ドレッシングは絶対に、作りたてが美味しい

| コメント(4)


IMG_1189.jpg

オープンサンド。このところちょっとダイエット志向で、コメの飯を止めているんだが、パンの上にオカズ乗っけて「オープンサンド」という立派な名前が付きますw パンは、雑穀の入った自然酵母のものが、食った気がしていいよね。都会的なパンというのは、スカスカで腹持ちがしない。田舎の素人が作る、ミッシリと重いのが理想だ。熟女のお尻みたいに丸くて重いヤツ。それをスライスして、適当なサラダを乗せる。サラダはしっかりとドレッシングで味付けしてあります。パンにもしっかりとバターを塗ってある。つうか、パンはオーブンでカチカチに焼いてある。

奥にあるのは、豚肉をソテーしたもの。一枚300円もする豚カツ用の肉です。塩胡椒して、フライパンで焦がして裏返して弱火。蓋をしてジンワリと火を通す。そんなに分厚くないので、オーブンで保温までは必要ないだろう。切り分けたら乗せて、インスタントに「ステーキソース」という代物掛ける。もう片方は、肉屋で買って来たコロッケにソースと、これも簡単。ところがココでひとつ問題が。玉子を茹でてクラッシュした物を乗せてあるんだが、コレがボロボロと零れて始末が悪い。マヨネーズで和えてしまえばまとまるものの、マヨネーズ味に染まってしまう。何でもかんでもマヨネーズとかケチャップ味にしてしまうのは気が進まないので、ナニか良いアイデアはないものかw

IMG_6606.jpg

さて、サラダなんだが、ベビーリーフとか、ワサビ菜とか、フリルレタスとか、今まであまり馴染みのない野菜が、スーパーや八百屋でも買える時代になりました。パックに何種類が入っていて、皿に出せばすぐにサラダになる。サラダといえばドレッシング。ドレッシングについては毎度、おいらのレシピを載せているんだが、分量がわからないという意見もある。分量は「適量」でお願いしますw つうか、ドレッシングには基本があって、一番簡単なのは、上の写真のもの。塩胡椒をふって、レモン絞って、オリーブオイル垂らす。それだけです。そもそも、フランス料理には「ドレッシング」というものはないらしい。「ヴィネグレットソース」と呼ぶそうだが、「酢と油を1:3の割合でよく混ぜ、塩・胡椒で調味したもの。酢の代わりにレモン汁を用いても美味である」とWikipediaには書いてある。この、ヴィネグレットソースがアメリカに渡って、砂糖やケチャップを混ぜると、いわゆる「フレンチ・ドレッシング」になる。なので、フランスにはフレンチ・ドレッシングはありません。と、ここまで知ればあとは簡単。お酢でもいいけど、ここは風味を考えて、レモンを使うか、白や赤のワインビネガー使うか、砂糖は入れるのか、蜂蜜使うとか、オリーブ油を胡麻油にすればお中華になるし、「酢と油を1:3の割合でよく混ぜ、塩・胡椒で調味したもの。酢の代わりにレモン汁を用いても美味である」という、このWikipediaの記述だけを覚えておけば、あとは自由自在だw 玉葱をすりおろすというのも有効。マヨネーズとケチャップを半々に混ぜたモノを、日本では「オーロラソース」と呼ぶんだが、基本のヴィネグレットソースにオーロラソースを混ぜれば、コンビニサラダにもよくある、あの肌色のドレッシングが出来るし、塩胡椒の代わりに醤油を使えば和風になるし、今、台所にある材料でいくらでも応用して作れるモノなので、是非、自作して下さい。ドレッシングは絶対に、作りたてが美味しいから。

コメント(4)

コンソメゼリーで煮こごり?

これすごくイイです。
試してみてください。
玉ねぎがトロトロになってすごく甘い。
ドレッシングやいろんな料理に使えます。
凍らせずにペーストで使うほうが簡単です。
http://yaplog.jp/tounyou49/archive/48

これすごくイイです。
試してみてください。
玉ねぎがトロトロになってすごく甘い。
ドレッシングやいろんな料理に使えます。
凍らせずにペーストで使うほうが簡単です。
http://yaplog.jp/tounyou49/archive/48

よだれかけとひざかけとおてふきが必要そうですね.

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山