「伊豆ちらし」400円

| コメント(3)


初出/2011/2/5

修善寺駅でのみ、売っている駅弁について、です。ここはJRの駅ではないのであまり知られてないが、鯵寿司では「日本一」と評された事もある。この頃では天城軍鶏を使った軍鶏弁当も人気。でも、この駅弁屋さんの実力は、わずか400円の「伊豆ちらし」にも存分に発揮されてます。


IMG_0306.jpg

日本一の駅弁寿司で有名な修善寺の『舞寿し』なんだが、土日限定メニューで「わさびシャモ飯」というのがあって、1300円とお値段も良いんだが、コレはぜひ、食してみたいもんだと、わざわざ買出しに行ったわけだ。ところが、まだ昼の12時だというのに残念ながら売り切れ。人気があるようです。

IMG_0308.jpg

その代わりと言っちゃなんだが、メニューの豊富な舞寿しなので、こんなモノがありまして、割と新顔なんだが、400円という格安で、「伊豆ちらし」です。

 地元の郷土料理「きりだめ寿司」をお手ごろサイズでつくりました。
ちょっとした腹ごしらえに最適です。

何やら魚のおぼろと、玉子とニンジンと、椎茸の薄切りを甘辛く煮たモノが乗ってます。あとは、タケノコ。実はコレ、中伊豆の直売所では昔からの人気商品で、今ではJAで山積みになっているんだが、コレばかりを13年間も作り続けている婆さんがいるらしい。

IMG_0310.jpg

左側が、直売所の「田舎寿し」です。右は修善寺駅の舞寿しで売っている「炊き込み弁当」。炊き込み弁当は、椎茸を甘辛く煮付けたヤツが乗ってます。あとはニンジンとタケノコ。ご飯が椎茸の戻し汁で炊いてあって、味付きです。

 しいたけ弁当のお手ごろサイズです。炊き込みご飯と椎茸をご賞味下さい。伊豆ちらしと同様、ちょっとした腹ごしらえにどうぞ。

こうして並べてみると、直売所の田舎寿しがずいぶん大きく見えるんだが、実は、「厚さ」が違うわけです。

IMG_0312.jpg

舞寿しの容器は小さいんだが、ご飯の厚さが倍くらい違う。なので、実質的な「量」というのは、そんなに大差ないです。値段はどちらも400円。味も大差ない。アジ寿司やシャモ飯みたいに贅沢というわけじゃないが、これもまた、伊豆ならでは、の素朴な味わいです。まぁ、直売所では地元の人たちが13年間に渡って毎日、100個ほども買い続けてきた味なので、間違いはないですね。

コメント(3)

小田原で食べたあじ寿司 美味しかったけど 本場でないのね?

ハイキングとかにもってこいのお弁当ですなあ 甘くて味こくて 容器もつぶれるけど 軽そうだし 競輪選手も食べていそう

鯵寿司はあっちこっちにある。小田原は古いね。甘みだけじゃない、塩と酢が強くて、アレはアレで悪くない。

ごめんなさい 鯖寿司でなく 「伊豆ちらし」のことです 甘いは、食べたときないので 見た目の感想です 失礼しました

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山