下記口座に50万円お振込下さい

| コメント(11)




社団法人ネットシールズの阿部と申します。

弊社は著作権者より委託を受け、ネット上での違法著作物の削除代行並びに違法アップロード及びダウンロードの取締りを行っております。
貴殿のIPアドレスにおいて、違法にアップロードされたファイルがダウンロードされている事実を確認いたしましたので、著作権者に代わりここに通知いたします。
ご存知の事と思いますが本年10月1日より、違法ダウンロードにも刑事罰が実施され、有罪であれば『2年以下の懲役または200万円以下の罰金刑』が課せられる事となりました。
これは、Youtubeやニコニコ動画などの動画サイトにおいて、視聴した場合も含まれます。
しかしながら、著作権法は親告罪であり権利者は現状、示談を望んでおられます。
つきましては、示談に応じるのであれば、2週間以内に下記口座に50万円お振込下さい。


「こういう詐欺メール絶対くるぞ 」というサイトですw つうか、法律の条文によれば、CDをMP3に変換するだけでも違法だというんで、おいおい、iPod使えないじゃんw つうか、おいらのiPadもiPhoneも違法なのかよw という、実に時代錯誤な法律なんだが、時代に逆行する事、この上ない。まぁ、上記サイトは冗談なんだが、間違いなく、便乗した振り込め詐欺が出てきそうw


コメント(11)

ダウンロード詐欺?ですかWありそうです。
ついでに(社)ダウンロード詐欺防止協会もできますね。

まっとうに働いている人は、職にもよるけど慣れればある程度
ルーティンをこなしているだけだけど、犯罪者というか法律に引っかかるような仕事をしてる人は、ほんとすごいよく考えてる。そして行動してる。
こういう面はちょっと尊敬しますw

こういう知恵を、お国のために使えば良いのに。例えば詐欺は返済能力など客観的に要件を満たせばよく初犯で死刑にするよう法整備をすすめるとか。
確かに違法ダウンロードは、著作権法違反とはいえ、窃盗に近い。厳しく言えば、コンビニの立ち読みも、概略を見た後に買えば良いけれども、そうでなければ万引き/窃盗に近い。商品としての本体は情報であって紙の束じゃないんだから。偉そうに週刊誌なんか立ち読み/窃盗しているオヤジのナリしたバカガキどもが生み育てた、バカガキ・ダッシュが違法ダウンロードするとて、本人たちを責めるのは酷かな、と。まずは立ち読みしているバカガキ・オヤジどもを取り締まり、著作権協会とかエイベックス関係者なら其の場で射殺せんと、示しがつかん{その他は放免}。
まずは印税を増やし、その後で著作権云々を論議してほしかったな、と。気に入ったアーチストのCDは必ず金出して買うけど、それはアーチストに対する御布施のつもり。数パーセントしか渡らないのは納得いかない。業界は旧態依然のママ、消費者側の倫理のみ厳格化するってのは、どうも頂けない。勿論、文化は多様性が大切だから多く花咲いている方が良いけれども、それは、それぞれ独自の個性を輝かせている場合の話。売れるからと似たり寄ったり、結果として有象無象の多数化なら、統合スリム化した方が、解り易くて良い。乱暴な意見ですが、法改正自体、詰めが甘いというか、釈然としない所が残るので。

やはりオイラの見立てどおり、反日暴動は薄熙来だけでなく習近平も主導してたようだな。

次期主席として、反日の結果中国バブルが崩壊したことにすれば人民への説明としてもっともらしく喧伝できる。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33667

 9月1日、習校長は、このような「反日的訓辞」を垂れた後、校長室で、刷り上がったばかりの党校機関紙『学習時報』の「新学期記念特集号」に目を通した。そして、満足げに肯いたのだった。

〈わが国はこの10年間で、幹部の腐敗がはびこり、国民の生活格差が深刻になり、いまや多くの庶民が生活苦に喘いでいる。こうしたことは毛沢東時代にはあり得なかったことで、「改革開放」の名の下での過度の対外妥協政策の副作用である。中国共産党は、図らずも党の根本理論にそぐわない『失われた10年』を過ごしてしまったが、この秋からは正しい指針を持った新時代を迎えるであろう〉

尖閣諸島近傍の漁業に関する日中の黙認関係について

佐藤優氏が尖閣諸島近傍のEEZ内の漁業関係について、自民党橋本政権下の外交書簡について問題提起しています。
(但し彼は沖縄の血を引いているために、その分析に沖縄基地問題は冷静さを失うので注意が必要と思われます)

日中漁業協定(正式名称「漁業に関する日本国と中華人民共和国との間の協定」)
http://www3.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdf/A-H12-343.pdf

同漁業協定の「第6条」(同協定の適用範囲を規定)、及び「漁業に関する日本国と中華人民共和国との間の協定第6条(b)の水域に関する書簡」(具体的な法秩序の行使)について、通常の外交慣例ではありえない、取り交わしが行われているようです。
つまり、こと「漁業」に関しては、「日中両国はそれぞれ相手国の漁船対して自国の国内法を適用しない」ことを両国がそれぞれ一方的に宣言(相方確認せず云いっぱなし)しています。
つまり、尖閣領海近傍の日本側EEZ内で、「漁業」については日本の法律では支那の漁船を取り締まれない訳です。
(民主党政権だから・自民党政権だからなんて関係なく、全く凄まじい内容です)
これじゃ「領土係争地域」が存在していると暗喩してるようなもので、「竹島」問題を国際司法裁判所で、日韓漁業協定の存在を責め口にする戦術も苦しくなりますね。

佐藤優の眼光紙背
http://blogos.com/article/46928/
「1997年11月11日付の小渕書簡があるため日本政府は尖閣諸島周辺の中国漁船を取り締まることができない」

ラジオ番組
【佐藤優】尖閣に関する新たな発見 H.24.9.21
http://www.youtube.com/watch?v=dUMO0_Cu-AU
http://www.youtube.com/watch?v=0MCj23q5hPc

この週末に同氏の公演があるそうです。
http://www15.ocn.ne.jp/~gungaku/2012satou.pdf
(恐らく上記の内容を敷衍した内容の公演だと思います)

棚上げの”密約”を公文書化した、と解してゐる。

引き續き(灰色)漁業權を認めるならば”棚上げ”の密約が有效であつたものを、勇ましくリセットした(リセット扱ひに及んだ)都知事の所爲でかうなつたと。


ホニャララ財團等、ジャパンハンドラーズ共の掌中にあると云ふ變らぬ理解。
都知事が莫迦なのか、選んだ都民が莫迦なのか。


”輿石内閣”を戴く我々國民も大概であるか或いは。

まぁあの時も都知事は「海保職員が銛で刺された」とのネット情報を拡散したりもしましたねぇ。でも先陣切ったのは前なんとかさん。責任とって、お二人に収めていただきましょ。特に前なんとかさんは、此処で中国を圧伏すれば、きっと首相になれるよ。有耶無耶ながらも実効支配を続けてこられたのに、勝てる公算があったから、わざわざ喧嘩売ったんだろ。お手並み拝見。

ギタリスト(っちうより現代音楽家といったほうが適当?)のJINMO氏は、随分っと早くから、音楽会社を通さずにDLによる直接販売を行っていたなぁ~。

まぁ、音楽自体はレコードが誕生するはるか以前から存在してるわけで、レコード会社が無くなっても音楽が無くなることは無いだろ。むしろ古い体制にしがみつくことでしか生き残れない人達は遅かれ早かれ淘汰されていくのが世の中の法則。

現金鍵 さらにちやりの鍵 こまってます  検索したら あつたので、 神奈川県座間市相武台1-17-1 しゃとれそうぶだい201 菅原鈴鹿 あすにも。

現金鍵 さらにちやりの鍵 こまってます  検索したら あつたので、 神奈川県座間市相武台1-17-1 しゃとれそうぶだい201 菅原鈴鹿 あすにも。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山