ありきたりのマカロニサラダ

| コメント(10)


IMG_7522.jpg

今日はヤル気の出ない休日なので、晩飯もコレだけです。ありきたりのマカロニサラダ。このマカロニは茹で時間が12分なので、その間にジャガイモ剥いて刻んで水に晒して、冷凍庫からミックスベジタブル出して、茹で時間が残り5分を切ったところでジャガイモ投入、2分を切ったところでミックスベジタブル投入、ついでに最初から入れておいた玉子はすっかりハードボイドドで、これは揚げてから殻剥いて刻んで合わせる。みんな一緒に済ませてしまったので、手抜きの一発芸みたいなもんだ。トッピングはだいいちハムのソフトサラミです。レモン汁とマヨネーズで和えて、粗挽き胡椒いっぱいがおいらの好みです。

IMG_7526.jpg

さて、手前からの「起こし」に使っていたZライトだが、ディフューズの半透明板に問題発生。なんか、色がつくのだ。見た目は色がない完全な半透明なんだが、照らして見ると青が被る。蛍光塗料みたいなモノが入っているのかも知れない。こういう事はよくあって、なので、写真スタジオでは「白い」物だからといって信用しない。壁を塗るペンキも、バックに使う背景紙も、蛍光塗料の入っていない、みんな専用の「純白」です。なので、素人目にはちょっとくすんで見えたりするw そこで半透明板を外してトレーシングペーパーに登場して貰った。このテーブルライティングでは、出来るだけ、どこにでもありそうな材料を使うようにしているんだが、トレペくらいは仕方ない。



42.4 x 3.6 x 3.6 cm
絵画を描くのにスケッチしたものを転写して、それぞれのパーツの配置を考えるのに使っています。市販ではA3が一番大きくてもっと大きいのを探していてロールにしました。トレぺは湿気に気をつけたほうがよさそうです。
薄口なのですが破れることはないけど、何度も消したり書いたりするなら厚いほうがよいかもしれません。

絵を描く人はコレ、みんな持ってますね。42cm幅でロールになっている。何メートルくらいあるのか、コレを二重にして光を拡散させているんだが、こうして二枚のトレペに間隔を持たせないと、ただ暗くなるだけで拡散しません。プロのスタジオマンは、このトレーシングペーパーと黒ケントでストロボの鋭い光を完璧にコントロールして柔らかな光に変えたり、色々と細工します。大きな傘みたいな反射板で光を和らげたりするんだが、それを丸ごと、トレペで包んだりもする。上記Amazonのトレペは1/2サイズなんだが、フルだとその倍なので、90cm近い。それを新聞紙のように無造作に使い捨てしまくってます。

コメント(10)

これはwむしろ、だいいちハムのソフトサラミが残ってたから作ったと思われwww

>何度も消したり書いたりするなら厚いほうがよいかもしれません。

それなら第二原図(用紙)の方が良いと思いますw
濡れたらワカメみたいにビラビラになるのは一緒だけどwww

トレペも結構ですが、好みの女性に頼み込み、パンティストッキングを頂くといぅ術も……あ、新品でも同じか。

オヤジの影響で最近自炊が外食よりも多くなってきたwwww

食材とかも良いの選んだりして、複合炭水化物とか考える様になっちゃったじゃんwww買い物が楽しくなってきただろwwwどうしてくれんだよwウェイトローズしか行かないしwww

>照らして見ると青が被る。蛍光塗料みたいなモノが入っているのかも知れない

フィルムも延伸で作ってるヤツは偏光フィルターと変わんないからねwww気をつけてねwww

もう、面倒臭いから犬小屋に撮り部屋も作れば?w
天井に穴開けて自然光もおkみたいなww

そこで、会費制の霧吹き撮影会をやれば元が取れる余寒www
着エロのおねーちゃんとか呼んでwww

つか、再度wおじさんマヨネーズ大好きだら?w

>第二原図(用紙)の方が良いと思いますw
若いヤツに第二原紙が通じない件・・・
クビになった前の会社で犯罪者上司も知らないヤツがいた
私が新人だった時は巴製紙の第二原紙を使ってたよ。

マカロニで12分茹でるのは確かに美味いねぇ
弁当やサラダに使うので2分で茹でられるマカロニを使ったが
それなりの味でした。
短時間で茹でられるのは生地が薄いからで、なんか違う歯応え
腹を膨らませるだけなら許容範囲かもw

写真のサラダ、私の父がつくるものとそっくり。

らせん状のパスタは父の好みです。
薄切りのハムは、すき込まないで、ふり掛ける。
粗砕コショウは必須。

マカロニっちうと、ほうれん荘を思い出すな。。。
チャンピオンの黄金期?

こまわり君とか、ドカベンとか、750ライダーとか、ゆうひが丘の総理大臣とか……昭和も遠くなりにけり。でも、やっぱ、マカロニやね。うん。

マカロニといえば、マカロニ・ウエスタンなのですがw、
「夕陽のギャングたち」でジェームス・コバーンが
爆発物取扱専門のアイルランド・テロリストの落武者として、
20世紀初頭最新のオートバイに跨って、
革命期メキシコに現れたという設定が最高にカッコ良く、
初めてDVDソフトを買い込んでしまったのでした。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山