軍鶏弁当試作

| コメント(0)


初出/2012/03/04

IMG_2298.jpg

箱根の軍鶏を弁当にしようかと思うんだが、軍鶏弁当というと、日本一の寿司弁当で有名になった修善寺でやってますね。食った事もあるんだが、なかなかのもんです。舞寿司の天城軍鶏に対抗して、さて、箱根軍鶏をどう料理するか。とりあえず練習のためにスーパーで地養鳥買ってきた。胸肉は自分で刻んで叩いてミンチにしてそぼろ、モモ肉は甘辛く炒めます。


なんで挽肉使わないのかというと、箱根軍鶏売っているところではミンチの機械がないからです。しかも、いつもは冷凍しかないので、新鮮なナマは事前に予約しておく必要がある。取りに行く日を伝えておけば、締めてマルにしておいてくれます。まぁ、魚ではいつもアジのタタキとかやっているので同じ事、二本の出刃でトントコトントコ叩く。弱火で油を使わず丁寧に炒めて、味付けは、日本酒、味醂、砂糖、そして醤油。ちょっと不揃いだけど、肉の食感がほどよく生きたそぼろが出来た。

今回は、卵も地養鳥です。玉子のそぼろの作り方なんて書いてもしょうがない、このサイトの読者はベテラン主婦が多いので、おいらより上手だろうw 絹サヤもいつもと同じ。で、モモ肉なんだが、漬けてから焼くか、焼いてから味付けするか。今回は肉の旨みをそのまま生かすために、ほど良く炒めたところで、醤油味醂で味付けした。まぁ、いつもの鶏そぼろ丼のちょっぴり豪華版といったところです。

修善寺の軍鶏弁当は1300円なんだが、値段の高い軍鶏肉を使って、さて、いくらで作れるか? 玉子も軍鶏の玉子を使いたいところだが、贅沢すると材料費だけで修善寺に負けそうw これから色々と詰めて行きます。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山