改めてシグマのDP-1

| コメント(11)
SDIM0634.jpg

さて、Nikonの最新型ミラーレス一眼と超広角ズームなんぞを使ってみると、改めてシグマのDP-1なんていうカメラを思い出すわけだが、タイの赤服クーデターの時においらコレ一台下げて、まだ日本のマスコミが誰も入ってなかったクーデターの本拠地に未明から乗り込んで現地レポートを送ったりしたんだが、以来、しまいっぱなしで可哀そうなので、改めて持ちだしてみた。

IMG_8492.jpg

並べてみると、コンセプトはよく似てます。ちなみにシグマのファインダーは別売のあと付けです。35mm版換算で28mm相当のレンズが付いてます。Nikonだったら10mmの単体レンズがあるので、それに相当します。ただ、このシグマは撮れる「絵」がずいぶん違う。普通のデジカメでは撮れない「絵」が撮れるんです。



写真部で過ごした学生時代を思い出し、少しアートな画を撮ろうとすると、液晶に表示される「キレイにまとまった写真」がとても平面的で味わいの無いものだと気付きました。ポジフィルムでシビアに写真を撮っていた経験からすると、デジカメのエンジンが巧く作ったバランスの良い画を見ると、不自然だ(←そんな風には写らない)と分かってしまうのです。
そんなときにDPシリーズに出会い、「何時誰が撮ってもキレイな画が作られる」のではなく、「相応の条件において、適切な露出や構図を考え抜いて撮ると、恐ろしく深みのある画が撮れる」喜びに痺れました。写真少年が知っている写真は、こういうものだったんです。
SDIM0633.jpg

おいら、この手の写真では思いっきりアンダー目に現像して、リバーサルの雰囲気を出したりする。ねっとりした濃厚な色が出ます。撮像素子の造りが違うので、独特の表現をしてくれます。

SDIM0642.jpg

街撮りに都合が良い焦点距離です。

SDIM0644.jpg

こういう状況で、影の部分と光の当たっている部分と、双方に満足の行く色調を出すのは難しいモノなんだが、いい感じにあがってます。シャッターのタイムラグとか、まぁ、古いカメラなので言うところは色々あっても、コレはコレで銘器です。

コメント(11)

ニコンのミラーレス購入オメ♪
シグマのDP-1は使う人を選びそうですけど、ハマッテた人にはほんと面白いみたい。そういえば一昨年だっけか、米沢記念館での野次馬さんの講演会聞きに行ったら、客席ですぐ近くにいた人がシグマのデジタル一眼持ってた。あの人いまもシグマで撮ってるのかな。
ニコンのミラーレスでもばしばし撮って分もにUPして下さい、写真楽しみにしてます。

あの串揚げ屋さん、若い人に人気ですね。行ったことないけど。
先月、取材できた池内紀(おさむ)氏を写真の猫のいる白雪小路裏へ案内したら、えらくハマッていました。

こう云う物を見てると、競争の名のもとに一人勝ちする欧米流じゃなく、
弱小含め色んなメーカーが乱立する方が好きだな。
カメラだってキャノンしか無かったらいやでしょ?w
シグマもオリンパスもヤシカやペトリもあった方が健全な気がするんだよね。

>弱小含め色んなメーカーが乱立する方が好きだな。

そのとおりですね。
以前、コニカとミノルタのカメラ部分が落城したときに書いた文章です。もしお時間があれば。
http://eeldog.blog12.fc2.com/blog-entry-72.html
やはり「小規模、中規模、大規模、それぞれのメーカーが、 自分の特色を追及しながらそれぞれがそれなりに続いていくような状態」が望ましいです。

それとコニカ・ヘキサーに関する俺の妄想(全く実現しなかった)ww
http://eeldog.blog12.fc2.com/blog-entry-65.html

>カメラだってキャノンしか無かったらいやでしょ?w

バイクがホンダしかなかったら乗らないレベルwww
車がトヨタしかなかったらタクシーで良いレベルwww
以下(ry

豊田のあきおちゃんって遊び人の道楽息子でっしゃろ?w

シグマDP1の話題が出てきたので書き込みさせてください。
私もシグマDP1シリーズ(DP1s)を使っていますが、
レスポンス、高感度画質、オートフォーカス、JPEG品質
の弱点があっても、ヒットしたときの画像のすばらしさにはまっています。家に帰ってからフィルム時代のように限られたカット数の中から一枚づつ丁寧にRAW現像するのも、写真部時代の暗室での現像・引延の感覚を思い起こします。
シグマ製品は下請け部品も含め会津で殆ど作っていて、震災後会社規模から考えられない5億円も復興の為に寄付しています。応援のため交換レンズ何本か購入しました、なかでも30mm F1.4 EX DC HSMはお気に入りです。未だにカメラメーカーから同スペックのAPS-C大口径標準レンズが出てこず、比較対象が無いのでこのレンズでしか撮れない写真があります。
昔は特徴のある写真関連会社がたくさんありましたが、オートフォーカス・デジタル化で残った会社がかなり少なくなりましたが、欧米だったら1・2社しか残らないので、まだマシですか。

シグマDP-1は興味を惹かれたものの、財政上の理由から見送った。
ところで京セラの銀塩カメラG2は良かった。特に広角系{ってぇか距離計連動レンジファインダー型だから望遠は余り使わないし}。
人によっては、なんちゃってコンタックスと揶揄しよう、ヤシコンだとも云われよう。しかし極右の立場からすれば……あ、いや、老い先短く思い出に生きる年寄りの立場からすれば、あのタイプには、そそられるのだ。既に京セラは撤退したから、何処か……例えばコシナとかが引き継いでくれないものだろうか。広角自慢だから、如何しても受光素子はフルサイズ{って単なる135判やん}になろうから多少は高値となりはするだろうけれども、連写機能なんて如何でも良いし、シンプルな機能……といぅかG2を流用すれば20万圓台で売り出せるのではないか。
若者にはピンとこないかもしれないが、年寄り向けに、多少は売れると思う。機種名は「G3{ジーサン}」で良い。

あのときは大活躍で!
引き際も見事で,後ろから撃たれちゃった方とは大違い.

もう、グッラグラ・・
野次馬センセイがいいって言うと
グラグラきてしまう、これはやばい
ほんとに白のJ1買ってしまいそうだ。

キャノンならなくなっても良いけど、ミノルタとコニカは。。。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山