米久のお弁当

| コメント(2)


IMG_5192.jpg

今日は晩飯ひとりなので、出たついでに弁当買って来たんだが、天神屋です。

テンジンヤ(てんじんや)は、静岡市駿河区に本社を置く、日本の弁当・惣菜販売のチェーン店。1954年(昭和29年)創業。2001年(平成13年)からは米久の傘下になった。正式社名は「天神屋」である。静岡県を中心に展開しているが、2008年(平成20年)4月には神奈川県相模原市に出店した。同県愛甲郡にもテンジンヤの工場が設立され、今後は関東地方に出店する予定。おむすび、静岡おでんが有名。
静岡では弁当というと天神屋が強くて、ずいぶん昔からあるチェーン店なんだが、今では米久傘下ですね。もっとも、その米久も麒麟麦酒の傘下であり、しかも株式が麒麟麦酒から三菱商事に移されているので、これもまた三菱グループに入るのかも知れない。

写真のは「秋のおかわり弁当・秋の味覚」というヤツで、520円です。夕方だったので、100円引き。お弁当には味噌汁が付きます。ところで、天神屋はオニギリが名物で会員になると84円で買える。6のつく日は74円です。お弁当は、いわゆるコンビニ弁当のガッツリ系とは違って、和食のヘルシー系ですね。肉団子が入っているが、コレは米久の得意とするところだ。ミニおはぎと栗が入ってます。天神屋が米久に買収された時には「味が落ちた」という人もいたんだが、おいら、そんなしょっちゅう買ってるわけじゃないので、判りません。まぁ、今後は関東地方にも展開するらしいので、首都圏の方もお目にかかる機会があるかも、です。これから高齢化が進むと、一人暮らしの老人とか増えて、こういう年寄り臭い弁当の需要も増えるかも知れないね。

コメント(2)

この記事読んで、6時過ぎ、近所のスーパーに行ったら、ちらし寿司弁当94円で売ってたから買ってみました。
カロリー源と思えば悪くないですが、毎日は食いたくない。

谷田の遺伝研坂下に天神屋ができた頃、客はお金持ちそうな人が多かった。もとが鮮度重視の八百屋さんだったせいかもしれませんが。
貧乏な私はポテトの売れ残りを主食にしていました。

おっ、無料のお味噌汁付ですね。
お弁当もいいなぁたまには。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山