何かの南蛮漬け

| コメント(11)


_DSC0365-Edit.jpg

魚を大量に貰ったんだが、「ジンダゴ」だというんだが、一般的にはジンダゴというのは鯵の子供を指して言う言葉で、ところがコイツはどう見ても鯵の子供には見えない。「鯵より美味しいよ」というんだが、さて、何なのか? 沼津千本浜よりちょっと西の海岸で、地引網で採れたらしい。子供ではなく、これで成魚だそうで、まぁ、市場には出てこない魚です。誰か、正式名知りませんか? ちなみに入っている容器は普通の弁当のサイズです。なので、魚のサイズは数センチです。

_DSC0368-Edit.jpg

名前は不明でも料理は出来る。こういう小魚は唐揚げにするに決まっている。南蛮漬けにすれば日持ちするね。小麦粉まぶして二度揚げです。骨までボリボリ食える。小魚は足が速いので、採れたらすぐに調理しなきゃならない。朝採れて、昼には既に揚げているんだから、理想的です。これがタイミングを逃して遅くなると、揚げてる最中に腹が爆ぜてしまう。南蛮漬けの漬け汁は、今回は米酢と白ワインビネガーをメインに、レモン、バルサミコ、砂糖、味醂、赤唐辛子といったところ。あとは玉葱、人参、ピーマンを細切りにして合わせます。結局、バケツ一杯ほどの量になりましたw 翌日から翌々日くらいが食べごろです。

コメント(11)

地方によってさまざまな名前で呼ばれているけど、西日本では太平洋側、日本海側どこでも普通によく見る魚ですよ。口がストローのように伸びる。小さいけれど身がポロポロ取れて食べやすいので吸い物に入れてもおいしい。

標準和名「ひいらぎ」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AE_(%E9%AD%9A)

はまちゃんさんがいうように、この魚は吉田町あたりではジンダベラといい、浜松市あたりではネコマタといいます。猫も又ぐくらいたくさん捕れてしかも美味くないということで。投げ釣りの外道でよく上がりますが、イシモチ同様季節によって美味い不味いがあるようです。自分的にも、煮付けにしたりしてこりゃ旨いな、と思ったこともあるし、なんだこりゃ料理なんてするもんじゃなかったな、と後悔したこともあります。たぶん秋口が脂が乗っていちばん旨いのでは? この、初夏ものの味はどうでしたか?

ニロギ

ヒイラギ及びネコマタは表面がヌメヌメした粘液状で、
黄色い柄があったような気がする。
何だろう?

linmuさん確かにこれはジンダベラとは微妙に違うかも。心持ち細長いし、ちょっと模様も違うみたいだ。駿河湾は奥がふっかい!

オキヒイラギ?

それだ!
http://www.zukan-bouz.com/suzuki2/hiiragi/okihiiragi.html
静岡県での呼び名は「エノハ」。
 干物は絶品である。軽くあぶって食べるのだか、細かいものの方が骨が柔らかくうまい。魚焼き網ではなく、テフロンフライパンをよく洗い空煎りするのが簡単でいい。
 鮮魚は唐揚げにするのが無難。骨ごと香ばしく食べられる。

googleで「オキヒイラギ」で画像検索すると、まさに同じ魚がたくさん出て来る。

テフロンの空焼きって大丈夫ですか?

>テフロンの空焼き

空焼きじゃなくて油敷かないで焼くだけでしょw
テフロンなら油要らないし、皮から油が出るでしょw

良く洗うのは、前に使った油が残ってると、乾煎りする前に、それが焦げて臭いし焦げでフライパンにくっつくからでは?w

>南蛮漬けwww

は、おいしいでつねwww

ネット時代は同定も楽ですねwww

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山