ちょっとだけよ、あんたも好きねぇ、という曲

| コメント(12)


初出/2012年2月27日 00:10



「チョットだけよ、アンタも好きねぇ」という曲の話です。今さら説明するまでもない、ドリフターズ加藤茶の持ちネタなんだが、ところでドリフターズというのはもともと自分たちで楽器を持って演奏するバンドで、所属するナベプロというのは、こういうバンドをたくさん抱えていて、キャバレーの仕事やら進駐軍の仕事やら、色々とやっていたわけです。おいらがしょっちゅう紅茶を飲みに行く喫茶店のマスターも、その末端に所属していて、かつては新宿の大箱キャバレーの専属だった。もっとも、ドリフターズやクレイジーキャッツ以外はコントなんかやりません。普通にキャバレーなどで有名歌手のバックやったり、ダンス音楽やったり。



で、「チョットだけよ、アンタも好きねぇ」というのは、もちろん正式な曲名ではありません。当たり前だ。正式な曲名は「TABOU」といいます。戦後、ペレスプラード楽団が来日して日本中にラテンブームが訪れ、この曲もヒットした。そうした中で、ストリップ劇場が官能的なリズムと旋律に目をつけて使ったのがきっかけで、いつの間にかストリップに使われるようになり、曲の名前は知らなくても特徴的なメロディーを聞けば誰しもがストリップを連想するようになっていた。



ただし、加藤茶自身は、ペレスプラード楽団の来日公演で「TABOU」を聞いていたらしい。つうか、こんな動画を見ると、意外にも加藤茶の原点がペレスプラード楽団のダンサーにありそうな気がするんだがw コレだけじゃない、ドリフターズはけっこう勉強家で、戦前の喜劇映画のマルクス兄弟とか、渋いところを押さえてます。例のヒゲダンスですね。



もっとも、「TABOU」がペレスプラード楽団でヒットしたというのも、実はリバイバルです。もっと昔、戦前の時代、レクォーナキューバンボーイズという楽団がヒットさせてます。この楽団は他にも「アマポーラ」とか、たくさんのヒット曲がある。日本でラテン音楽が流行るのは戦後になってからなんだが、アメリカでは既に戦前から流行っていた。ラテンのレクォーナキューバンボーイズとか、タンゴのオルケスタティピカビクトルなど、各地の民族音楽がポップスとなってレコード化され、聞かれるようになった時代です。



日本では、それが戦後になっていっぺんに入ってくる。雪村いづみです。16歳で、ジャズとか英語の唄を上手に歌いこなす天才少女だった。



こちらは浜村美智子。デ~オ、イデデイデデ♪のバナナボートで一躍スターになった人だが、もともと高校生の頃からヌードモデルやってたとかいう話もある。気合の入った、いい歌手だったね。これらの歌手が歌っていた時代には、まだこの曲にストリップのイメージはなかったと思う。



青江三奈です。1971年なので、既にストリップのイメージがあったかも知れない。青江三奈というのもJAZZアガリの人で、「ニューヨークのため息」ことヘレン・メリルに対して「伊勢佐木町のため息」と呼ばれた。もっとも、ヘレン・メリルも実は長いこと日本に住んでいたんだけどね。


これはまた、コレクターズアイテム的な一品なんだが、完全に「タブー」という曲がエロ的なイメージになったところで吹き込まれたモノですね。「成人向き」とか「ヘッドホーンでお聴きください」とか「恍惚」とか書いてある。最近はこういうネタ系CDとかはないのかね?

コメント(12)

大蔵ざらえなんですか。

> 「TABOU」

『タブー (Taboo (英)、Tabu (英など)、Tabú (西)、Tabou (仏) )は、』
(ウィキペディア)

ガキの頃よく足上げてマネしたなあw

>ガキの頃よく足上げてマネしたなあw

今はおやりにならないのデスか?

>ガキの頃よく足上げてマネしたなあw

今はおやりにならないのデスか?

大事なことなので2回?   (連投申し訳ありません。

今は止められるのでは?w

>今は止められるのでは?w

周りが?

見たい?w

どんな名曲でも使われ方によって変なイメージがついてしまう
けっこう残酷ですよね
例えば、うっとりショパン聞いてて突然太田胃散が出てくる
あれの実行犯は無期懲役ですよ俺的にはw
摺りこみっておそろしいですね。

どんな名曲でも使われ方によって変なイメージがついてしまう
けっこう残酷ですよね
例えば、うっとりエチュード3番を聞いてて突然富田靖子が出てくる
w
摺りこみっておそろしいですね。

ドリフト言えば、ズンドコ節の「ズン ズン ズン ズン ズンズンドコ」というコーラスのところ、何か元ネタがあるんでしょうか?
昔、一度だけ、ローカルテレビの旅番組のBGMで、コーラス部分だけ、そっくりのフレーズを聴いたことがあります。
曲調から、50年代末から60年代前半にかけての黒人コーラス(後期ドゥーワップか早期ソウル)のように思ったんですが。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山