花の舞

| コメント(3)


DSC_0575.jpg

静岡県というのも、隠れた酒処として結構名が売れて来たんだが、そんな中でも「コンビニでも売っている」というレベルの酒が、「花の舞」です。おいら、ここの社長と話した事があるんだが、多分、メインバンクは政策投資銀行ですねw かつての中小企業金融公庫なんだが、あすこは政府系で、かなりの優良企業でないとカネ貸してくれないので、まぁ、経営的にはうまく行ってるんだろう。静岡県ではどこでも見掛ける酒で、この、花の舞・純米酒も、四合瓶だったらコンビニで売ってます。静岡県限定なのかも知れないがw


花の舞 純米酒 1800ml【静岡県】花の舞酒造(株)

花の舞 純米酒 1800ml【静岡県】花の舞酒造(株)
価格:1,869円(税込、送料別)



初出/2011/2/12

ここも創業が1864年というので、古い酒蔵です。ここの特徴としては、すべて静岡県産のコメを使っているという事で、山田錦というらしいが、まぁ、そんな意味でも、静岡県を代表する「地酒」です。で、水は南アルプス赤石山系の地下水だそうで、さて、味は?というと、「癖がなくて、飲みやすい」とか言われるんだが、日本酒度が3度というから、ほんのちょっと辛口。おいらとしては、呑み慣れた味なので、まぁ、こんなもんか、としか思わないんだが、それだけに料理には合わせやすい。

日本酒でない時には、おいら、白ワイン、それもシャブリ限定なんだが、まぁ、そんな感じで。花の舞・純米酒は四合瓶で1019円なので、値段的にも手頃。実は、おいらにとっての日本酒というのは飲む物ではなく、調味料なので、そうそう高い酒は使えないw とはいえ、市販の料理酒だと味の素が入っていたり、塩が入っていたりするので、何のために日本酒使ってるんだか判りませんね。料理酒でなく普通のアル添日本酒だったら塩は入ってないが、化学調味料の類いは入ってます。ちなみに料理に日本酒を使う理由というのは、酒に含まれている「アミノ酸」の旨みを期待するわけです。なので、化学調味料の「旨み」に頼った安い料理酒使うくらいだったら、それこそ味の素でもフリカケておけばいい、という事になる。ます。まぁ、醤油も味醂も日本酒も、それこそピンからキリまであるので、せめて「本物」を使いたいものです。

コメント(3)

魚介類の煮物は酒を替えるだけ凄い味が変わる。

コンビニへの積極展開は、せめて縣内限定であつて欲しい。何よりイメージの惡化が。

http://www.hananomai.co.jp/profile/company.html

濱北の酒を伊豆グルメとして御紹介戴けるのは有難いとして(こゝろはシゾーカグルメだらうが)。


イヤイヤ、料理酒の話と云ひ、社長に好感を抱かなかつたのではと勘繰り。
佐渡の北雪を基準とする當方にとつては皆甘口だが。。。

冬は純米酒のぬる燗ちびちびやるのがいいよね。
アルミのチロリを買ったので毎晩2~3合一人で楽しんでます。
このお酒は今度コンビニで買ってみる。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山