箱根西麓牛!

| コメント(4)


IMG_4778.jpg

箱根西麓牛というのが出荷されるようになったらしい。箱根山麓豚というのは前から有名で、偽物が出るくらい売れているんだが、牛は知らなかった。つうか、愛鷹牛というのがあって、伊豆牛は市場に出荷しない、大仁の平井精肉店だけの直売なので、もともと三島・沼津ではブランド牛といえば愛鷹牛だったわけです。ただし、伊豆牛が平井牧場だけで作っている独自ブランドなのに対して、愛鷹牛というのは長泉あたりの何軒かの農家の共同ブランドです。また、黒毛和牛と交雑種と両方作っている。箱根西麓牛も似たようなもんで、三島函南農協肉牛部会のブランドです。ここも、黒毛和牛と交雑種と両方作っている。交雑種というのは、黒毛和牛と乳牛を掛け合わせたもので、成長が早くて安く売る事が出来ます。ただし、脂はさほどでもなく、赤味が多い。実は伊豆牛もこのF1交雑種で、交雑種でありながら、伊豆の高級旅館やホテル、レストランでは絶大な人気を誇る。伊豆では、神戸牛とかの和牛を使う店はほとんどないですね。高級店だったらどこでも伊豆牛。この、伊豆牛の成功に触発されたのが、愛鷹牛であり、この箱根西麓牛というわけだろう。

また、豚となると競争は熾烈で、箱根山麓豚は言うまでもないが、今では恵比寿豚、愛ポーク、和豚もち豚など、幾つもブランドが乱立、ちなみにおいらが良く買っているのは愛ポークです。牛も豚も、値段的には普通にスーパーで売っているような値段で、実際、地元のキミサワやカドイケでもこうしたブランド豚を普通に売っているわけで、伊豆というのはなかなか贅沢な土地です。

ところで、昔はどこの農家でも、牛や豚を飼っていたもんです。特に豚は残飯食って現金になるので重宝がられた。農家では、豚を売って得た収入というのは、主婦の数少ない現金収入だった。米とか野菜とかは本業なので、主婦の稼ぎにはなりません。それが、戦後の食生活の変化で、豚肉が盛んに食べられるようになると、大規模な養豚事業がはじまる。割と最近までやっていた人の話だと、養豚は物凄く儲かったらしい。つうか、今でも儲かるんだが、公害問題で継続が難しくなって来た。臭いが出るので、その対策が大変なのだ。一方で、外国からは安い豚肉がどんどん入ってくる。養豚業者の廃業が相次いで、わずかに残ったのが、今のブランド豚の業者たちです。住んでいる人の少ない箱根に集中しているのが特徴で、養鶏所もあります。いずれにせよ、値段の競争になったら勝てないので、付加価値を高めてブランド化するしか生き残る途はない。とはいえ、伊豆みたいな田舎では、高すぎても売れない。というわけで、そこそこ安くてそこそこ美味しい肉が作られるようになったというわけです。

牛は、豚と違ってどちらかというと堆肥を作るために飼われていたらしい。化学肥料の普及してない時代、牛を飼って牛糞を肥料にするというスタイルの農業があったわけです。なので、どの農家でも牛を飼っていた。もちろん農作業にも使えるし。それが、明治に入ると牛乳を飲むという風習が入ってきて、三島でも乳牛を飼うようになる。いまでは丹那盆地が盛んだが、それ以前には、三島のあちこちで乳牛が飼われてたらしい。これも時代の変化で、伊豆では丹那盆地に集約されて行くんだが、あすこは丹那トンネルを掘った時に底が抜けて水が出なくなってしまった土地で、水田が作れなくなったので、今でもJRから毎年、その補償金をもらっているらしい。その他にも、何かと政府から便宜を計ってもらっているそうで、多額の補助金があるのでやって行けるんだ、とかいう人もいる。ああいう乳牛というのも、年取って牛乳の出が悪くなると、潰されて肉になります。いわゆる国産牛というヤツ。国産で安い牛肉というのはコレですね。でも、安さで勝負となると、ここでまたしても外国産には敵わない。もちろん品質では神戸牛とか、古くからの産地には敵わない。そこで、そこそこ安くてそこそこ美味しい肉をめざして、F1交雑種が作られるようになった。

例の、だいいちハムさんちで扱っているんだが、今年の6月から売出しというので、三島ではまだ新参です。ランプで幾らとか、モモで幾らとか聞いてみたんだが、伊豆牛とたいてして変わらないか、ちょっと安いくらい。とりあえず切り落としを買ってみたんだが、伊豆牛の切り落としは異常に安くて188円とかなんだが、ここの切り落としは250円くらい。ちょっと高い? いや、伊豆牛が安すぎるんだろう。シンプルに、セロリと炒めてみました。オイスターソースで味付けて、黒胡椒。柔らかくてシッカリと牛の味がして、良い肉です。手頃な値段なので、伊豆牛の良きライバルに育って貰いたいもんです。

コメント(4)

大昔、台中の日本食屋でスキヤキを頼んだとき、顔見知りの店主から「ここで買える牛肉はソレだけだから我慢しろ」と言われたのを思い出す。喰ってすぐに判ったのは「牧草の味」w。
確かに牛肉が人気のない土地柄なんで、豪州産の最低品質しか流通してないとしても、これほど際立った経験は無かった。 
海外でスパイスや香草が普及した背景に、素材のボロ隠し的な意味合いがあったとすれば、素材の味がモロに出る和食文化圏で餌や交配にこだわる魔改造が繰り返されるのも判る。
 
それにしても、うまそうです。

美味しそうですね。

> 海外でスパイスや香草が普及した背景に、素材のボロ隠し的な意味合いがあったとすれば

↑、、あっ!

> それにしても、うまそうです。

あー

これはおいしそう。

私も買ってみよう☆^(o≧▽゚)b
ランプとすね肉同じ調理法で試してみたい。

又、美味しいビーフシチューが食べたい!

三島に住んで居て良かったぁ~~

野次馬さん、いつも貴重な情報をありがとうございます

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山