河内音頭とモーラムシン

| コメント(18)



河内音頭とモーラムシンという話題で、まぁ、どっちもマイナーの極地みたいな話で恐縮なんだが、今じゃネットの世の中で、おまけにようつべは何見ても無料だというので、たまにはこういうのも悪くないんじゃないかな。で、河内音頭といえばこの人、河内家菊水丸です。




以下、初出/2008-03-29

コメント欄で教えて貰ったんだが、桜川唯丸という人がいるわけだ。江州音頭の音頭取りだというんだが、そもそも音頭取りなんてのは「一年を三日で暮らすいい男」という言葉があって、逆に言えば一年間に三日しか仕事がないわけだ。河内音頭の音頭取りで河内屋菊水丸という人がいるんだが、ロッキード事件の頃から、大事件が起きるとマスコミ呼んで現場で河内音頭やって騒いだりしてたんだが、アレは暇だからやっているんで、盆踊りの季節になると1日のうちに10ステージくらい掛け持ちで稼ぎまくるらしい。なんかねぇ、日本の重要な演芸なんだが、こればかりは知らない人が多いんだけどね。おいらも関西人ではないので、ナマで見た事はない。で、コレなんだが。

こういう河内音頭とか江州音頭とかいうのは、そもそも祭文語りの系譜を引いているわけだ。祭文語りというと、チョンガレ節とかあるんだが、それが明治時代に浪花節となり、浪曲になり、現在の演歌まで系譜は続くんだが、日本の庶民の口承文芸だ。関西方面ではまだ生き残っているみたいなんだけどね。



で、暇だし、そもそも三日では食えないので、このオジサンは啖呵売やっていたわけだ。よく秋葉原の駅前でやってるアレなんだが、
宣伝販売(啖呵売)・・私なりに男らしい商売と思っています。人を言葉で楽しませて当たり前の実用品を、売りさばいて行く、言葉巧みに説明するので、ある評論家は言葉の芸術とまで評価した人もある。
啖呵売といったら「男はつらいよ」の寅さんを思い出すが、今の時代はあれではお客はお金を出さないし、百貨店と言う一流小売店で売るので言葉やマナーに制限がある。
で、いい年の爺さんがブログで思い出話を語るという、まぁ、いい時代になったもんだ。ついでにYoutobeで映像も見られる。で、実演販売のついでに江州音頭をサービスでやったそうだが、やはり関西圏の人しか「掛け声」を付けられなかった、とも語っている。これで、この種の音頭の分布というのが判る。
「江州音頭と言うものは、掛け声無くては取れはせぬ、掛け声しっかり頼みます」この掛け声は(掛け肥やし)の事で、野菜等に掛ける肥料の事をもじった文句です。 昔は人糞を使いました。
私が多方面に商売に行って、実演販売を終えてサービスに江州音頭を取り婦人会のおばちゃんが踊って、掛け声を掛けてくれますが、掛け声を掛けて貰えるところは、さすが滋賀か大阪、兵庫位しか、掛け声は頂けませんでした。岡山や広島島根なんかは駄目で、島根なんかは安来節を歌えと言われて、歌えないので、土地の人に歌って貰って私が安来節で、踊った事がありますね。懐かしい過去が思い出されます。
で、下のToutobeなんだが、こちらは河内家保丸という人です。河内家というから河内音頭かと思いきや、江州音頭のタグもついている。微妙に近い存在らしい。ちなみに江州というのは近江の事のようだ。



こちらのサイトに江州音頭の発祥が書かれているんだが、
 祭文とは、もともと山伏や修験者が神社・仏閣の祭りの中で神仏に告げる文のことです。それが室町から江戸時代にかけて祭文語りとして芸人たちの間に広がるようになりました。祭文語りは村々を訪れ、伝承物語や他国の事情を語りました。娯楽も少なくまた情報にも乏しかった時代に、祭文語りは村々でもてはやされたのです。

 幕末の頃、祭文語りの名人、桜川雛山に弟子入りし本格的に祭文語りの修行した八日市の西沢寅吉は、念仏踊り、歌念仏も採り入れ人気を博していました。(八日市祭文音頭)そして、明治初年豊郷の千樹寺観音堂の再建の折、西沢寅吉が招かれ、当日は彼の音頭に乗って村人たちも踊り明かしたと言われています。この音頭は豊郷・八日市を中心に近江路一帯に広がり、美濃や伊勢などにも評判が伝わていきました。そして江州音頭として定着したのです。
で、Wikipediaによると、河内音頭は江州音頭を元に作られたものだ。
元々明治中期から大正末期頃まで大阪地域で歌われ踊られていたのは滋賀の東近江発祥の音頭、江洲音頭が寄席や祭事で行なわれていた。特に寄席では落語や音曲と並んで人気の演目となっていた。 昭和に入り寄席の閉鎖、祭事では経費の削減などで行なわれなくなり衰退した。戦後代わって登場したのが河内音頭であった。 「ああ、えんやこらせーどっこいせー」の節回しを使用した、アルバイト情報誌のCMで全国にも知られる。

昭和中期頃までは衰退していたが、1961年にテイチクから発売された鉄砲光三郎の『鉄砲節河内音頭』が100万枚を超える大ヒットとなり、再び多く踊られるようになった。

昭和40年代頃には、初音家賢次、三音家浅丸といった音頭取りが活躍し、初音節、浅丸節という独特のリズムの河内音頭が生まれた。
で、下のYoutobeは井筒家小石丸という人です。まぁ、江州音頭もそうなんだが、見て判るように、浪曲に近いんだが決定的に違うのは、太鼓や鳴り物が多くてリズミカルだという部分だな。浪曲は一般的に三味線だけだ。

で、こちらが河内音頭なんだが、ご覧のように、アレです、河内ですw 
鉄砲節の神髄を歌う 河内音頭 鉄砲節

鉄砲節の神髄を歌う 河内音頭 鉄砲節
価格:¥ 2,300(税込)
発売日:2006-08-02

こういうのはTVで見るような演芸ではないわけで、子供の頃から年に一回は聞きながら、そのリズムで踊りながら育たないと理解できないものなんだと思う。



ところで、音頭取りは暇なのでウロウロしているという話をしたんだが、だからというわけでもないんだろうが、江州音頭の初代桜川唯丸師匠は最近になって易者なんぞやってるわけだ。本人が啖呵売を自称しているんだから、まぁ、ロクマやっても不思議ではないんだけどね。

で、ここで話はタイランドなんだが。



タイというか、タイ東北部イサーン地方の演芸でモーラムというのがあるわけだ。もとは仏教の説教を語るものだったんだが、今では娯楽になっていて、歌詞も「男はせんずり、女はまんずり」とか、下品なモノが多いらしい。最近のモノはテンポが速くなって、ラムシンとか呼ぶ。ラムシンというのはモーラム・シンであって、シンというのは「レーシング」のシンだ。農閑期には、こうしたローカルバンドが巡業して歩く。



ベニヤ板でゆらゆら揺れるようなステージで、ひと晩中演じられる。田舎では暗くて、夜に出歩くのは危ないので、夜が明けるまでがお祭りなのだ。見ている方も酒飲みながら、酔っぱらいながら、寝ながらダラダラと見物している。
ラムシンのステージというと、やたら登場人物が多いんだが、フロントは男女一名ずつの歌手が交互に音頭を取り、他方が踊り、もう一人、重要なのが笙吹きだ。労働服を身につけた笙吹きがフロントラインを構成するというのがいかにもアレなんだが、まぁ、アレです、アジアです。で、通常、司会兼コメディアンというのが控えていて、ヘラヘラ踊っていたりするんだが、このコメディアンには大事な仕事がある。酔っぱらった若者が、ステージでエロい踊りを見せているネーチャンに興奮して襲いかかろうとするんだが、それを押し返すのが大事な仕事であって、こういうコメディアンというと、下世話なエロネタで笑わせていても、目が笑ってなかったりして怖いです。

で、最後にオマケです。ナマのステージというのは、まぁ、こんな感じです。リアルプレイヤーがないと見られないのでアレなんだが、まぁ、レアモノという事でw

コメント(18)

>ナマのステージというのは、まぁ、こんな感じ

マドンナとか黒人ダンサーはこれをパクったのか?

菊水丸は夏の盆踊りの時に1年分稼いで、あとは原則全部休日w

ラジオ番組を持つようになったのはだいぶたってからですね。

えんやこらせぇどっこいせぇ〜♪だったけ
菊水丸と言えばイラクでフセインの前で歌ったとか
地蔵盆はお菓子が貰える小学生までです 
神輿とか地車は半ケツ出したエロい
ヤンママが子供抱えて見物してるから目のやり場に
困ります

Fugeesを聴いていたら鉄砲光三郎を思い出した時があります。
間の手の入れ方がwww

>こういうのはTVで見るような演芸ではないわけで、子供の頃から年に一回は聞きながら、そのリズムで踊りながら育たないと理解できないものなんだと思う。

町田康とか読むたびにつくづくそう思う。

自販機本がブームだったころ、毎年錦糸町でもライブやってたよね。まだやってんのかなあ。

常光寺というとあの大阪市長の出身地・八尾ですな、
踊ってたのかな?

江州音頭の方は、
櫓(やぐら)にのってる衆が錫(しゃく)を持ち楽器にしているので 祭文語り を思わせるし、
踊っているのは 念仏踊り な印象。

ガキの頃から本物の河内音頭聞いて踊ってた南河内出身のウチが通りますよっと。

昔は盆踊りというと、本物の歌い手さんが来て、2時間くらい通しで歌ってた(途中ちょびっと休憩あり)。歌詞は時事ネタを織り込んだものでガキには理解できひんような怪しいもんもあったと思う。もちろん歌い手さん、その年によって違う。

ステップは2種類あって、最初はちんたら盆踊り風のから始めるんやけど30分もたたんうちにディスコ風のかなり早いステップにかわる。年寄も子供も皆それで踊る。

時には若いお姉さんの歌い手さんなんかもいて、子供心にめっちゃ粋でかっこよく見えた。菊水丸はうまくメディアに乗っただけで大しておもろい歌い手とは思わない。かっこよくないし。

北摂に来て初めての盆踊り。河内音頭を民謡同好会の人が5分くらいで歌い終わるのを聞いてめっちゃカルチャーショックやった。そんなん河内音頭ちゃうやん、ただのカラオケやん。以来行ってない。

ちゃんとした河内音頭だと、5分では、語り手の「自己紹介」の部分だけで終わっちゃうよね。本来は、自己紹介の後、やっと本題に入ってストーリーを語るんだが。モーラムも、延々30分くらい演るよ。よく似てるw

モーラムはこのスレで初めて知ったけど、フィーリングはまじそっくり。河内というところは言葉も人もちょっと他の地域とは違って堺以北では田舎モン扱いになるんやけど、似た文化が東南アジアにあって嬉しいw

河内音頭は歌とはちゃうねん。歌ってるのとは違うねんw

そうそう、ほんまに。なんかこう浪曲の語りみたいなとこもあって「演じる」要素も強い。

河内音頭が偉大であると感じたのは、八尾あたりが拠点だったかな、河内四国県人会の主な活動は河内音頭で踊ることである、と聞いた時orz。

毎日放送のお気に入りで、あの辻本清美さんとご懇意のかたですね。
個人的には音頭の歌詞があまりにも仕込みっぽくて、謹んで遠慮ですな。

ひーちゃんは河内音頭好きですなw
動画を観たら、太鼓の人とか、ちゃんとした芸のある人がやってるから伝統芸能なんですね。
私はあまり詳しくありませんw

そういえば自分が昔住んでた近所では、
アラレちゃん音頭でンチャチャッチャーで踊ってましたよw

>「一年を三日で暮らすいい男」www

先週オワっちったけど、えべっさんですねwww
テッポ節とか、河内十人斬りなんか定番ですが、こどものころ、ばっちゃんや近所のばぁさまたちがつかってた正統派の河内弁(よく似てる京ことばはこれの変性とおもわれる)は、はんなりといいですよwww でも、意味のわからない単語も多かったなwww 

ゆっくりちゃんとした音で話したらなかなかチャーミングな言葉やで。と、いうてもウチも古い河内言葉を自分ではよう使わんけど(いうてることはわかると思う)。
吉本の芸人さんらが泉州あたりの言葉とまぜこぜにして乱暴な勢いで使うからヘンに勘違いされてまう。あれほんまに、かなわんな。


テッポといえば、鉄砲光三郎でしたね。
友人が河内音頭大好きで小生も色々聴いておりました。
初めてテッポのLPを見たときにグラムロック(古いωω)、
今で云ったらビジュアル系顔負けの化粧に吹いたものでした。
河内長野駅前でタクシーに乗り、「テッポの家まで」というと
鉄砲光三郎の家に乗せてってもらえる…ホンマかいなぁ…等と
いう都市伝説めいた話もあったが、ホントでしょうか???
早くに鬼籍に入られた三音家浅丸という方を偲んだテープ
「浅丸のいない夏」というのを持っております。
浅丸という方は初めて河内音頭にギターを持ち込んだのだそうな。
前の二方と京山幸枝若のお三方が昭和中期を代表する音頭取り。
なかなか聴く機会も減ってしまいましたが、宮川左近ショーなど
をテレビで見かけると、何か河内音頭を思い出すのであります。

モーラムってインドのポップスと音頭の中間みたいな音列に
思えます。舞台や衣装の色使いも、そんな位置関係ですね。
言葉は判りませんが、とても楽しいなあ。
世の中、まだまだ面白いものが沢山ありますね。
ご教示に感謝! です。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山