二の岡フーヅのスモークド・アイスバイン

| コメント(5)


IMG_5032.jpg

御殿場というのはハムで有名なところで、「御殿場」の名前を冠したハムは色々とあるわけだが、米久とか、そういう大手は別として、御殿場のハムの元祖になったのが、今でも手造りハムの伝統を守っている「二の岡ハム」です。時は昭和の初期に遡るんだが、御殿場は東京から東海道線で行ける涼しい避暑地というので、外国人に人気の別荘地となる。二の岡フーヅのあるあたりは、アメリカ人が多く住んでいたために「アメリカ村」と呼ばれていたそうです。

 当時はまだ、日本では米国のような食生活があまり普及してはおらず、ましてや二の岡に至っては産業といえば稲作や養蚕くらいなものでした。彼らの欲する食材はほとんどなかったのです。そこで彼らは自分たちで養豚組合のようなものをはじめました。それが二の岡フーヅの前身なのです。このアメリカ村にボールデンさんという宣教師がおり、ボールデンさんはここに居住して地域の産業的伝導に尽くし、養豚の普及、ハム、ソーセージ等の食品加工法を地域に伝授してくれました。
 昭和初め頃にはハムの本格的な生産が始まりましたが、戦争の足音が高まり昭和11年にはボールデン夫妻も日本を離れることになりました。その時この味と技術を守ろうとしたのが初代主人、芹澤正策でした。
 もう亡くなられたボールデンさんが帰国の船の中で書かれた手紙と同封されたボールデン夫妻の写真は今も大切に保管しています。そして、もちろんアメリカ村の手作りの味は今でも固く守られています。
稲作と言ってもこのあたり、陸稲と呼ばれるあまり美味しくない米が多くて、ちゃんと美味しい米を作れるようになったのは、割と最近です。戦争で米国人は去ったものの、その後も夏の避暑地として御殿場は多くの別荘を抱え、ハムやソーセージの需要はあったらしい。

 戦前よりの製法を変えずにいまだに手造りにこだわっています。塩漬け、塩抜き、水切りはもちろんの事、ハムは一人ひとりの手でセロファンに包まれ、天じく木綿で、更にタコ糸でていねいにしっかりと巻かれていきます。また、燻煙に使う薪や、火の燃え方、煙の、回り具合にも気を使っています。手作業がゆえに、指の力加減、火入れの強弱で仕上がりが微妙に変化するのです。こうして、ひとつずつゆっくりと出来上がっていくハムの味は、時間とひとの手とまごころの力が作り出した本物の味なのです。
沼津西武でも売っているそうだが、基本的にはよそには出荷せず、工房に付属した売店だけで細々と売られている。ひっきりなしにお客さんが訪れて買って行きます。おいらも御殿場行ったついでに買って来ました。スモークド・アイスバイン。豚の筋だらけのスネ肉を、骨付きのまま煮てハムにする。しっかりと燻製してあるので、酒のツマミにも良いですね。小さなナイフでこそげ落としながらビールとか飲んだらシアワセな気分になれます。

IMG_5046.jpg

さて、そんなスモークド・アイスバインなんだが、酒のツマミだけにしておくのは勿体ないというので、サラダに使ってみた。いつもはメインの料理がおいら担当で、サラダと女衆に適当に作らせる事が多いんだが、今日はおいらの自作です。

まずは、葉っぱなんだが、いつものようにレタス。セロリが冷蔵庫の隅に残っていたので、それを細切れに刻む。あと、オカヒジキというのがあったので、

食用になり、若い葉や茎を茹でて食し、しばしば栽培されている。 海岸に自生しているものは、生で齧ると塩気が効いてキャベツの浅漬けのような味がする。 本種そのものは特に味に主張が無くおひたしや和え物などとして食す。
基本的には雑草で、特に味はないんだが、見てくれが面白いので、これもトッピング。キノコ類としては、マッシュルームを散らす。周囲には、糖度の高い函南のトマト。で、ドレッシングだ。

いつもは女衆に任せると、市販の出来合いドレッシングを使う事が多いようだが、おいらは自作します。肉なので、カラシがいいだろう。今回はイタリアン風のドレッシングをアレンジです。ベースになるのはワインビネガー。玉ねぎをすりおろして、レモン汁をタップリ、胡椒もタップリ、塩ちょっぴり、です。オリーブオイルは好き好きで、ノンオイルでも悪くない。

辛子入りのドレッシングがピタッと嵌って、濃厚なスモーク風味の肉が美味しく食べられます。ちょっと贅沢なサラダです。今夜のメインは薄っぺらで安い黒はんぺんのフライなんだが、メインが貧弱でも、これなら大満足。で、そんなスモークド・アイスバインなんだが、一本で1400円です。500gくらいあるんだが、半分は骨とスジなので、精肉にして売ったら幾らにもならない。まさに付加価値で勝負というわけで、大資本の安売り競争に巻き込まれずにコツコツと手造り伝統の技で、実直な食べ物を作り続けて生き残ってきた、そんな二の岡フーヅのスモークド・アイスバイン、おすすめです。

コメント(5)

「二の岡ハム」ですか。
そのまんま、
日本ハムに左遷されたモナ岡のことかと思ったのは私でけではないはず。

美味しそうだ~~。

>小さなナイフでこそげ落としながらビールとか飲んだら
 シアワセな気分になれます。

うん、これはそう思う!肉でも魚でも骨に近い部分って美
味しい。だから魚のアラとか大好き♪
私はアルコールがダメだから、こういう時ってアルコール
外の飲み物って何がいいんだろう?ミネラルウオーターじ
ゃ味気ないし、炭酸水を飲む事が多いけどこんな美味しい
物とじゃこれも味気ないし、何かお勧め飲み物ってあるか
な~。


>ボールデンさん

ドイツ系ダメリカ人、或いは、ダメリカに移民したドイツ人でしょう?

欧州からダメリカへ移民した多くは、東海岸北部が中心だと思われているがそうでもない。フランス系の移民で有名なニューオリンズへ、大量のイタリア系の移民が直接的に入植していたり、北部中西部では未だにポーランド系とスウェーデン系の移民対立が語られていたり、マイアミへは南米とスペインから直行便で大量の移民が流れ着いている。

数百年前から現代社会を拒否し全く同じ生活を営むペンシルベニアのアーミッシュの人々。大恐慌が起きてもアーミッシュは最強です。
http://www.youtube.com/watch?v=iP__eMZliKE&feature=related

以前、毎年夏になるとYMCA東山荘で、おもしろくもなく、無駄に過ごす会議をしていたんですが、帰りがけ二の岡でソーセージ買って帰るのが、唯一の楽しみでしたっけ。。。
とてもおいしかったですね。

ウチのお子様はYMCA東山荘で
おもしろくて充実したキャンプを
たくさん経験しました

今はついでに
鈴廣でカマボコを買います

アウトレットあたりは混むので
夕方以降しか通らないけど
コストコが出来たらもっと混むのかな?

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山