テングサを買いに行く

| コメント(5)


IMG_4415.jpg

松崎町の誇るB級グルメ、川のりコロッケです。川のりというのは、河口付近の汽水域で真冬に採れる海苔の一種で、独特の香りがあります。おいらも「出汁巻き卵」に入れてみたら、香りが良くて正解でした。松崎の川のりに限らず、こうした天然物のノリというのは、年々価格が上昇する。一枚1000円以上です。あまりに高価なので使い方に工夫が必要で、まぁ、こうしてコロッケや出汁巻きの入れるというのは、ちょっぴりで済むので、コストパフォーマンスが良いかも知れない。



IMG_4385.jpg

天草を買いに、松崎まで来たわけだが、歩いていて発見したのが「アサイミート」という肉屋で、川のりコロッケの幟に惹かれて覗いてみたら、ずいぶんと品揃えの豊富な店だ。肉だけじゃない、「パイナップル・チリソース」とか、不思議な食材も置いてある。

IMG_4387.jpg

三島には「三島コロッケ」というのがあるが、アレはメークインを使っている以外にはとりたてて取り柄のないシロモノなので、こうした地域の特産物を活かしたコロッケというのはいいね。親父はアイデアマンらしいので、これからも期待したい。

IMG_4389.jpg

さて、昼飯時なので、豊崎ホテルの食堂である「民芸茶房」へ。ここでは、以前、コーヒーを飲んだ事があるんだが、コーヒーにもキビナゴの干物を炙ったのが付いて来るので驚いた。今日は本格的なランチで、「刺身定食」2100円です。イカの沖漬け、山葵の茎の三杯酢、ひじき、漬物、トコロテンの小皿が並び、もちろんキビナゴも付きます。キビナゴは一人分が4匹です。

IMG_4397.jpg

ご飯とワカメの味噌汁。さて、お刺身は、まずは生の桜海老が出ました。こういうのは季節物なので、いつもあるとは限らない。漁期を外れると、食べたくても食べられません。

IMG_4405.jpg

金目鯛、イカ、鯵など、地元の魚を中心とした刺身盛り。ちゃんとした山葵を使ってます。量はそんなに多くもないが、とりあえず満足できる量ではある。

IMG_4407.jpg

となりの建物では干物を売ってます。ここの干物は自家製天日干しで美味しいです。また、この正面には松崎漁協の売店があります。

IMG_4409.jpg

漁協の駐車場では天草を干してました。ずいぶん質の良い天草です。今日一日、このあたりをまわった結果では、天草の相場は100gで最安値400円から最高値800円まで。まぁ、Amazonの最安値でも100g580円なので、そんなもんだろう。ちなみに、最も安かったのは土産物屋ではなく、地元の食料品店です。

コメント(5)

うーん、松崎は今年の冬に仕事で2回行って、自分たちで探したり、地元の人のおすすめの店にも行ってみて、正直微妙だと思ってたのですが、ここに書かれてる話はまったくノーマークでした。
松崎もああ見えて、と言ったら失礼かもしれませんが、いろいろと店があって、その中からこうやって面白いネタを拾えるところが、目が効く人と効かない人の差なんでしょうね。

また微秒なコロッケの写真w

2年くらい前だけど、その「民芸茶房」で昼を食べました。まさに同じ刺身定食。そのあとカメラ片手に松崎をウロウロして、やたら暑い日だったのを覚えています。松崎はあと、蔵を改装したギャラリーカフェがあって、展示を見物してからコーヒー飲みました。カフェというのに海鮮丼もあって、なかなか好評みたいです。今度行ったらぜひ食べてみようと思ってます。ここで写真展やってみたいと思ったのだけど、ちょっと遠いしで個展はきつい…。野次馬さんや他の方々、そのうち一緒に写真展やりませんか♪

> B級グルメ、川のりコロッケ

「B級グルメ」とは獣肉内蔵系中心かと思っていました。
「川のり」って何だか上品な感じもしますが(B級ではない、A級とか)。川の上流で、、、、、

>野次馬さんや他の方々、そのうち一緒に写真展やりませんか♪
三島・沼津・伊豆をテーマにやっちゃいたいですなぁ('A`)

最近、写真ネタが富士山ぐらいでしたね。
もっとこう盛り上がるようなネタを投入したですが、
私はPM4000PXを手に入れたぐらいで
(あとはシンクパッドタブレットとフォトショタッチを導入)
あんまりですしね('A`)

ネトゲ読者で
メリルとか買った猛者はいないんですかね('A`)

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山