クレソン自給自足体制へ

| コメント(1)


_DSC0229.jpg

ベランダ栽培のクレソンが絶好調で、ほぼ一週間置きに収穫できます。物凄い勢いで新芽が成長している。4月の12日に植え込んだテーブルのクレソンも、物凄い勢いで根っこが生えてきた。一週間たったらちゃんとしたザルに植え直します。そこから二週間で収穫を始められます。やはり、金魚のブクブクで充分にエアレーションをしてやるというのがポイントで、ブクブクは1000円くらいで買えるし、100円ちょっとで増設できるので、一台あれば3、4セット分、まかなえます。ケチ臭い話だが、一ヶ月で元が取れるねw で、今日はワサビ菜とクレソンのサラダ。スーパーでズワイガニの剥き身を安く売っていたのでトッピング。

_DSC0238.jpg

水上部分にはほとんど変化はないが、水中では根っこが物凄い勢いで出ている。まずは、根を育てないと、上が育たない。

_DSC0224.jpg

8日目のスプラウト。これはマスタードです。そろそろ食べられそう。やはり暖かいと育ちが良いです。

_DSC0231.jpg

ベビーリーフの苗が育ってきたので、植え替えました。100円ショップのお茶パックにバーミキュライトで植えて、それを、底を抜いたビニールコップにセット。トロ箱に並べて、あとは液体肥料を薄めた水を絶やさないように補給してやるだけです。ビニールコップの底を抜くのは、ライターで炙るとうまく行くんだが、火が付いて燃えて火事になってもいけないので、オススメは出来ないw お茶パックが1.75円、コップが7円、バーミキュライトは少量すぎて計算不能w 

ところで、このベビーリーフは3月の15日に蒔いたモノなんだが、育ちの良いヤツはそろそろ食べられそうです。つうか、スーパーカドイケで売っていた地元産のベビーリーフがそんな感じだった。一ヶ月くらいで収穫できるものらしい。農業としては、効率が良いですね。写真のこれは間引きして捨てるはずだったのを植え直したモノで成長が悪いんだが、露天でもそろそろ暖かくなって来たので、これからは存分に栄養を吸って、大きくなってくれそうです。

コメント(1)

つ、遂にクレソンも自給自足体制側になったか。ゲバラのテーシャツも今は昔。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山