麻木久仁子は美人だった

| コメント(28)
IMG_5682.jpg

先週の土曜日なんだが、東京でちょっとしたパーティーがありまして、おいらも出席したんだが、司会が麻木久仁子です。TVで見ている分にはあまり気がつかないんだが、生で見ると、只者ならぬ美女です。顔が小さくて、身体が細い。手足が長くて、まるで浅田真央みたいだ。さて、なんでこんなパーティーにおいらが出ているのかというと、コレです。

成毛眞のもとに集った精鋭レビュアーによるノンフィクション書評サイト〈HONZ〉の年間ベストを集大成。 メンバー間の互選で第一位に輝いた『理系の子』、第二位『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』、第三位『ナチスのキッチン』をはじめ、『さいごの色街 飛田』『河北新報のいちばん長い日』『地球全史』『神は数学者か?』『スパイス、爆薬、医薬品』『見て見ぬふりをする社会』『地図から消えた島々』など、精選150冊を紹介。 いま読むべき本はここにある!

この本の出版記念パーティーだ。成毛眞という人は、アスキーの出身らしい。年齢からして、遠藤くんとかの同僚という感じか。本はたくさん書いているが、肩書きは「実業家」ですね。



ところで、この本で紹介されているノンフィクションの中で、おいらが興味を持ったのがコレです。

「中ノ鳥島」という島を知っているだろうか。この島は1908年に日本領であることが宣言されたにもかかわらず、1946年に島が実在しないとして、海図から抹消されてしまったという島である。この本は、このような存在が疑われ地図から消されてしまった、日本近海のいわば「幻の日本領」とでも言うべき「疑存島」について取り上げた一冊である。
まだ読んでないんだが、Amazonで注文しようと思う。クリックひとつで翌日届くんだから、便利な時代になったもんだ。つうか、かつては書店で注文しても2週間以上待たされたもんで、そんな殿様商売やってりゃ、書店が潰れるのも当たり前だよね。というわけで、今月はAmazon強化月間ですw ところで、おいらの本もそうなんだが、「地図から消えた島々」というのも、ネットから出て来たネタだ。

地図から消えた島、
沈没したという伝説の残る島、

現われたり消えたりする不確実な島――
そんな怪しい島々を巡る、
ちょっと不思議な物語。
リンク先にある「幻想諸島航海記」というのが、元ネタらしい。とはいえ、全面的に書きなおしているようなので、やはり本は買わなきゃ。つうか、ネットでは書く方も垂れ流しで書くので、読んでいてもまとまりがなくて、なかなか頭に入らない。それが、「書籍」という形にまとまると、著者も時間をかけて考えをまとめるので、読みやすい。書籍というのは後世に残る物なので、気合いが違うのだ。



さて、そんなわけで、おいらの本です。古くからこのサイトを見ている人は知っていると思うんだが、ネットで連載した記事をまとめて書きなおした物です。この本が、ノンフィクション書評サイト「HONZ」に取り上げられて、その中からまた選ばれて、「ノンフィクションはこれを読め!」にも取り上げられた。

本書は著者のエロ本編集者としての体験と重ねながら、戦後から現在までのポルノ雑誌の歴史を紐解いている。ただ、本書の「ポルノ雑誌」とは単なるエロ本ではない。一般の書店を通さない販売ルートで売られていたエロ本だ。本屋を通さないと聞くと、怪しい雰囲気がぷんぷん臭うかもしれないが、別に暴力団の資金源になるような無修正本ではない。通販や自販機などで販売されていたエロ本だ。人々がエロに飢えていた時代、今や、すっかり歴史の表舞台から消えてしまったが、通販や自販機売りで十数万部を売り上げていたエロ本も少なくないのだという。本書にはこうした「エロ本」の勃興から衰退までの歴史が詰まっている。
書評ランキング中で7位だそうで、おいらごときがベストテンに入るなんざ、おこがましいというか、勿体ない限りなんだが、まぁ、そんなわけで、生芸能人の美人を眺められて良かったです。

コメント(28)

麻木久仁子はクイズ番組出ると大人げないくらいに「勝ち」にこだわりますよね。以前ラジオで伊集院光がつっこんでましたけど。「面白けりゃいーじゃん」とね。
そいう子供っぽいところスキです(笑)でもキツイのかなw

某氏にとっては大桃より良かったんかいなw

>古くからこのサイトを見ている人は知っていると思うんだが
おいらも古い部類に入るのかw
エロイ部類には確実に入ると思うけどwww

ロリコンだからBBAは嫌いなのでは?www

あっ!名前が好きなのか?ww
麻木クンニ子www

昔、テレビのつぼを観てました。あの頃から大桃はクソ生意気でしたw

麻木久仁子はそれなりに美人でないとちょっと困る。というのは戦場ジャーナリストのパートナーになる女性はカッコ良くなくてはいけない。
もっともこの場合のジャーナリストというのは、くだんの山路徹氏だったりするわけで、ロバート・キャパとゲルダ、ピンキー、イングリット・バーグマンの組み合わせにはだいぶ負けるけど、山路徹と麻木久仁子、大桃美代子というのも和風というか当世風なのではないかと思ったりする。

ところで、山路氏だが、聞いたところによるとあまり深く考えない人らしく、昨年の原発事故の際は、ペット救助にいそしんでいたそうです。
もうちょっと他にやることあったんじゃないかな。

さらにいうと、大桃美代子から金子信雄経由で東ちづるを思い出したが、どちらもひと癖のある美女であった(過去形)。お嫁さんにしたい女優ナンバーワンというのも微妙なものである(仁科亜季子とか)。

>戦場ジャーナリストのパートナーになる女性は

西原理恵子・・・

麻木久仁子は俺らの世代だとオールナイトフジだった。
確かに美人だったよねぇ(あっ今もか)

山路氏は昨年の原発事故の時、日本のジャーナリストで一番最初期に
南相馬市に乗り込んでインターネット中継していたよ。
外の放射線量が4~6μSv/hの環境で市立病院等の医療機関をレポートしてた。
原町駅前の旅館に若手市議や消防団よんで
屋内退避を続けるべきか
屋内避難が妥当か
早急に他地域に避難すべきか
南相馬市に何が必要かと
2時間以上に渡り議論をしていた。
そのときの映像はAFPのHPにありますよ。

「大桃、あいつだけはアカン」 明石家さんま

御免、成毛滋と見間違いたっ! (ωω
成毛滋さんは2007年に他界されていたのですね…合掌。
wikiで見たら、彼はなんとブリジストンの創始者の
孫であり、尚且つ鳩山兄弟の従兄弟だったんだなあ…
あ、すんまそん勘違いのまま引きずってしもた。 (ωω

ペンタ刑事さん

山路氏のこと、ついちょっと茶化し気味に書いてしまいました。
氏の仕事についてもある程度知っているので、以前から自分なりに取り上げていました。
http://eeldog.blog12.fc2.com/blog-entry-229.html
http://eeldog.blog12.fc2.com/blog-entry-516.html
正直言うと、もっといろいろやってほしいわけです。

でも、まあ勢いで動くところはあるらしい。以前サーバ配信のサポートをしていた知人が言っていた。
そうでないと被災地にすぐ乗り込むことも出来ないとも思ったり。
またそこがかっこいいんで、もてるわけなんでしょう。

サイバラが美人かどうかは意見が分かれるところでしょうが、かっこいいような気がする。
「うつくしいのはら」(たぶん代表作になる)を見てからそう思うようになった。

ところで、西原から麻雀経由で白夜書房に連想を延ばすと、あの末井さんが白夜を退職したようですね。
これは日本写真史に残る出来事のはずだが、あまり話題にならんようで。

サイバラは美人だよ。
まだ結婚前に、おいら、至近距離で見て、話もした。
今でも和風のいい感じのオバチャンです。

西原さんは若い頃美人だったと思うよ。
そういえば西原さんが噂の整形医師と相撲観戦してたわw。だいぶ前だけど。土俵にすごく近い良い席だったからテレビに映ってたw

テレビで平気で「おまんこ」とか言うおばさんですねw

西原理事長w

皆テレビとかで見て美女インフレ起こしてるのよ。
テレビでそこそこ綺麗な人は現物見たらめちゃくちゃ綺麗なんだってば。AKBだって大半の現物は綺麗なんだって。
でも麻木さん真ん中で髪を分けるとババア臭くなるよね。

以前、成毛眞さんから研究室へ直接電話が掛かってきました。
秘書に掛けさせない、珍しい方だな〜と思ってお取次した記憶があります。
電話を受けた教授が「私の教え子なんだよ」と嬉しそうに話してました。


サイバラ姐に全裸で手足を拘束された状態で「お前のチンコちっちぇーな」って罵倒されたい願望がありますw

>山路氏は日本のジャーナリストで一番最初期に南相馬市に乗り込んで
インターネット中継していたよ。
そして
>原発事故の際は、ペット救助にいそしんでいたそうです。
なので
「山路さんは優しく男らしい人」と子供を作る機会に恵まれなかったおばさんたちが
南相馬に押し寄せました。

道鏡よ それは膝かと上皇云い…この場合の上皇は孝謙帝であらせられる。膝が入るのだから、それこそ、広大無辺の大御心と謂わねばならぬ。「お前のチンコちっちぇーな」って罵倒されたら、「お前ぇのがデカ過ぎんだ」と言い返すべし。虐待が更に酷くなる可能性もあるが。

成毛眞は、以前マイクロソフト株式会社(MSKK)で社長を
していてあまり評判は良くなかった。
だけど、もう忘れ去られてるんだなぁ。

>道鏡よ それは膝かと上皇云い

道鏡とかラスプーチンみたいな巨根だったら、3本目の足も披露して「ワレワレハカセイジンダ」

道鏡は着物、ラスプーチンはローブ。2人とも裾を頭の上で巾着縛りにして「ワレワレハカセイジンダ」ごっこ。愉しそう

>裾を頭の上で巾着縛りにして

それは、女子高生だけにしてwww

がんばれゲイツ君の愛読者としては、成毛眞はネタ以外の何者でもないwww

オオモモサン、カオヒシャゲテマス。ハナヒンマガッテマス。
ナオスノムズカシイデス。ナオスト完全別人ニナル。キヅクトキモってナルカ、慣れルカ、両極端。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント

  • とりとり: オオモモサン、カオヒ 続きを読む
  • 北斎: 幕末の、麻木久仁子に 続きを読む
  • 上昇: がんばれゲイツ君の愛 続きを読む
  • 海DON: >裾を頭の上で巾着縛 続きを読む
  • 伊井暇幻: 道鏡は着物、ラスプー 続きを読む
  • 花魁テディベア(ウイルス製胃腸園改め): >道鏡よ それは膝か 続きを読む
  • pon@スターリンは、エベンキ族をどこに送り込んだ?: 成毛眞は、以前マイク 続きを読む
  • 伊井暇幻: 道鏡よ それは膝かと 続きを読む
  • シーベルトの子守歌: >山路氏は日本のジャ 続きを読む
  • 花魁テディベア(ウイルス製胃腸園改め): サイバラ姐に全裸で手 続きを読む

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山