簡単につくれるレディメード素材の押し寿司

| コメント(6)


IMG_4445.jpg

押し寿司の試作です。鯖はもちろんなんだが、簡単に作れるレディメードの具材を購入して、バリエーションを増やしてみた。手前左から、海老、焼き穴子、ままかり、上の左側からサーモン、鯖、小鯛です。全ての具材の上には、白板昆布が乗せてある。白板昆布は100枚で売られているんだが、



ここでは3696円となっているが、おいらが買ったのは2100円だった。同じ会社なんですけどね。もっとも、おいらの方は送料が高かったり、色々と手続き上の差があるのか、あるいはサイズが違うのか、そこら辺は不明。つうか、ネット通販は会社のサイトを探して、Amazonや楽天を経由しないで直接購入した方が安くあがる場合もあるね。2100円だとして、一枚21円という事になるんだが、実は寸足らずで、一枚ではカバー出来ない。1枚と1/3必要です。まぁ、28円という事だな。ままかりとはあまり聞いた事のない名前かも知れないが、
ままかりは関東では"さっぱ"と呼ばれています。にしんの同類です。岡山県など、瀬戸内海海岸ではこの魚を"ままかり"とよんでいます。「まま」は「まんま」⇒ご飯の事で、この魚の酢漬があまりにも美味しい為、ご飯を借りても食べたいと言う事から、この名前がつきました。
おいらのよく行く魚屋で、惣菜として売っているモノです。小さな魚を三枚におろして、甘酢漬けにしてある。業務用としてAmazonでも売ってますね。



Amazonで売っているヤツは、ニンジンの細切りが入っているだけだが、おいらが買っているのは



「とびこ」がマブしてある。ままかりがkgあたり2100円、とびこが5480円なので、まぁ、一本の押し寿司に使う量は知れたものなので、100円するかしないか、くらいだろう。つうか、レディメードで味付けしてあるし、簡単でいいね。




海老は、鮨屋用に茹でて開いた状態で売られている物です。



Amazonにもあるが、おいらが買ったのはもっと安かった。まぁ、100円回転寿しでも定番なので、これもまた原価は知れたもんだ。Amazonの品物で、30尾850円なので、1尾あたり30円弱。5尾くらいで一本出来ます。玉子を錦糸にして合わせてある。黄色とピンクで色が鮮やかなので、味はともかく、こういうのも入れると賑やかだ。

焼き穴子は大きくて立派な物が、680円だった。1尾で二本は取れないが、一本には余る。この中では最も原価が高い。まぁ、それだけに、美味しいです。満足感がある。オーブンで炙って、少し焦がしてやる。

小鯛は、三枚におろして酢締めしてある品物です。Amazonでも似たような物を売ってます。



「時期によりますが樽の中には14枚前後の小鯛が入ります」とあって、樽がふたつで2760円だというから、一枚あたり100円くらいか。コレが二枚、ないしは三枚で一本作れます。これも味がついてるし、そのまま使えるので簡単便利。

サーモンというのは、子どもや若い人には絶大な人気です。値段も安いね。一本あたり200円くらいだろう。サクで買って、使いやすい厚さに薄切りにして使います。紫玉葱が挟んであって、爽やかな食感だ。また、〆鯖と並べると、色の違いもコントラストがあって良い。

さて、〆鯖なんだが、今日は沼津であがった平鯖があった。380円でよく肥えてます。半身で一本なので、190円。サーモンと代わりばんこに食っても負けない脂の乗りです。やっぱり、鯖が主役だな。

というわけで、具材は150円から300円、穴子だけは別格でちょっと高くて450円くらいで一本が作れます。使うご飯の量は、6本作って4合だった。だいたい一本が一人前なので、色々取り混ぜても一人前の一本分で平均350円程度の原価です。なんだよ、100円回転寿しより安いじゃないかw

コメント(6)

かわいらしいですなw

大規模なネット通販の会社にいた立場から言うと、amazonはピンハネひどすぎだけど、価格に転嫁しても売れるから乗っけちゃえ。
あとは楽天にしてもamazonにしても価格更新ツールで赤字にならない範囲で最安値に張り付くように設定しとけ。
自社HP?それなりの値段で出しとけば買う奴は買うし、値段にうるさい奴は楽天やamazonの方が安けりゃそっちで買うだろうし、放っとけ。
だいたいそんな感じでネット通販の値段は決まってます。

楽天(元は旅窓)で検索して、そのホテル名で検索すると、HPから予約した方が安い例は非常に多いwww
つか、安くするから楽天から注文しないでくださいとか言われるしwww

タイヤ屋だと直接発注で値引きしてもらった方が良いよwww
少なくともタイヤ処理費用ぐらいは安くなるwww

白板昆布は使い勝手が良い感じ。
家庭だと、器具さえあれば握りより押し寿司の方が完成度高くて美味しいものが作れそうだ。

オニギリ作るより簡単です。
出来合いの具材を買って来れば、もっと簡単です。子供にも作れます。

そんな野次馬さんにはこちらがお勧め。

『若生昆布』 
春先に採れる薄い昆布です。海苔の代わりにいろんな お料理に使えます。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/umaiyo-takano/yt-94.html

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山