YEdHTbl80
ファンタジーじゃなく自分たちの歴史を
喧々諤々議論できるっていいよなあ
30  アメリカンショートヘア(内モンゴル自治区) 2013/05/31(金) 11:34:34.62 ID:5VrFUUgbO
古代の日本の都は大和だろ。半島征伐の為に天皇陛下が筑紫にお移りになってたのをシナの使者が勘違いしただけだよ。
32  オシキャット(関西・北陸) 2013/05/31(金) 11:37:56.52 ID:g4tFQh/yO
南韓半島にあったニダ!
33  ヨーロッパオオヤマネコ(奈良県) 2013/05/31(金) 11:54:54.32 ID:12r36aCE0
そんな昔にバジルあったのか
なんかイタリアンな葉っぱのことだよね?
35  猫又(九州地方) 2013/05/31(金) 11:58:48.42 ID:CHCiQNfr0
いつの話をしているんだ
2013年って言うのに
37  メインクーン(芋). 2013/05/31(金) 12:01:13.21 ID:lVjGvngK0
属国の証を受け取った国が九州にあったんですよ。
歴史から抹消されましたけどね。
38  コドコド(熊本県). 2013/05/31(金) 12:01:21.88 ID:5Fc6gRnA0
大和朝廷だったら昔から奈良だが。
39  コーニッシュレック(関西・東海) 2013/05/31(金) 12:03:00.42 ID:eED6ynYAO
奈良は史跡が多過ぎて「ああ一つ欲しいの?やってもいいけどま一応共有て事にしといてね」くらいの立場だから
42  斑(東京都) 2013/05/31(金) 12:06:52.52 ID:ej+1Fgyc0
そんなの大川隆法先生に聞いたら一発だろ
43  イエネコ(岐阜県). 2013/05/31(金) 12:07:27.77 ID:xywjbkUw0
バジル二世
47  リビアヤマネコ(神奈川県). 2013/05/31(金) 13:01:01.36 ID:czlj4qEs0
邪馬台国ってのは、・・・滅んだのはいつなの?
49  マレーヤマネコ(dion軍) 2013/05/31(金) 13:20:28.42 ID:NUcwRl5E0
>>47
滅ばずに首長国制からゆるゆると大和朝廷に繋がったという見解が今の主流
56  リビアヤマネコ(神奈川県). 2013/05/31(金) 14:13:09.61 ID:czlj4qEs0
>>49
なるほど
48  ぬこ(東日本) 2013/05/31(金) 13:11:11.95 ID:v0h1aIjr0
タイムマシンがほしい
51  マレーヤマネコ(東京都) 2013/05/31(金) 13:56:48.11 ID:BOgsGyfV0
金印はそもそも見つかった所も不自然だったし
53  ぬこ(東日本) 2013/05/31(金) 13:57:51.33 ID:v0h1aIjr0
>>51
どう不自然?
57  猫又(関東・甲信越) 2013/05/31(金) 14:14:04.53 ID:AKe8JvSy0
ただ
天照(岩戸前)=所謂卑弥呼
天照(岩戸後)=豊
神武=東征→大和
とすると
卑弥呼時代の邪馬台国は九州じゃないとおかしいんだよなー
58  マヌルネコ(青森県). 2013/05/31(金) 14:17:52.80 ID:sza3fYfG0
>>1も>>57もこじつけ様と思えばいくらでもこじつけられる、タラレバでしかないし
信憑性なんて鼻くそほどもない
60  マレーヤマネコ(dion軍) 2013/05/31(金) 14:22:44.67 ID:NUcwRl5E0
卑弥呼がもらったという金印は親魏倭王で未発見だからな
漢委奴国王とごっちゃにしてるのが多い気がする

>>58
そもそも天照は飛鳥時代くらいに成立したんじゃないかっつう
比較的新しい神だしな
天照の元になった太陽信仰はあったんじゃないかという話だけど
62  マヌルネコ(青森県). 2013/05/31(金) 14:30:25.05 ID:sza3fYfG0
>>60
神道の元になった原始的な信仰は当然あったと考えるべきだろう
一神教なら教祖が一から作りあげても不思議はないけど、多神教を一から全て作りあげるなんてムリすぎる
63  アメリカンボブテイル(東日本) 2013/05/31(金) 14:35:47.55 ID:D6r203X6O
>>62
日本神話が全て記紀の編纂時に創作されたというのはあり得ないだろうが、それなりの改竄や手入れはされてるはず
事実、神話学では日向神話は全て記紀編纂時に新しく創作されて挿入されたものだというのが定説
つまり、神武東遷は後世に作られた嘘エピソード
だから、神武東遷の話を根拠にした邪馬台国東遷説は成り立たない
68  マヌルネコ(青森県). 2013/05/31(金) 14:48:06.61 ID:sza3fYfG0
>>63
日向神話に新しい創作が含まれるからといって、全てがそうだということにはならないと思うんだけど
なんでそれで定説になるんだ?
後から創作されたからといって、なぜそれが創られたかを考えれば、邪馬台国東遷説を否定するほどの根拠にもならない気がする
64  マンチカン(大阪府) 2013/05/31(金) 14:39:58.33 ID:hWhNvjOs0
だいわちょうてい
65  コラット(西日本) 2013/05/31(金) 14:43:29.13 ID:08p0zqT/O
専門家でも見解が分かれてんだからなあ
卑弥呼→シャーマニズムの権威→日之皇子→天皇
67  ギコ(兵庫県). 2013/05/31(金) 14:45:32.95 ID:DgV8XSrM0
纏向で確定だろ
70  アメリカンボブテイル(東日本) 2013/05/31(金) 14:52:00.68 ID:D6r203X6O
>>65
それも嘘
当時の中国における呼という漢字の音はhwoであってカ行ではない
じゃあ何故現代日本では「コ」と読まれているかというと、当時の日本にはハ行の音が存在しなかったから
これは、海という漢字を思い浮かべると分かりやすい
上海は「シャンハイ」と読むけど、日本語では海は「カイ」だろ?
魏志倭人伝は当時の中国人が日本語を聞き取ったものだから、呼という音が「コ」や「ホ」という音を表記している可能性は無い

じゃあ卑弥呼の呼はどんな音だったんだと考えると、コでもホでも無いとするとヲになるんだ
スサノヲとかタヂカラヲとか、神話の神々の名前の最後にはヲが付いてる名前があることも、これを補強してる
71  アフリカゴールデンキャット(会社). 2013/05/31(金) 14:53:58.97 ID:GlgV9lWg0
東日本が今日もハッスルしてるけど具体的に誰がそっちの説を説いてたり支持したりしてるのさ
72  アメリカンボブテイル(東日本) 2013/05/31(金) 14:55:47.84 ID:D6r203X6O
>>71
俺は森博達説の紹介をしているだけだが
森博達といえば上代特殊仮名遣い研究の第一人者だし、この人の成果を否定したら研究が全く成り立たないレベルの偉人
74  カナダオオヤマネコ(和歌山県) 2013/05/31(金) 14:58:45.21 ID:v1rS3v9g0
卑弥呼は不老不死の泉にとじこめられていまもどこかでいきてます
77  猫又(関東・甲信越) 2013/05/31(金) 15:00:45.99 ID:AKe8JvSy0
卑弥呼→天照(岩戸前)
狗奴王→スサノオ
台与→天照(岩戸後)、件、豊玉姫
張政→高皇産霊尊、件、山幸彦
神武→張政と台与の孫か子
もうこれで良いだろ
78  猫又(関東・甲信越) 2013/05/31(金) 15:05:30.49 ID:AKe8JvSy0
九州からの東征、東遷が無かったとすると
じゃあデッカイ銅鐸奉る勢力はどうなったんだっていう
82  ラ・パーマ(catv?) 2013/05/31(金) 15:10:15.65 ID:vY9tZcw00
神道は明らかに同じく多神教のヒンドゥーの影響を受けている。
また古代日本でサメとワニが混同されていたのも興味深い。
長江にはワニが存在するのだ。
これは中国南部や台湾からきた弥生系とワニを知らない縄文系の
意思疎通の刷りあわせから発生したということだろう。
また下戸遺伝子発祥の地といわれるベトナムに次いで下戸が多いのも日本。
86  コーニッシュレック(関東地方). 2013/05/31(金) 15:18:04.44 ID:rxe72xyKO
あのさ...むしろ後世の人間の方がリアリティとか整合性ある話を作れるんであってさ
87  イリオモテヤマネコ(新疆ウイグル自治区) 2013/05/31(金) 15:21:16.49 ID:UOgurd1bP
神武天皇=ハツクニシラススメラミコト
崇神天皇=ハツクニシラススメラミコト
なぜなのか
92  ウンピョウ(東京都) 2013/05/31(金) 15:36:15.24 ID:7F8G2wYv0
>>87
今まで聴いたことない解釈をしてみると、
神武天皇が新たに国を作り、崇神天皇が乱れた国を再生したとも解釈できる
神武天皇が日本以外で新たに国を作り、崇神天皇が日本で新たに国を作ったとも解釈できる
88  ボルネオヤマネコ(関西・東海) 2013/05/31(金) 15:23:06.31 ID:3bcJyt0iO
邪馬台国が九州にあったなら
近畿の平野にもっと大きな国があって当たり前だ。はい論破。
90  マーブルキャット(dion軍). 2013/05/31(金) 15:27:29.88 ID:2WPt2/BJ0
>>88
近畿の平野?
91  アメリカンボブテイル(福岡県) 2013/05/31(金) 15:30:58.61 ID:YPgzxAvB0
そりゃ卑弥呼の時代にだって奈良に土人くらいいただろう。
93  ベンガル(福岡県) 2013/05/31(金) 15:39:20.51 ID:GAZByKE60
邪馬台国は実は国ではなく魏が勘違いしてるだけで卑弥呼とは信仰の対象としての宇佐神宮で言う比売大神(ヒメノオオカミ)=宗像三女神で宗像大社の祭神のことである
事実,沖津宮のある沖の島は交易で栄えていたという歴史もあることから中継地点として沖津宮を経由してヤマトからの交易があったのかもしれない
そんなこんなで送った文書の中に紛らわしい表現があり、国を治める王の名と祭神である三女神の名(ヒメノオオカミ)がごっちゃになり勘違いして捉えられたんじゃないか
という仮説を立てたけど時代が合わんな
95  ラグドール(東京都) 2013/05/31(金) 15:43:19.12 ID:CjZEtyNI0
奈良でも九州でもどっちでもいいけど、
奈良行ったときに色んな遺跡巡ったり山々に囲まれる盆地を見たりしたら「あぁここなら神々が宿ると思われてもおかしくないな」と思うほど荘厳な雰囲気を感じた
九州も吉野ヶ里とか色々行ったけどおれは奈良の方が好きだな
96  ベンガル(福岡県) 2013/05/31(金) 15:44:51.25 ID:GAZByKE60
>>95
吉野ケ里はスーパーのお得意様ご招待観光地だからな。
まあ普通に考えて奈良だろ
97  ギコ(兵庫県). 2013/05/31(金) 15:46:59.69 ID:jRR5m6vd0
宗像教授では鏡が見つかったのは九州だったから
九州でいいんじゃないかな
98  ベンガル(福岡県) 2013/05/31(金) 15:47:41.71 ID:GAZByKE60
>>97
高橋英樹がやったドラマ続かなかったね
99  エキゾチックショートヘア(新疆ウイグル自治区). 2013/05/31(金) 15:55:07.57 ID:hB/83A300
出雲辺りじゃないのか
102  チーター(関東地方) 2013/05/31(金) 17:15:38.82 ID:QyBl25vrO
邪馬台国の南に狗奴国っていう邪馬台国に対立する国があったって書かれてるんだけど、
「ウチが邪馬台国」説唱えてる連中って、みんななぜか「狗奴国はノーサンキュー」なんだよな。
案外、コッチが大和朝廷の祖かも知れないのにさ。
109  ボンベイ(奈良県) 2013/05/31(金) 17:54:48.54 ID:VeC8SEk+0
>>102
ヒミコイヨの邪馬台国と比べるとキャラ立ってないし
てかそもそも狗奴て字面が物凄く悪いんよね
116  チーター(関東地方) 2013/05/31(金) 18:32:01.65 ID:QyBl25vrO
>>109
んでさ、邪馬台国の場所特定の決定的な証拠って、
1「『親魏倭王』の金印を見つける」

2「ハッキリと卑弥呼と認定できる墓を見つける」

3「敵対国『狗奴国』を先に特定する」
の、どれかだと思うんだよね。
104  ユキヒョウ(東京都). 2013/05/31(金) 17:17:41.40 ID:WhtbKWVzP
考古学で決めるものなのにまちおこしと糞味噌にするからな
106  オリエンタル(大阪府). 2013/05/31(金) 17:19:15.15 ID:GG9v7iWF0
バジルソースとかあるよね
114  ジョフロイネコ(SB-iPhone). 2013/05/31(金) 18:25:31.19 ID:fk5qQsrRi
なるほど、バジルは魏との交流の証しになるわけか
じゃあ、やっぱり邪馬台国は奈良の大和朝廷だったんだな
邪馬台国が日本で一番大きな国だったって書いてあって交易跡
魏が他の都市国家と交流してたってそれなりの都市の跡が無いとな
115  エキゾチックショートヘア(関西・東海) 2013/05/31(金) 18:27:18.17 ID:3bcJyt0iO
いやだって邪馬台国の風俗は鯨面&文身でそ?
南方系の方々が古代奈良に御座したなんてありえなくね?つか無理じゃね?
邪馬台国は九州宇佐に任せて楽になりなよ
118  ジョフロイネコ(SB-iPhone). 2013/05/31(金) 18:37:32.84 ID:fk5qQsrRi
>>115
柏手を打つ挨拶は宗教儀式に様式化してるからな
魏と交流して朝廷の官位制度へ移行してく中で大和朝廷の様式も
変化して行くのは過程が見えなくても当然
その中で天皇家が朝廷の長となって行ったと
117  オシキャット(会社). 2013/05/31(金) 18:36:35.34 ID:aHJGu/+s0
東征→東遷がわりかし妥当なんじゃないかなぁと、記述派と物証派の両方を満たすのなら
122  イリオモテヤマネコ(関東・甲信越) 2013/05/31(金) 18:56:40.45 ID:Q1W/qahPP
とりあえず継体天皇くらいまでの陵墓を発掘しようず
124  アジアゴールデンキャット(関東地方) 2013/05/31(金) 19:09:13.84 ID:GhSdV9/YO
元来、天孫族の長であることを証立てするレガリアは天之羽羽矢であったが、いつの頃からか三種の神器がその代わりを果たすようになった。
一族の長の証として弓矢が用いられる部族が世界にもし存在すれば天孫族、つまり天皇家と物部氏の出自が明らかになる。
125  イリオモテヤマネコ(関東・甲信越) 2013/05/31(金) 19:15:43.46 ID:Q1W/qahPP
大和朝廷=呉軍渡来説って本があって真偽の程は別にして面白かった
127  エキゾチックショートヘア(栃木県) 2013/05/31(金) 19:31:37.49 ID:pjcvi5bz0
狗奴国って影が薄いね
129  ベンガルヤマネコ(大阪府) 2013/05/31(金) 19:37:58.98 ID:tsPNhbAe0
魏志倭人伝見ても明らかに日本のことじゃないとわかるやろ(´・ω・`)
全身刺青とかありえんし・・(´・ω・`)
だいたいなんで日本書紀に書いてないん?(´・ω・`)
266年の朝貢のことは書いてるのにね(´・ω・`)
132  イリオモテヤマネコ(関東・甲信越) 2013/05/31(金) 19:45:33.66 ID:Q1W/qahPP
>>129
8世紀に出来た日本書紀(笑)じゃあな・・・
131  サーバル(岡山県). 2013/05/31(金) 19:45:17.99 ID:VItRY4gD0
邪馬台国なんてなかったんや
邪馬台国なんてヤマトの聞き間違いにすぎないんや
133  クロアシネコ(関西・北陸) 2013/05/31(金) 19:51:26.94 ID:I0t1AflMO
>熱帯アジア原産のバジル

なんで魏からだと断定できるんだ?
途中の朝鮮半島でも出土してるならともかく
寒い華北の魏より、南島ルートで入ってきたと考えるのが自然だろうに。
137  ボルネオウンピョウ(福岡県). 2013/05/31(金) 20:13:45.33 ID:2Q87q9rG0
奈良でいいよ
大神神社あたりにあったんだろ
138  アフリカゴールデンキャット(WiMAX) 2013/05/31(金) 20:30:30.74 ID:gPhjZJYt0
奈良や九州とか今分かってる物に無理やり重ねるより
日本の歴史にほとんど登場しないくらい小さな国で、永久に発見できないと考えるのが自然
140  イリオモテヤマネコ(福岡県) 2013/05/31(金) 20:41:23.17 ID:QT2NRWTK0
渡り鳥が種を落としていったかも知れんしな
種は消化しないし鳥の糞に混ざってばらまかれる種は無数にある
長期休耕田が林に戻ってるのも鳥の糞がまき散らした種が育ったもの
144  ジョフロイネコ(SB-iPhone). 2013/05/31(金) 20:52:28.32 ID:fk5qQsrRi
>>140
それが本当なら自生してるはずだから
147  イリオモテヤマネコ(福岡県) 2013/05/31(金) 21:01:03.32 ID:QT2NRWTK0
>>144
自生しまくりだよ
151  ジョフロイネコ(SB-iPhone). 2013/05/31(金) 21:47:16.36 ID:fk5qQsrRi
>>147
本当なら専門家は江戸時代に薬用で持ち込んだとは言わないし
他の場所からも花粉の検出があるかもね
141  ぬこ(東日本) 2013/05/31(金) 20:44:32.29 ID:v0h1aIjr0
徐福

紀元前3世紀頃、秦の始皇帝に「東方の三神山に長生不老(不老不死)の霊薬がある」と具申し、始皇帝の命を受け、3,000人の童男童女(若い男女)と百工(多くの技術者)を従え、五穀の種を持って、東方に船出し、「平原広沢(広い平野と湿地)」を得て、王となり戻らなかった
143  イリオモテヤマネコ(福岡県) 2013/05/31(金) 20:52:26.43 ID:QT2NRWTK0
そんなに伝説に成るほどの有力者なら墓の一つでも残ってるだろうに
結局作り話なんだな
黄金の国ジパングみたいに話が誇張して伝わる
数十万の兵士を従えた一大強国が存在すると大陸に伝われば大陸から攻めてくる方も躊躇する
145  サーバル(佐賀県) 2013/05/31(金) 20:53:25.42 ID:f1mTvr7A0
大和朝廷はそりゃ奈良でしょうよ
146  アメリカンショートヘア(関東・甲信越) 2013/05/31(金) 20:57:23.45 ID:rDtWakniO
鎮守の森信仰の分布ならわかるんやけどなあ(´・ω・`)
北陸は、あれ何人なの?
水運的には出雲大社の血筋とは思うんだけど。
何で、天皇が阿蘇に降臨?
152  スノーシュー(東京都). 2013/05/31(金) 22:12:45.06 ID:lpAKwFpJ0
みんな詳しいなぁ。一般教養レベルはるかに超えているよね
感心したわ。
154  アジアゴールデンキャット(関東地方) 2013/05/31(金) 22:29:04.06 ID:GhSdV9/YO
先代旧事本紀の解読が先だ
155  オリエンタル(愛知県) 2013/05/31(金) 22:30:14.94 ID:96Ln3PFQ0
纏向遺跡が大和朝廷なのは確実
だが卑弥呼=大和朝廷は証明されてないし
今後も証明されることはない
156  ジョフロイネコ(SB-iPhone). 2013/05/31(金) 22:33:08.07 ID:fk5qQsrRi
九州は最新の武器出土が激しいんだっけ?
太宰府なんてのがあったけど、太宰府はその前身が以前からあったようだし
魏志倭人伝では邪馬台国には一大卒なんてのがあったらしいから
昔から貿易と他国の防衛の要が置かれて発展はしてたんだろな
158  スコティッシュフォールド(和歌山県). 2013/05/31(金) 22:40:42.18 ID:IlvTmqfV0
うちの県はいつも通り道
159  オリエンタル(愛知県). 2013/05/31(金) 22:54:10.74 ID:GVl1ZI6m0
>>158
お前んとこは津波に傾注しとけ
161  しぃ(関東・甲信越) 2013/06/01(土) 02:26:43.73 ID:hAlkGLnt0
わかってることは卑弥呼が亡くなった247年以降
丁度、三世紀後半にそれまでバラバラだった西日本の文化が統一されて
古墳時代に突入するということだけだ

個人的には張政が鍵だと思うな
あの時代に魏のエリート文官が軍師、参謀役として
渡来してんだぞ
そりゃ無双だったことでしょうよ
163  ピクシーボブ(大阪府). 2013/06/01(土) 02:45:32.05 ID:H9rbI1Uk0
バジルペーストとか作ってたのかな?
164  スミロドン(チベット自治区). 2013/06/01(土) 04:55:39.38 ID:g7/gqxjyP
紀元前から続いた吉野ヶ里の最全盛期は2世紀
卑弥呼の居た三世紀には既に遺跡になってた
九州は寧ろ、先邪馬台国であった
167 ターキッシュアンゴラ(愛知県). 2013/06/01(土) 07:05:19.30 ID:Ps3B/S8P0
志賀島の金印は江戸時代黒田藩の捏造とか聞いたけど
実際のところどうなのだ?
169 エキゾチックショートヘア(関西・北陸). 2013/06/01(土) 07:54:47.20 ID:DKwdrfriO
当時と今では日本列島の形が根本的に違った
170 ソマリ(東日本) 2013/06/01(土) 08:01:16.02 ID:MHy1QiNf0
そんな事実はありえない



まとめサイトを作るなら「まとめるクン(仮)」 powered by livedoor wiki.

コメント(7)

今上陛下はどう思っているのか
ぜひ お聴きしたいもんです。

張政が軍事顧問していたってのは、邪馬台国を題材に扱った歴史小説や歴史漫画でよく取り入れられる話であって、あんまり現実味はないよ。
そもそも、そんな人間を数人、軍事顧問に雇ったところで、軍事力に対して影響ないだろうし、だいたい、張政ら中国人の官僚は、卑弥呼に直接会ていないし、また、伊都国にあった一大率に留め置かれて、邪馬台国の話は伝聞に過ぎないという話もある。
結局、この時代、日本側の文献がないもんだから、この時代の話は飛躍した誇大妄想の話がどんどん大きくなる。
実際のところは、邪馬台国時代の対外情勢、日本国内情勢は、その後の南北朝時代、戦国時代なんかの国内情勢と、大差ないのでは?と思われる。

キャンティではバジルが手に入らなくてシソでパスタを作ったのに

>今上陛下はどう思っているのか
ぜひ お聴きしたいもんです。

陛下は皇室と朝鮮半島のつながりについて言及されてらっしゃいましたね。

この時代は、九州・出雲・吉備・畿内・近江・伊勢くらいの分国の王同士の緩やかな連携があり、嫁入り交換で縁戚関係を築いて徐々に統一されていった。前方後円墳の分布を見ても分かる様に、朝鮮半島南部と大和は密接な行き来があった。

だと思います。

なぜか、投稿できなくなっていたのでテスト。

邪馬台国論争よりも、バジルでどんな料理作っていたかに興味しんしん。

いま、花屋さんにいくと、バジルの鉢がたくさん売ってます。それを買うのもしゃくなので、料理に使ったバジルの葉っぱの残りを水につけて根が出たまではよかったのですが、土に植え替えたら、いきなり花芽が出てしまい、それを摘んだら枯れちゃって、結局、鉢を3つぐらい買う羽目になりました。

>日中戦争はドイツが仕掛けた

習さんがドイツに行って、日本の悪口をさんざん吹き込んできたようです。ドイツと中国はマーケット補完性があって仲がよろしいのですが、中国と製品レベルが競合してしまう南欧諸国は青息吐息。ユーロ圏の南北問題は、実は中国問題なのです。
さて、日中戦争は、プロイセンの伝統をひくドイツ軍部が蒋介石を嗾けて第二次上海事変が始まり本格化したわけですが、このときドイツに宣戦布告していれば、前の戦争は日本イギリス(にたぶんソ連も)とドイツ中国の争いになっていたかも。
ところが、日本の外交官や軍人は、ドイツに派遣されていたときにハニートラップにかかってしまい(いわゆるメードさん事件)、なぜかドイツの味方に。
ただ、アメリカとの戦争はどっちにしろ避けられなかったのでは。アメリカは、イギリスを助けるためではなく日本と戦争したくて策略をめぐらせていたらしく、イギリスやカナダとの戦争計画もあったようです。フォードやブッシュ一族がナチスのシンパだったのは有名な話ですし、ルーズベルトをユダヤ系という日ともいますが、ユダヤ難民に対する扱いは冷酷そのものでしたしね。アメリカがナチスと手を組んでいたかもと思うと、胸が熱くなります。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山