クレソンのリニューアル

| コメント(5)


13001.jpg

あまりにイモムシが多いので、コイツが毎日、やって来ますw 見ていると、アッという間に三匹くらい捕まえて食っている。コイツがまた図々しくて、iPhoneでコレだけシャープに撮れるほどの距離でも逃げません。ところで、コイツは何なんでしょう? ムクドリか、ヒヨドリか。

_DSC0417-Edit.jpg

クレソンがやばい。水温が上がりすぎだし、イモムシ沢山だし。昼間は25度くらいまで上昇してしまう。まずはイモムシ対策。植えたザルごと、完全に水没させます。苦しがって、イモムシが水上に浮いて来る。数十匹退治しました。数時間浸けておいたので、みんな水死したと思う。

_DSC0421-Edit.jpg

送風機をセットしました。常時、水面に新鮮な空気を送っている。これで蒸散させて熱を奪おうという算段で、なんでも「4度くらい下がる」らしい。金魚のブクブクは、浅い植木鉢の底にセット。ここにザルを置きます。

_DSC0423-Edit.jpg

すっかりリニューアルされたクレソン。支柱を立てる穴があるので、梅雨があけたら寒冷紗でも被せてやるか。

コメント(5)

イソヒヨドリのメスではないですかね。


彼らも進化しているようで、もともと海岸で暮らしていましたが、
いまではすっかり都市部にも対応しているようです。

イモムシもナメクジも困る。
退治に鳥を呼ぼうと米を撒くと、米だけ食べる。
ムシやナメクジは? おかずも食べないとだめでしょ。

>イソヒヨドリのメスではないですかね。

残念なことに、まだイソヒヨドリを見たことがないのでアレですが、ヒヨドリに似てるけど、ヒヨドリだと頭の毛が立っているので、ヒヨドリじゃなさそうですね。

>コイツがまた図々しくて

子供が小鳥を追いかけたりしなくなったせいか、街にくる小鳥は、なかなか逃げなくなりましたね。今朝は、シジュウカラのカップルが窓の外でいちゃいちゃ鳴いててうるさかったです。

共存共生、「とる」のは写真だけ。素晴らしい。仏のこころですね。どっかの悪徳業者、政治家、役人とは月とスッポン。世の中、こうでなきゃ。

昨日、巣から落ちたらしいムクドリの雛が工場に迷い込んだ。人間がいてもお構いなし。親鳥は必死で連れだそうするが、本人はウロウロ歩き回り、ウンチをして出て行った。まだ飛べないらしい、猫に喰われてなきゃいいが。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山