パチクリ殿下と住吉会

| コメント(4)
司法ジャーナルでMS氏が書いてるんだが、ミャンマーについてです。あちらは日本と違って、お墓を作らないらしい。確か、タイでもそうです。タイ人はお墓を作らない。中国人は作ります。
2005年ヤンゴン都市計画により日本人戦没者墓所が移転させられました。
ヤンゴンの化野とも言うべき場所です。
テラダワヤ仏教は仏教本来の教えで輪廻を認めていないせいかミャンマーに墓地はありません。
キリスト教や中国人の墓地もヤンゴン郊外焼き場周辺にあります。
その時にミャンマーの人々を驚かせた慰霊碑が建てられました。

住吉小林会を中心に建てられた英霊慰霊碑がそれです。
勧進元は国府(長谷川)正男氏。

国府氏は現在鹿屋特攻隊記念碑を建設するためにNPO法人アジア戦没者慰霊教会を設立して活動中です。
その特攻隊記念碑の設立に協力していたのが前東京都知事石原慎太郎氏です。
リンク先には写真が掲載されているんだが、巨大な自然石に「鎮魂」とあり、その台座には、途方も無い大きな文字で「日本国 福田晴瞭 二〇〇五年4月 建立」とあります。このデカい文字の福田晴瞭というのは何者なのか? Wikipediaによれば、

平成10年(1998年)6月・住吉会理事長住吉一家小林会二代目会長の福田晴瞭は、住吉会会長西口茂男に指名され住吉会会長となった。
建立当時は小林会二代目、現在は住吉会会長です。更に、慰霊碑の横には、あと何人かの名前が並んでます。長谷川(国分)正男とありますね。この人物は誰なのか?

 本日の主役はもう1人の青年社出身者=国府正男氏(アジア地域戦没者慰霊協会・理事長)である。先月末、単身でミャンマーへ旅立ち「とにかく戦没者慰霊碑を建てる」ということを実行した人である。ミャンマーには敷地4,500坪の日本人墓地があるそうで、その中に四百坪を確保して土台造りに着手したのだ。

 「国府氏が過去に犯した罪」(拳銃不法所持、拳銃発射、拳銃密輸等)を指して冷笑する人もいるが、その反省から国への恩返しを思い立っての行動であり、何よりも20年の歳月を塀の中で過ごし、身体で税金を支払い、償いは終わったのである。

20年間刑務所に入っていたというから、まぁ、それなりの人物ではあるだろう。今ではすっかり心を入れ替えて真人間になって、特定非営利活動法人 アジア地域戦没者慰霊協会の理事長だそうです。で、ここにはシンタロ閣下もご挨拶寄せてますw

 多くの特攻隊員が飛び立って再び帰ることのなかった最後の地であるこの鹿屋に、貴協会が特攻慰霊碑を建立して特攻英霊の慰霊をすることは大変意義のあることと思います。
 これからの日本を背負っていく次世代の若者にこの史実を伝えていくためにも、特攻慰霊碑の完成を心から期待するとともに、特定非営利活動法人アジア地域戦没者慰霊協会のますますの発展を祈念し挨拶といたします。

2011年(平成23)年9月吉日  石原慎太郎
まぁ、そういう事ですw

コメント(4)

慎太郎閣下は自ら手を汚さないから、汚れ仕事を引き受ける黒子がいるそうだ。黒シール事件の秘書 栗原しかり、チンピラ紛いの浜渦副知事しかり、尖閣防衛の為に物騒な武器弾薬をフィリピンで調達差し上げた西崎しかり。

特攻というのは、【軍部の相対的無能】により将来ある若者たちを無駄に消耗した、いわば私的作戦であって、極右の立場としては全く肯定評価できぬものだ。
「軍部の相対的無能」とは、戦争継続を主張しながらも実際には、戦線維持が出来ない状態を謂う。負えぬ責任を負える振りをすることこそ、最悪の背信行為だ。軍部は、自分たちの無能が、敗戦降伏という決定的な形として表現されることを、ただ恐れる故に、若者たちを犬死にさせた。
特攻とは、将兵の生還が絶対に不可能な作戦である以上、そもそも近代軍の常識を逸脱した、思想的重大転換を経ているにも拘わらず、昭和大帝の裁可を経ていない。
すなわち将兵の私物化であって、大不敬に当たる。天皇陛下の軍隊を預かる者として、深刻な逸脱行為であり、反逆である。しかも軍隊の私物化すなわち私的な命令であるから、正統な権限内の行為ではないので、大量殺人事件であった。其の責任や、万死に当たる。犠牲となった若者たちの英霊は、無能な参謀本部と軍令部の犠牲者であり、深い同情を以って篤く遇されなければならないが、責任者の責任は追及されねばならない。
もしも右翼を気取りたいなら、其処等辺から鮮明に提起してもらわんとな。

え〜と、イスラム教徒を忘れないで下さい。で、奇妙な回廊を通って来日した連中が
会話に支障が無くなると「今度、難民認定を受けようと思ってる」と言い出します。
あー、そうですか。。。
現在、若マンコを絶賛引受中なんで、インテリの皆様は結婚とか子作りなどという
利己的な思想を捨て、納税額のアップに努めて下さい。 世界平和のためです。

ありゃ、明治維新利権一味の糞共の悪足掻き。故に末裔の糞共が毎度お馴染みの粉飾宣伝大暴れ。まぁ、触れようもんなら騒ぐ騒ぐ、お騒ぎーの大暴れー。
なんでー?そりゃ不味いからー、自分たちの糞シナリオ以外で語られると。
何故?その糞シナリオが糞だから。

あんなものは、徴兵なんて事を人を使ってやろうとする糞共から出てくる発想、自らの命乞いを兼ねた。武士道なんかとは関係ありませんから。

古今東西、日本の侍も西洋の騎士も、職業軍人は皆命を大切にします。職業倫理を持つ者は皆命を大切にします。
戦闘は、命あっての物種。命が無けりゃ、戦えません。どうやって、大切なものを守る事ができましょうか。

とにかく、自分の命も人の命も、粗末にする奴等は糞です。倫理観の無い糞共です。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山