太刀魚巻きとスキ身丼

| コメント(5)


IMG_8419.jpg

太刀魚という魚です。沼津ではよく獲れる。ちょっと深い海の底にいて、疑似餌でもカンタンに釣れる。おいら、イカの目玉(海の中でギラギラ光る)で手釣りした事がある。焼いて醤油かけて食べるというのが普通で、干物も美味しい。ここら辺ではごく普通の魚で、特に高級というわけではないんだが、市場に行ったら開いて紐みたいになったのが安く売っていたので、片栗粉マブしてクルクルと巻いてみた。実は以前、和食屋で出て来た物を真似してます。

巻いたら爪楊枝で止め、オリーブ油で焼く。ニンニクと鷹の爪。蓋をして蒸すようにジンワリと。途中、ひっくり返して裏も焼き、醤油垂らして風味付け。ここら辺ならではの一品です。

IMG_8433.jpg

マグロのスキ身丼です。漬けにしてあります。醤油、味醂、日本酒。海鮮丼はそれなりにカネがかかるけど、コレなら一人分で350円くらいです。

IMG_8403.jpg

さて、ところで空芯菜だが、まだまだ最低気温10度なんていう日が続いて、とても戸外で栽培できる季節ではない。そこで、屋根裏のロフトを温室に仕立てて苗を育てているんだが、本葉が出て来ました。紫色に見えるのは、LED照明が当たっているから。このロフトは、外気温に関わらず21度~25度を保っているので、苗を育てるのには絶好です。

DSC_3942.jpg

ベビーリーフMIX。これもベランダの物より育ちが良い。こちらはLEDではなく、南面の窓からの光です。

DSC_3949.jpg

せっかくの温室なので、スプラウト各種もここで作ります。種々の種子をAmazonで購入。いつもの中原採種場です。ひと袋250円だが、量が多い。当分、楽しめそうだ。

DSC_3948.jpg

日曜日に蒔いて、これが三日目の写真です。もちろん、スプラウトも暖かい方が育ちが早い。来週にはスプラウトのサラダが食べられそうです。

IMG_8407.jpg

100円ショップで見つけた新兵器。壁面に取り付けるタイプの植木鉢だが、下に水が溜まるようになっている。水をしっかり吸い上げられるように、不織布で作った帯を垂らしている。この不織布は、やはり100円ショップの「水切りネット」を半分に切ったモノです。ところで、今までハイポネックスを使っていたんだが、ひと箱が空になったので、ハイポニカに変更しました。ハイポネックスは水耕栽培用の顆粒を溶かして使えば、とりあえずレタスなどの葉物くらいには支障なく使えるんだが、色んな意味でハイポニカの方が良いらしい。ハイポニカならトマトまで育てられるそうです。もっともプロは「大塚」というブランドを使うそうで、それもネットで取り寄せてあるので、いずれは大塚に移行するかも知れません。

IMG_8409.jpg

お茶パックに植えた苗を、軽石でセット。底に溜まった肥料入りの水を、軽石とバーミキュライトが吸い上げて根まで届けます。

コメント(5)

八間通りを下ったグルメ街にある「ふじた」という店がメニューにのせてる太刀魚丼がやたら美味いっす。

食い終わる頃を見計らって太刀の骨せんべいを出すんだが、これが又いいんですわ・・・

天麩羅じゃないの?w

太刀魚はおいしいよね
うんうん

揚げたヤツ

東京湾のタッチィとは別モンやなぁ~。
  ↓
日本昔話で子供が乗っていた竜。
://tv.shimano.co.jp/movie/original/tsurikibun_97/

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山