忘れていいの~愛の幕切れ~

| コメント(12)




いきなりアフィでセクハラみたいな画像で申し訳ないんだが、「忘れていいの~愛の幕切れ~」という歌について。まずは、欧陽菲菲です。この人、もともと台湾で人気のあった歌手なんだが、日本に来てもずいぶん活躍した。今でも台湾では大歌手で、日本の歌謡曲をたくさんカバーしてます。この曲もその一つ。元はデュエットなんだが、アレンジして一人で歌っている。



おいら、この曲が大好きで、前からずっと練習しているんだが、途中で変調してハイポジションになるところが面倒くさくて、なかなか上達しませんね。元はデュエット曲で、谷村新司が小川知子のブラジャーに手を突っ込みながらとてもイヤらしい顔して唄っていて、おいら、TVで見て腰抜かした覚えがある。とんでもないセクハラ親父です。さて、これは欧陽菲菲のバージョンです。中国語です。なかなか難しい歌なんだが、さすがに上手です。


こちらが、本人たちのバージョン。あのオッパイ揉むシーンもあるんだが、ちょっと控えめですw 耳コピでコード書き起こしてみたんだが、デュエットといっても、圧倒的にオンナの歌う部分が多くて、あまり流行った曲でもないので、飲み屋のネーチャンと歌うのには適さないですw 後半盛り上がるんだが、前半がかなり押さえ気味なのも難しい。もっと派手にオッパイ揉んでたんだが、と思って探したら、ありましたw



伝説のシーンの再現。カラオケなので声が入ってないんだが、出演しているのは本人たちです。後半、ハゲが胸に手を突っ込みますw せいせいと突っ込んでますw 夜のヒットスタジオで大騒ぎになったシーンです。小川知子というのは、アイドル歌手として名前が売れたんだが、元は子役の役者出身。金曜日の妻たちにも出ていた女優であり、なので、セクハラ丸出しのハゲ親父にオッパイ揉まれても平然としてますねw 嫌な顔ひとつしない。若い頃、彼女の恋人であったレーサーの福澤幸雄が事故死した時には、夜のヒットスタジオで「初恋の人」を歌いながら泣き崩れたもんだが、人間というのは成長するもんです。



ところが、その後、小川知子は幸福の科学の信者になってしまい、広告塔やっていて音楽からは遠ざかる。オンナがメインの歌なので、ハゲは次々に違う歌手を連れてきて唄うんだが、どうもシックリ来ないw 石川さゆりが上手いのに異存はないが、どうも違う。つうか、石川さゆりが唄うんだったら、ハゲは要らないw



伊藤君子というのは知らなかったんだが、ジャズ歌手だそうで、今年66歳です。何故か、武蔵野美術大学の油絵科出身。小川知子以外では、この人のバージョンが良い。ハゲのセクハラ親父と、大年増で、なんともいえない味わい深いものがあります。

コメント(12)

>面倒くさくて、なかなか上達しませんね

面倒なんじゃなくて声が出ないんでしょ?www
それは、三島のスナックの中だけでお願いしますwww

>ハゲは次々に違う歌手を連れてきて唄うんだが、どうもシックリ来ないw

さりげなく、おっぱいを揉んだ時の顔がですか?www
普段揉まれてないBBAじゃないと良い顔をしないのでは?www

今ビーチFMでテレサテンさんによる北京語の日本歌謡曲歌唱聞きながら
ここ読んでます。何とも味わいのあるひと時になってます。
谷村さん向こうでは谷川さんなんですかね、ただの誤字?

私の持ち歌ですw
男・女・裏声使って両方歌えますw
自分じゃ分かりませんが、女の声よりしっくりいってるとかwww

 チンペイは小川知子がこの歌収録に来たとき胸が大きく開いた
服着てきて、
「手を突っ込みたくなりますよ!」と冗談言ったら
「じゃあ突っ込んだらいいじゃない」と大胆に返されたから
そういう振り付けにしたそうです。
 大胆な人だなとおもってたらその後、幸福の科学に入信して
大騒動起こし、「ホント、大胆な性格の人だな」
とチンペイは感心したんだよね。

私は宝塚出身の大地真央と禿のデュエットのこの曲が好きです。

ハゲハゲ言うな阿呆どもwおでこの方が髪の毛よりも少しだけ前を走ってんのじゃ(安本正義)


以前もここで見た書き子、余程気になる(あたまにきた)ネゲリさん。

>欧陽菲菲

欧陽菲菲が式場の御曹司と結婚したときは驚いた。その後どうなったかは知らないが、式場というのは、千葉や東京の下町では有名な病院で江戸川辺りや国府台、堀之内貝塚と小学生の遠足のコースの中に式場病院もあった。

>式場

式場壮吉じゃんw

伊藤君子さんは津軽弁で歌うジャズのアルバムも出してて、そんなのキワモノに違いないと思ったら、これがいい。
http://www.youtube.com/watch?v=epWuBjK8MHk
てっきり津軽のひとかと思いきや、香川県小豆島出身だそうで、さすがプロ。耳がいいんでしょうね。津軽弁の歌詞はオスカー・ハマースタイン2世の原詩を忠実に訳してます。

野次馬さんのライブで聞いて

すっかり魅せられてしまった事を、思い出します。

タイトルを教えて頂いて、練習してみましたが

難しいです。

ギターも歌も、若い時にしっかり基礎を学んでおけば良かったのにと

こんなに後悔した事はありません。

またのライブを楽しみにしています。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山