アンチョビ風味のキャベツと鶏むね肉

| コメント(13)


IMG_6540.jpg

そういや食料庫にアンチョビ缶が山積みになっていたな。おいらが「安あがりだ」という理由だけで、塩辛ばかり使っているのを憐れんで、プレゼントしてくれた人がいるわけです。冷蔵庫には安い鶏胸肉のカタマリがあるし、使いさしのキャベツも。これで今夜の料理が決まりです。鶏肉焼いて、アンチョビ風味。

まぁ、日本のご家庭の常識だったら、キャベツは千切りにして、鶏は醤油で焦がして、といった感じだが、そこにひと工夫。キャベツは塩で揉んでクタッとさせて、ドレッシングはアンチョビ風味です。フライパンオリーブ油に薄切りのニンニクと鷹の爪で、そこにアンチョビ加えて溶かす。それをキャベツに掛けます。鶏は、塩胡椒して残ったドレッシングで焼く。ローズマリーとみじん切りのケッパーを乗せてある。表面を焼き固めたら、オーブンに入れて保温。中までジンワリと火を通します。フライパンだけで仕上げようとすると、なんせ胸肉なのでバサバサになってしまう。

キャベツの上に乗せてあるのは、ワイルド種のルッコラというヤツで、普通、ルッコラというとこういう葉っぱを想像するんだが、こういうのは品種改良した「野菜」らしい。ワイルド種というのはこういうヤツです。葉っぱのカタチが全然違う。もちろん、味も全然違う。ワイルド種の方が濃い。コレがこないだサラダ作った名残りでまだ冷蔵庫に大量に残っていたわけで、キャベツにトッピングして、まぁ、飾りなんだが。

キャベツの塩揉みだけだとありがちなんだが、そこにアンチョビ風味がよく絡んで、思い付きなんだが、ワイルド・ルッコラの苦味が良いアクセントになってる。鶏肉が、中はジューシーなままで、とても胸肉とは思えない出来栄え。レストランとかで、見てくれをもうちょっとグレードアップさせるには、ここにピンクペッパーをゴリゴリ乗せると、色彩的にいい。良いオリーブ油使って、アンチョビいっぱい使って、上手に作りましょうねw

コメント(13)

ひーちゃんは普段から自分で料理してるのかな。


缶詰のアンチョビは発酵させたものらしい。飯山オッサンが詳しいかもしれない?

ホカホカの出来立てのパンに載せたり、焼き上がりのビザに載せても美味い(ピザと一緒に焼かない)。


ルッコラとアンチョビを加えた簡単パスタ。NYタイムズの動画。

http://www.youtube.com/watch?v=Ue2DjbJuYko

アンチョビって食ったことない

ピザとかにのってるじゃんw
バーニャカウダやジェノベーゼ(店によって)にも入ってるじゃんw

どっかのキャベツのタレが、オリーブオイル、ニンニク、アンチョビみたいな感じのがあったなwどこだか思い出せないけどw
チェーンの居酒屋だったかな?

イワシの塩辛みたいなもんって聞いてから怖くてよう食べん。
(塩辛生まれてから一度も食ったことない見た目食わず嫌い)
オイルサーディンは好き。

オイルサーディンみたいなもんかなあと食べたけど不味かった。
塩辛はうまいです。
酒盗は駄目でした。

その昔今井浜の喫茶店でスイス人(だったかな?)が作ったアンチョビピザが初めての経験でした。

黴菌気取りのゴミ糞小市民が「気持ち悪い」プッ
塩蔵は重量比15%の塩 3週くらいから 毎日混ぜないと白黴 酵素の働き ただジャブジャブを経験して酒して塩して一夜干しを経ようかなんてのはそれぞれの創意
烏賊の塩辛はアンチョビの代わりになって「も もうちょっと…」でも気に病むのは不要 製法からするに魚醤の仲間だ

塩辛油炒めきり サキガケ牛蒡 安売り牛小間 美味いわ

背後の山とメインをもう少し近づけましょう
洋食屋のコピーといいプロポーションが です 一皿で完結するユニティ感ある風景ですよ

>缶詰のアンチョビは発酵させたものらしい。飯山オッサンが詳しいかもしれない?

飯山御大は、パンやワインの製法も忘れて、西洋には発酵文化がないといったことを書いてましたから・・・。

しかしまあ、ネットは玉石混交ですが、一人の人間で彼ほど玉石混交なのもなかなかいないですw

鶏のむね肉には塩麹で!
꜄”つけ込み用に使う”という発想で・・鶏のむね肉など、ひと口大に切って塩麹に一晩ぐらいつけたものを、片栗まぶしてオリーブオイルで焼くと、何とも言えない柔らかさと風味をかもし出します。
ゆで卵の表面を覆うようにぬって2日おくとまろやかに美味しい味付き卵に変わります。

缶詰のアンチョビのままだと、使い残りの保管が面倒なので、スクリューキャップの瓶詰めのを1つ買っておいて、あとは缶詰のものを瓶に移し替えて使っています。

>鶏のむね肉には塩麹で!

むね肉に塩麹最強。そのまま放置で塩麹鳥ハム。
今日はキャベツとじゃがいもとアンチョビでなんか作ろう。

>イワシの塩辛みたいなもんって聞いてから怖くてよう食べん。

多分、隠し味程度に使われた料理を外食で食べてる筈だから無問題。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山