沼津の地酒「白隠正宗」

| コメント(10)
ban_gurm.jpg

IMG_0696.jpg

初出/2011/3/15



江戸時代の有名な坊さんで「白隠」という人がいるわけだ。こんなエピソードがあるんだが、

白隠の檀家の未婚の娘が妊娠しました。シングルマザーでも颯爽と生きる女性もいる現代ではありません。ふしだらだと世間から白眼視されます。怒った父親が相手は誰かと問い詰めました。余りに責められたて、娘は白隠だと答えました。父親は白隠の所へ怒鳴り込みました。白隠は何の言い訳もせず、生まれた赤子を引き取って育てました。師は堕落したと去っていく弟子もいました。

白隠は子を可愛がりました。3年が過ぎ、娘は良心の呵責と我が子恋しさに、遂に耐えかねて、父親に嘘をついていたことを告白しました。父親は仰天して、白隠に謝りました。白隠は「そうか」と子を娘に返しました。

で、近所の不良娘たちのあいだでは父親の判らない子供を「白隠さんの子だ」と嘘つくのが流行ったので、白隠さんは「隠し子がたくさんいる」と噂された事もある、というんだが、まぁ、アレだ、浮浪雲みたいな、そんな人柄が浮かびますね。

白隠 慧鶴(はくいん えかく、1685年1月19日(貞享2年12月25日) - 1768年1月18日(明和5年12月11日))は、臨済宗中興の祖と称される江戸中期の禅僧である。諡は神機独妙禅師、正宗国師。

駿河国原宿(現・静岡県沼津市原)にあった長沢家の三男として生まれた白隠は、15歳で出家して諸国を行脚して修行を重ね、24歳の時に鐘の音を聞いて悟りを開くも満足せず、修行を続け、のちに病となるも、内観法を授かって回復し、信濃(長野県)飯山の正受老人(道鏡慧端)の厳しい指導を受けて、悟りを完成させた。また、禅を行うと起こる禅病を治す治療法を考案し、多くの若い修行僧を救った。

以後は地元に帰って布教を続け、曹洞宗・黄檗宗と比較して衰退していた臨済宗を復興させ、「駿河には過ぎたるものが二つあり、富士のお山に原の白隠」とまで謳われた。 現在も、臨済宗十四派は全て白隠を中興としているため、彼の著した「坐禅和讃」を坐禅の折に読誦する。

正宗国師というのは、明治天皇からいただいた諡号で、臨済宗の中興の祖と呼ばれてます。この、白隠さんの教えというのは、内観法とか寝禅とか、森田療法にも通じるモノがあってなかなか興味深いんだが、ちなみに森田療法の森田博士というのは養子がいて、たしか裾野あたりで森田病院という精神病院をやっていたと思う。森田療法というのはちょっと宗教的な傾向があるんだが、ノイローゼとか神経症の治療には効果があるらしい。まぁ、興味のある人は自分で調べて下さい。

さて、前振りが長くなってきたんだが、ちっとも酒の話にならないんだが、話はこれからです。よく、酒の名前で「正宗」というのがありますね。菊正宗とか、力正宗とか。あの「正宗」の由来なんだが、

「正宗」とは仏教の経典「臨済正宗(りんざいせいしゅう)」に由来し、「正宗(せいしゅう)」が「清酒(せいしゅ)」と語音が通じるところから、 1840年に「正宗(せいしゅう)」と名づけましたが、何時の頃からか「まさむね」と読まれるようになりました。
「正宗」の名声があがるにしたがいその後酒銘に「正宗」を使用するものが増え「正宗」は清酒の代名詞となりました。
1884年商標条例施行の折、弊社は「正宗」を登録しましたが政府は「正宗」を使用した酒銘が多いことを理由に「正宗」を普通名詞としました。

臨済正宗から「清酒」とダジャレで掛けて名付けられた、というモノらしい。まぁ、普通の人は、有名な刀鍛冶の相州伝五郎入道正宗の斬れ味にちなんでつけられた、と思うんだろうが、まさか坊さんの事だったとはw で、清酒の代名詞でもある、数ある「正宗」の中でも「正宗中の正宗」とも言えるのが、今回の「白隠正宗」だ。やれやれ、前振りが長いぞ、こりゃ。

それでは白隠正宗の正宗は?
朝廷が白隠禅師に贈った国師号「正宗国師(セイシュウコクシ)」に由来します。

国師号とは高僧に対して皇帝(朝廷)から贈られる諡号の1つであり、特に皇帝の師への尊称です。
明治に入り朝廷より使者として国師号「正宗国師」を携えて山岡鉄舟がやってきた時に口にした酒が弊蔵の酒で氏により白隠禅師の白隠と正宗国師の正宗で「白隠正宗」と命名していただきました。

白隠禅師に朝廷から「正宗国師」の諡号が贈られた時、その使者としてやってきた山岡鉄舟が、原町でこの酒を飲んで、「白隠正宗」と命名したというんだが、まぁ、そんなわけで、まさに、白隠正宗こそ、正宗中の正宗であるわけです。

高嶋酒造というのは小さな蔵元で、当主はまだ30そこそこの若い熊さんですw この人も東京農大の醸造科ですね。静岡の蔵元は農大醸造科が多い。先代は、実はまだ健在です。EM菌の研究とかやっていて有名な人らしい。EMBCの複合発酵で、汚泥も残さず、微生物による核融合原子転換でダイオキシンから放射能まで消えるというんだが、まぁ、一部では詐欺師扱いされたり、信者がたくさんいたり、汚泥の不法投棄で捕まったりしてます。まぁ、バイオというか、発酵とか腐敗のメカニズムというのはいまだ解明されてない部分が多くて、その技術も錬金術みたいに「秘伝のタレ」みたいな部分が多くて、教科書通りにはうまく行かないわけだ。理想的に作用してくれれば、たしかにダイオキシンも放射能も除去できるのかも知れないが、自然がいつも理想的に働いてくれるわけではない。そもそも「発酵と腐敗の違いは?」とか言い始めると、またしても本題から外れるので程々にして、さて、白隠正宗です。

高嶋酒造というのは、元は網元をやっていて、幕末から酒を造りはじめたという小さな蔵元です。今は静岡酵母のNEW-5で全ての酒を造っていて、おいらが買ったのは誉富士の純米なんだが、誉富士というのは有名な山田錦の突然変異種で、静岡が産んだ新種の酒造好適米だ。平成17年から試験栽培というので、まだ新しい品種です。白隠正宗の特別純米は、この誉富士を60パーセントに精米し、日本酒度+3、酸度1.7に仕立てたもので、まぁ、典型的な静岡の酒なんだが、しっかりした骨太の旨みが感じられて、さすがに「正宗の中の正宗」と呼ぶべき証拠として正直な酒です。沼津のアジの開きなんぞを肴に飲みたいね。

コメント(10)

最近はお酒を呑む若い男は減ってます。特に20代の男 まだ20代の女性は呑めるのだけど・・・・・その上に日本酒を呑む男は希少人種になりました 日本酒の売上は年間に一升瓶30本も売れません。
日本酒用のお燗する機械は破棄処分いたしました。
流行らない 焼き鳥や報告です。

今年のはじめに高島社長とお話をする機会があったんだけど、熱い人でした。
町おこしで酒米を作ってるグループが高島酒造に委託して醸造してもらう、という企画に外部で関わったのですが、いい酒を作ることを最優先したい社長と、町おこしを経費をかけずに賑やかにやりたいグループリーダーとで行き違いが発生して、出来上がった酒は…白隠正宗のにおいのほとんどしないものでした。

ちょうど白隠の展覧会をやっていますね。NHKの日曜美術館で見たのですが、かなり多才な坊さんだったようで、見に行こうと思っています。展覧会のサイト
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/12_hakuin/index.html


>白隠は何の言い訳もせず、生まれた赤子を引き取って育てました。師は堕落したと去っていく弟子もいました。


↓当時の週刊誌の記事

<驚愕スクープ 白隠に隠し子がいた!> 松田賢弥右衛門

臨済宗中興の祖として絶頂期にあった白隠はパーティーで独身女性と知り合う。女性は白隠の子を身ごもり、反対を押し切って男の子を生んだ。取材班はわが子と離ればなれに暮らす母親を訪ねた――。


<引退勧告スクープ 白隠 檀家からの「絶縁状」> 松田賢弥右衛門

隠し子発覚の後、白隠の行動を見て、臨済宗の為になるどころか、 害になることがはっきりわかりました。白隠は世間の目が怖くて弟子と一緒に逃げだしました。

最近雑誌なんかで白隠さんの禅画なんかを特集で扱ってるけど、流行ってるの?裏でみうらじゅんがうごいてるとか。

日本酒が売れないのは、メーカ自身の問題だよwww
インチキなマズイ酒を売ったからさwww
次はビールだねwww
インチキな物をつくってりゃ、そりゃ売れなくなるよwww
不味いんだ物www

 日本酒ほど冷やしても温めても美味い、1年を通じて美味しく飲めて
大抵の料理にも合う酒はないのにね。
 やっぱ手を抜いた「三倍酒」なんて作ってたら見捨てられるわな、
でもちゃんと作った美味い日本酒はプレミアがつくほどの人気だからね
でもそれで「十四代」みたいな変な状況になってしまうのもね・・・。

 普通に美味い日本酒を適当な値段で年がら年中楽しみたいね。

つか、醤油やら味噌に合うwでは?w
あと生臭系ww

根菜類の煮物みたいにお腹いっぱいになる料理にも良いw
ビールみたいな炭酸系は無理ww

>「隠し子がたくさんいる」とwww

 これゎ、よいハナシを聞かせていただきますた. 
「子がたくさん」といえば昨年来、DVからの緊急避難や親の行方不明などで保護されているこどもたちやたくさんの関係者と接する機会がありまして、実際に童謡♪赤い靴よろしく、昨年、よく懐いてくれたひとりの女の子が米国人夫婦の養子として引き取られていったことを思い出します. 
 今宵は久しぶりに米酒一献逝こう佳奈www 気の強かったみ**が、いま現在も、これからもずーっと笑顔が似合う、やさしいおんなのこでありますように・・・

>「隠し子がたくさんいる」とwww

隠してないピエヒの事も思い出してあげてくだしあw

クソみたなアキオwwwwwwwwwwww

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山