寒い季節の炊き出し定番・豚汁をベーコンで

| コメント(11)


IMG_5086.jpg

豚汁というのは、当然ながら豚肉で作る。普通はバラ肉です。脂身が多くて、良い出汁になる。豚肉以外で豚汁を作るという例は寡聞にして聞いたことがないんだが、唯一、例外はベーコンだ。ベーコンでも豚汁は作れる。むしろ、ベーコンの方が濃厚な出汁になるので、都合が良いかも知れない。で、やってみました。

話は今度の土曜日、沼津港でBARがあって、おいらも船上ライブで参加するんだが、ミュージシャンが三組、その他のスタッフまで数えると20名近い連中に晩飯を配給しなきゃならない。そろそろ夜は寒くなる時期なので、ここは暖かいモノがいいなぁ、というわけで、豚汁です。炊き出しの定番だね。オニギリと豚汁で、腹もいっぱいになるだろうし、身体も温まる。はたしてベーコンで美味しい豚汁が作れるものか、ここは試作です。

一般的に、スーパーで売っているベーコンはホンモノではない、「豚肉のベーコン風」なので、そういうベーコンだったらバラ肉とさしたる違和感なく使えるのは想像がつく。ところが、おいらが最近ハマっている本物のベーコンだと、さて、どうなるか? かなり燻製臭が強烈なので、あるいは合わないかも知れない。そこで、ここは試作のためにベーコンのみで作ってみた。まず、ベーコンを炒めて、そこに椎茸投入。事前に下茹でしていた人参、里芋、大根、蒟蒻など、季節のお野菜を炒めて、ベーコンから出た旨みをしっかりと食材に絡める。そこに、おいらの場合は「宗田節」で引いた出汁を注いで、基本的な構成はそんな感じです。宗田節というのは、ソウダガツオで作った削り節で、ボディのシッカリした出汁が取れる。豚汁は豚から出汁が引けるので、鰹節などの出汁は要らないという意見もあるんだが、最近の若い人は濃厚な化学調味料の旨みに慣れているので、出汁は複数、色々と組み合わせて使うべしというのが、おいら流B級グルメの鉄則ですw かなりの強火で野菜を煮込んで、旨みを抽出。ベーコンも、溶けて姿がなくなるほどなので、とても濃厚な汁になります。ほどよくなったところで、味噌を溶かして味付けして行く。普通の田舎味噌と、赤味噌、白味噌のミックスです。こういうのは、ミックスで使うと味がまとめやすいね。

写真には写ってないが、ここに豆腐とネギを散らして完成です。豆腐は事前に水抜きしておくと、味が染み込みやすい。あまり早くから豆腐を入れると、崩れてしまうので、要注意。で、味なんだが、ベーコンだけなんだが、十分に実用になるレベルです。ただ、ベーコンは溶けて消えてしまうので、そこが物足りない。豚のバラ肉でも同じように溶けてしまうだろうから、ここは、厚めに切ったバラ肉を別鍋で煮て、直前に合わせるのが良いかも。ずいぶん贅沢な豚汁になりそうだが、たくさん作るので、お客さんの分まであるかな?

コメント(11)

根菜好きです。

豚汁をベーコンでかぁ~。
美味しそうだ、今度作ってみよう。デパ地下でちょっとお高め
のを買って。
こちらの昼間はまだ暑いので、作り置きするのはちょっと心配
だから、もう少し寒くなったら大鍋にいっぱい作ろう^^。

肉じゃがも良いっすよwコンソメ風味でww

肉じゃがは、塩肉じゃがに限る!

野次馬さん、ぜひ塩肉じゃが食してみて下さい。
作り方はお出汁を入れるとこまで一緒。味付けは
塩だけ。ちょっと濃い目に作るといいです。ぜひ^^。

冷薫が高嶺の花の自作派には、温薫のベーコンは王道!
煮物用途には、塩抜きを控える手もありかな

ベーコンで豚汁!
よござんすね!

http://bio-matsuki.com/life/2518/

自作のベーコンも良さげです。
うちの子供も作ってくんねえかな。

カツカレー丼で有名な新宿の王ろじの豚汁がベーコンでしたね。

柴田錬三郎が丼と一緒に食っているのを見かけたことがあります。

結局、いいベーコンを手に入れたかったら、自分で作るのが一番かと。
燻製しないならパンチェッタ(もどき)に。
材料はアメリカ産の豚バラ(100gで78~98円ぐらい?)がおすすめ。
脂身ばっかりの国産豚バラと違って、メリケンのは赤身部分が多いです。

>脂身ばっかりの国産豚バラと違って、メリケンのは赤身部分が多い

そうそう。でもアメリカの養豚場で豚に発酵させた糞みたいな泥状の餌に与えるシーンをテレビで見てから、なんだか買う気がしない。

>アメリカの養豚場で豚に発酵させた糞みたいな泥状の餌に与える

野次馬さんは男前様、どうもです。
昔の(今も?)中国では、人間のウ○コを豚の餌(の一部)に与えていたそうです。
かの飯山一郎先生も、暗に奨励されています。
人間のウ○コを豚が食べ、その豚を人間が食べ、そしてまた人間のウ○コを豚が食べ…のリサイクル。
その頃は「人間も豚も健康だった」と。飯山先生のお言葉ですから確かでしょう。

これは見直してもいいかもしれないシステムかもしれませんネ。

料理の話題に関して、あまり言いたくない話ですが、豚と犬を飼っている所
(中国から東南アジア~インド北部あたり)では豚も犬も放し飼いのため、
人間のなにを犬が食べ、犬のそれを豚が食べています。
ネパールのシェルパ族は豚嫌いで、犬など絶対食べません。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山