特に名を秘す「酒屋」にて

| コメント(1)


DSC_0148.jpg

仕事の話で来客があって、ついでに近所まで飲みに出た。ネットで買ったNikonのセットが揃ったので、お供です。

IMG_8481.jpg

右側のNikon1J1です。レンズは、結局最新型の6.7-13mmにしました。35mm換算では18-35mmに相当する超広角ズームで、まだ中古が出てないので、新品です。超広角ズームなので高いです。ボディは型落ちの、しかも中古なので安かった。1万円を切ってます。レンズ交換式なので、アダプターも買ってある。色々と遊べそうです。

DSC_0150-1.jpg

広小路の笑栄通りにある、特に名を秘す「酒屋」ですw かつてはホントにささやかな立ち飲み屋だったんだが、今ではすっかり居酒屋に様変わりして、ちゃんとした生魚のツマミも出す。でも、いまだに目立たない「酒屋」の外観なので、ここが居酒屋だと気が付かない人も多いようだ。なので、あえて今回は名を秘すw いつものように純米酒のロックです。

DSC_01511.jpg

イワシの天麩羅。広角端です。ISO400開放のF3.5で、シャッタースピードは1/40。レンズが手振れ補正を搭載しているので、安心してシャッターを押せる。

DSC_0155.jpg

望遠端ではシャッタースピードが1/25まで下がる。

DSC_0158.jpg

ネギトロ。粉ワサビをこれでもか、とばかりに大量に付けるのが、魚河岸流w

DSC_0161.jpg

イカと野菜の掻き揚げ。本日は以上四品のツマミで、三人でそれぞれ、ビール2杯ずつと、日本酒一杯、合計六千円という会計でした。一人二千円。魚河岸流の雑駁な料理だが安いです。

ところで、おいらの場合はPhotoshopがCS4のままで古いために、このNikonで撮ったままのRAWデータがアドビブリッジで展開できない。一度、DNG Converter でDNGに変換すればアドビブリッジに乗るようになるので、面倒だがそうするか、あるいはフリーの現像ソフトを使うか。今回はRaw Therapee というフリーソフトを使ってみた。フリーとはいえ、使いこなせば高度な現像が出来そう。ただし、このソフトではおいらのシグマDP-1の現像が出来ません。やはり一度、DNG Converter でDNGに変換しなきゃならないようだ。色々と面倒くさいね、どうもw ちなみにカメラとレンズの評価に関しては、いかにもNikonらしい忠実な再現性で、文句なしです。

コメント(1)

A社の商売に加担するようでおススメしませんが、今ならLightroomが乗り換えで10,080円とか。
タダではありませんけど、編集はともかく、Sigmaの現行機を除けば現像ならこれで十分かと。

話は変わりますが、SigmaのRawをA社のソフトで現像すると、明るい部分がピンクっぽくなりやすいです。
だからと言って、純正で現像しても避けられない場面も多いのですが・・・。
ただし、SigmaもA社の悪癖を真似したか、古い機械では非対応の機能のボタンを操作できないように表示して、買い替えを促すようになってますwww

私はデジタルのNikonを使ったことありませんけど、確かにD800EとSD1merrillの写りは、比べれば全くの別物であることが一目瞭然です。
どっちが良いかは人によって白熱する話題ですが、Nikonにしても他社の動向は常に意識して商品開発してるようですから、レンズがあるならムリに手を広げる必要はない気がしますwww

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山