牡蠣の炒め物

| コメント(5)


初出/2012/03/11

IMG_2352.jpg

牡蠣の炒め物なんだが、牡蠣に限らず貝というのは、そのまま炒めると縮んでしまう。縮んでも味が変わるわけじゃないけど、何だか悔しい。せっかく新鮮でプリプリの良い牡蠣なのに、ミイラみたいに干からびて。そこで使われる手法が、牡蠣を事前に揚げておく、というヤツで、とりあえず牡蠣に片栗粉をまぶして油で揚げるというより、焼く。牡蠣の表面がカリッと仕上がるものの、衣に包まれて中身はプリプリです。さて、コレを一時横に置いといて、玉子を炒めてスクランブルエッグみたいなのを作る。椎茸とかエノキとか、野菜はモヤシ。これらを適当に炒めて、そこそこ火が通ったところで、横に取り置いてあった揚げ牡蠣を合流させて、ほどよく暖まったら完成です。



コレ、牡蠣を下準備しないでそのまま炒めると、縮みながら止めどなく水分を放出するわけで、炒め物が煮物になっちゃうし、牡蠣は干物になってしまう。味付けはオイスターソースがメインで、塩と色付け程度の醤油です。ちなみに牡蠣は、加熱して使うんだったら必ず加熱用を使って下さい。生食用の牡蠣は痩せていてあまり美味しくないです。

コメント(5)

まいまいさんが七輪焼肉ありらんにいてワロタw

ほー、なるほど
これは一つ勉強になりました

たしかに縮むと悔しいというか虚しいもん

>たしかに縮むと悔しいというか虚しいもん

キャンタマ袋が縮む感じ?w

ここでつか?w
http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14006100/
キムチの盛り合わせ的なものを発注したようですw
今日は餅ジャムじゃないんでつねw


これは食べたい。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山