4日目のクレソン

| コメント(7)


DSC_2227.jpg

クレソンのテーブル栽培の続きです。食い残しのクレソンをコップの水に挿しておいたんだが、元から付いていた葉っぱはほとんど枯れてしまったものの、新しい芽が出て、根っこも伸びているので、金魚鉢に植え込みました、というのが四日前なんだが、シッカリ根付いたようで、どんどん新芽が出てくる。ずっとテーブルの上で、3.5wの普通のLED電球で照らしていたんだが、暖かくなって来たので、ベランダに出してみた。下の方に付いているのが、わずかに残った元からの葉っぱで、ずいぶんサイズが違う。まぁ、肥料も酸素もやらないのに出て来た芽なので、栄養が行き届かないのは仕方ない。ガラス面越しに見える根も、かなり増えているようなので、ハイポネックスを時々あげれば葉っぱも大きくなるだろう。

このベランダは、一日2時間ほど陽が当たります。クレソンはさほど日照を必要としないので、十分です。もちろん酸素は欠かせないので、金魚のブクブクを仕込んである。予備の金魚鉢もあるので、株分けの準備も万端ですw つうか、60cm水槽も用意してあるので、いくら増えても大丈夫w ところで、昨日は源兵衛川を歩いてみたんだが、クレソンは見られなかった。おいらの知人は源兵衛川で「ゴミ袋四個」のクレソンを採ったというんだが、それはクレソンの「駆除」をやったからですね。クレソンは外来種の帰化植物で、環境にとってはあまり好ましくない。日本古来の水芹とかを駆逐してしまう。それで、ボランティアが駆除しているわけです。柿田川にはあるだろうから、今度見てみます。

コメント(7)

金魚のブクブクで補給されているのは、酸素ではなくて二酸化炭素かも。
日照時間が短いということで、呼吸と光合成のどちらが勝っているのかわからないので何とも言えませんが。

あの時は40リットルのゴミ袋、4袋十分ありましたからねえ。茎なんか元のほうは親指程の太さ。
今朝、見て回りましたが、ほんと、どこへいったんでしょう。
そのかわり、三島梅花藻はなんとか生きていましたけど。かわいそうなので、ヌクを取ってあげました。

これは良い実験。もう野次馬さんも政治ネタから手を引いて、料理と芸能とアフィ路線で行ってよ。特に料理を手厚くやって欲しい。政治がらみのウザいコメ見るのもうやだー。

LED照明は光の波長を絞れるので
植物がもつ特性を最大限促進できる
っつーのが植物工場の基本理論です。
クレソン水耕栽培キットを考えているのなら
最適な波長光をでキット造らなきゃねぇ~
植物工場は大企業が色々出しているが
個人が実践出来る植物工場キット&お試しセットは
今までに無い商品発想です。
植物工場で先に行っている
薬師丸ひろ子が在学していた玉川大学へのレポを期待します。

政治ネタから手引くのは賛成。
ここ1~2年の逆神っぷりは東原亜希以上ですからw
小沢や細野ももうあれなんで書くこともないっしょw

東原亜季に政治ネタを書いてほしい。石原慎太郎に応援メッセージとかwww

クレソンの栽培、おもしろそうですね・・・

日常の料理で出る生ゴミで、例えば人参の頭なんかをなにげなく小皿に置いて水を張っておくといつまでも萎れずに芽が伸びて、ちょっとした観葉植物のようなものという位置ずけて、その観賞を私は楽しんでいます。と同時にそれの生命力の強さに感嘆し、どんなちっぽけな生命をもすら生かそうとする大自然の偉大さを感じずにはおれません。

まして成長したその葉っぱを食うことが出来るなんて、とても素敵なことです。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山