江戸飯

| コメント(21)
江戸時代の武士というのは意外に質素な生活をしていて、江川さんなんかも一汁一菜ですね。部下や、幕府の同僚武士を集めて伊豆の山で狩りをやるんだが、それも「軍事訓練」の一環なので、捕れた鳥獣はすべて、地元の農民に与えていて、自分たちでは食べなかったそうです。そんなだったので、黒船が来た時には過労と栄養失調で死んでしまうんだが、タイムマシンが出来たなら、伊豆牛の牛丼作って届けてあげたいです。



江戸時代の食生活って米ばかり食ってたの?

ヒョウ(dion軍). 2012/07/28(土) 21:11:54.62 ID:DWB7A3oV0

日本橋のリノベ-ションビルで「江戸町人文化」勉強会-歴史講座など /東京

クリエイターの若者たちと共同で食事をしながら講座の内容を詰める

 東京メトロ小伝馬町駅近くのリノベーションビル「Creative Hub 131」(中央区日本橋大伝馬町)で7月7日、江戸町人文化講座「大江戸町人アカデミー」が始まる。
主催は、AAN(アート・オウトノミー・ネットワーク)。(日本橋経済新聞)
アメリカンワイヤーヘア(空). 2012/07/28(土) 21:16:15.45 ID:76n8qi+Y0
米は連作障害が起こりにくいからな
ペルシャ(新疆ウイグル自治区) 2012/07/28(土) 21:16:42.02 ID:E0kY4rlc0
江戸っ子は米一日5合食ってたとか
カラカル(dion軍) 2012/07/28(土) 21:17:52.26 ID:patqxEJ50
米ばっか食ってたのは江戸だけだろ
だから江戸だけ脚気が流行った
15  スナネコ(北海道) 2012/07/28(土) 21:27:26.06 ID:dEJP0iHZ0
>>7
米っていうか白米だろ、脚気の原因は
江戸と大坂に富が集積するようになって庶民までが白米食うようになったから
江戸わずらいとか大坂ナントカって言ったんだと思ったが
ウンピョウ(東京都) 2012/07/28(土) 21:20:19.17 ID:zfLCTX6Y0
明治になっても兵隊さんは1日6合食ってた
10  ヨーロッパヤマネコ(内モンゴル自治区) 2012/07/28(土) 21:23:15.45 ID:oZPAkVdwO
日本みたいに狭い国土で連作が可能でほぼ完全栄養食の米は奇跡的な存在
毎日米だけ食えばいいんだ
13  しぃ(東京都) 2012/07/28(土) 21:26:04.92 ID:yqwtLLQD0
江戸っ子はな
江戸時代のお前らレベルじゃおかずは漬物オンリーだけどな
14  ジャパニーズボブテイル(東京都) 2012/07/28(土) 21:26:08.38 ID:xinb1wlr0
江戸でよく食べられてた食材は米・豆腐・大根・魚などでござる
18  シャルトリュー(関西・東海) 2012/07/28(土) 21:27:56.92 ID:5BHDlC6YO
完全栄養食というのは玄米なんでしょ?
田舎は玄米ばかり食べてたから丈夫だった訳で、江戸っ子は白米ばかり食べてたから栄養不足で病気がちだったとか。
19  ライオン(青森県). 2012/07/28(土) 21:28:26.81 ID:85xMYoPE0
江戸は米ばっか食ってたせいで脚気が大流行
21  ヨーロッパヤマネコ(関東・東海) 2012/07/28(土) 21:29:29.13 ID:77VBDeV9O
金持ちが江戸中の蕎麦をふざけて買い占めたりしてたらしいね
22  トラ(チベット自治区) 2012/07/28(土) 21:29:32.18 ID:wStLl6+r0
家茂が脚気で死んだなんて信用できるか
23  イエネコ(関東・甲信越) 2012/07/28(土) 21:29:46.68 ID:o6H/SbMlO
米ばっか食ってるから脚気が増えて
仁がなんかお菓子売ってただろ
24  スフィンクス(北海道). 2012/07/28(土) 21:29:48.96 ID:M1unmtBB0
凶作対策にサツマイモの栽培を奨励したと伝えられている
青木昆陽さんをふと思い出した。
25  ライオン(WiMAX) 2012/07/28(土) 21:29:49.94 ID:tkttaP8O0
脚気がどうのとか言う奴の大半はソースが仁
28  ジャパニーズボブテイル(東京都) 2012/07/28(土) 21:36:38.54 ID:xinb1wlr0
>>25
やたらニュー速で江戸時代の脚気の話を聞くと思ったらドラマでやってたのか
35  しぃ(東京都) 2012/07/28(土) 21:42:14.74 ID:yqwtLLQD0
>>28
それは突っ込み入れる側がそれしか出典知らないからだよ
ちなみに僕の知識の出典は鬼平犯科帳ちゃん
29  トラ(チベット自治区) 2012/07/28(土) 21:36:48.22 ID:wStLl6+r0
田舎は粟、稗が主食。米は盆と正月だけ。陸軍は3食白めし食えるぜ
30  縞三毛(大分県). 2012/07/28(土) 21:36:53.89 ID:dAHVyPL10
パンとか肉とか食ってるから長生きできないんだよ。
うちのバーちゃん米と漬け物で90超えてるぞ
34  バーマン(京都府) 2012/07/28(土) 21:42:06.46 ID:XKOYKvzN0
>>30
断言したるわ。人による。
その人が好きなように生きるのが一番やと思うわ。
煙草吸う90ジジイも、ヒレ肉ばかり食べる90ババアも
好きだから、毎日やるって言ってた。
31  サビイロネコ(東京都) 2012/07/28(土) 21:37:46.44 ID:t3o+OkUv0
雑穀とか大根飯とかだろ
32  ヤマネコ(内モンゴル自治区) 2012/07/28(土) 21:39:05.94 ID:6NrmptGzO
ひえーアワワワワ
33  ボルネオウンピョウ(チベット自治区). 2012/07/28(土) 21:42:03.42 ID:NdvNlu7Y0
コメなんて幾ら作っても年貢に持って行かれるだけだし。
農民はみんな雑穀食ってたんだよな。
503  ボブキャット(東日本) 2012/07/30(月) 18:55:56.12 ID:iQP1BfRi0
>>33
最近は武士や商人層が消費するより多い米が生産されてたことから
農民も普通に米食ってたって説になっとる
農民がその辺の雑穀食ってたとすると、あえて生産した米を
どこかに捨てないと説明が付かない
518  エキゾチックショートヘア(熊本県). 2012/07/30(月) 21:50:33.41 ID:5MeUEXaq0
>>503
酒があるじゃん。酒は米をたくさん使う。
524  ハイイロネコ(WiMAX). 2012/07/30(月) 22:17:57.42 ID:rpyLUdhG0
>>518
しかし食わずにあえて酒にするのは結構もったいない気もするけどな
あと雑穀はどこで作ってたんかね
検地された土地で米以外作るのは年貢納めるのが厳しくなるだけな気がするが
525  エキゾチックショートヘア(熊本県). 2012/07/30(月) 22:25:17.74 ID:5MeUEXaq0
江戸時代の酒造は、米1石につき水1石で作るのが基本。
で、1700年前後に上方から江戸に送られていた酒が約25万6000石なので、
つまり25万石の米を酒で飲んでた計算になる。
25万石がどれくらいかつったら、上杉家の米沢藩が30万石、藤堂家の津藩が27万石、山内家の土佐藩が20万石。
そんぐらいの大国が丸々一個養えるほどの米を酒に消費していたってわけだ。
江戸だけで。
江戸時代の武士の日記にこうある。
「酒造を止めて米を窮民に配れば、飢饉など怖くないのになぁ」。
526  ボルネオウンピョウ(東京都). 2012/07/30(月) 22:25:47.39 ID:KMYTWGOi0
>>524
まぁ、米どころの商人にしてみれば米を米のまま全国に運んで売るより
酒にして売った方がはるかに儲かるだろうからねぇ。
533  エキゾチックショートヘア(熊本県). 2012/07/30(月) 22:41:19.41 ID:5MeUEXaq0
>>526
・酒は保存が利く
・換金しやすい
・豊作時は幕府が音頭をとって酒造自由化推進(ただし飢饉のときは酒造制限)
527  エキゾチックショートヘア(熊本県). 2012/07/30(月) 22:27:44.32 ID:5MeUEXaq0
>>525
訂正。
米:水で1:1なら、25万石の酒を造るために必要な米の量は25万石じゃなくて12万5000石だな。
それでもおおいが。
530  エキゾチックショートヘア(熊本県). 2012/07/30(月) 22:33:31.42 ID:5MeUEXaq0
江戸の人口が100万だったとして、当時の日本の人口は3000万だから、
残りの2900万人が江戸と同じだけ酒飲んだら、
12万5000石×30で375万石の米が酒に消えた計算になるなぁ・・・。
534  白(埼玉県). 2012/07/30(月) 22:44:45.92 ID:b6UG/zb80
>>530
新田開発したとはいえ、国土の大半が山なのに、
よくこの耕作面積で3000万人が食ってたよなw
江戸時代の人口は後半は安定していたので、
病気や飢えで成人までに30~50%は死んでた事を考えて、出生率は3.5ぐらいだったのかな?
37  サビイロネコ(東京都) 2012/07/28(土) 21:43:17.21 ID:t3o+OkUv0
米は半分年貢にもっていかれたけど
雑穀は年貢に取られなかったんだよね
38  エジプシャン・マウ(東京都) 2012/07/28(土) 21:48:41.18 ID:f1ATYpwE0
江戸時代ではないが 
宮沢賢治 「一日ニ玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ」
まあ、似たようなものかもしれないな
39  スミロドン(宮崎県). 2012/07/28(土) 21:50:45.40 ID:l8vndwsg0
森鴎外はかっけはウイルス由来と言い張って、多くの死者を出したんだよな
一方、高木兼寛はビンボー人は麦を食えと言ったとか言わなかったとか
41  ラグドール(SB-iPhone) 2012/07/28(土) 21:55:18.10 ID:7CAuGjQMP
もう米と脚気の話はわかったからオカズの話しようず
45  アムールヤマネコ(岐阜県). 2012/07/28(土) 22:17:26.65 ID:vdTJobzV0
>>41
徳川三百年のうち、時代によっても違うが武士は非常に質素だった。
旧事諮問録によると将軍でもかなり質素。白米ではなかったらしい
魚というと一年を通して鱚があてがわれたらしい。
初鰹は特別(無料でという意味)に将軍に献上していたらしいので、
初夏には刺身を召し上がったのだと思う。ちなみに御酒は赤酒というひねた匂いのする
あまり美味くない物だったとか。慶喜の台になってようやく一般的な食べ物になったかに記されている
87  アムールヤマネコ(岐阜県). 2012/07/28(土) 23:23:03.54 ID:vdTJobzV0
>>45
自己レスで申し訳ない
カツオが無料だったかどうかちょっと怪しい。
一応値段は決めてあったらしいが 実際に払ってたかどうか謎だという認識なんだが
酔っ払いなんで資料をひもとく気にならんw
48  ジャングルキャット(新潟県) 2012/07/28(土) 22:42:34.58 ID:/C2DSvnC0
>>45
昔の将軍より今のおれらの方が食生活ってめぐまれてんの?
51  トラ(石川県). 2012/07/28(土) 22:48:09.02 ID:7GdA4xYG0
>>48
今の俺らの食生活は人類の歴史の中のいかなる権力者のそれより恵まれてるよ
98  黒(西日本) 2012/07/28(土) 23:31:07.62 ID:aLkK2b6E0
>>45
確か大名クラスのお殿様が江戸城に登城してお昼の時間になって
さあお弁当食べるかということになった。そのうちの一人のお殿様が
持参したお弁当に鮭の切り身の焼き魚が入っていて、同席したほかの
お殿様たちから「すげ~、○○さんの弁当鮭入ってるよ~」とかいう
声があがり「じゃあ皆さんで分けて食べますか」ということで一口づつ
に分けて仲良くみんなで食べたという話が残ってるな
55  カラカル(関東・甲信越) 2012/07/28(土) 22:50:34.06 ID:MaG5WS2H0
>>48
伊達政宗ある日の朝食
豆ご飯 みそ汁 大根の漬物 いわしの干物
60  アムールヤマネコ(岐阜県). 2012/07/28(土) 22:52:22.81 ID:vdTJobzV0
>>48
全然恵まれてる。
将軍様は、毎日ほぼ変わらないメニュー。酒を飲むにしろ、酒の相手がいないから、
縁日や気が向いたときに一合程飲んでおしまい。
一般の武士は町人に比べても食べるものは格段に劣っていたらしい
地方の大名だと好き勝手にやってる人もいれば、将軍に準じている人も居たとか
94  斑(埼玉県). 2012/07/28(土) 23:27:43.37 ID:T8BYg1NMP
>>48
日本の都会の食レベルは、日本の歴史上の権力者どころか、
世界の人類史でも一番恵まれてるレベル。
何せ東京が世界グルメでトップクラスだからな。
世界中の料理のハイレベルレストランが存在するので、金さえあれば人類史上で一番贅沢な食を楽しめる。
しかもその金というのも一食1500~5000円レベルの話なので、
富豪まで行かずとも小金持ちで十分にやれてしまうのが凄い。
外国人が東京に住む理由でかなり上位が、日本のレストランのレベルだからね。
外国のレストランで5000~10000円レベルの料理が、東京だと2500~5000円。
実は高級料理に関しては、日本の物価はかなり安い。
まさにグルメ大国。
42  ヤマネコ(WiMAX). 2012/07/28(土) 22:01:15.15 ID:J1S5x86T0
資本主義ならぬ農本主義だよね。というか米本主義。
1石=1000合ってのが成人男子一年分の米で、
100万石って事は年間に100万人を使役できる経済力ってことだから。
43  マレーヤマネコ(北海道). 2012/07/28(土) 22:13:19.61 ID:LV/6DzRc0
経済力が米だったばっかりに
稲作に適さない土地でもとにかく米なんだよな
東北がしょっちゅう飢えてたのはその辺の事情だな
44  斑(埼玉県). 2012/07/28(土) 22:15:42.07 ID:T8BYg1NMP
江戸の庶民は、今で言うブルジョワ階級なので、白米を食ってた。
でも田舎の庶民は白米でなく、雑穀を食ってた。
江戸時代、うどんはまだ普及してない。普及してたのはうどん県(讃岐)のみ。
味噌汁としょうゆと塩、漬物が基本。そこにおひたし、干し魚がつく程度。質素な食事が基本。
肉を食う習慣はほとんどなかった。(猟師の一部は食ってたが)
寿司は江戸で流行ってた。当時の寿司はデカかった。握りこぶし大で1貫のみ。
小サイズで2貫になったのは戦後からです。
46  ラグドール(SB-iPhone) 2012/07/28(土) 22:37:12.48 ID:7CAuGjQMP
鬼平犯科帳みたいなグルメは嘘なの?
47  スコティッシュフォールド(広島県). 2012/07/28(土) 22:39:48.25 ID:2m8nzsh40
こういうスレで必ず平均寿命が短かったとか言う奴に限って
食料がどうだとかいうんだよな
馬鹿じゃないのか、今では簡単に治る病気とか医療の発達の影響なのに
49  カラカル(北海道) 2012/07/28(土) 22:46:42.57 ID:Tf4WSyzs0
胡椒飯なる物を食していたらしい。
ソースはブラタモリ
52  斑(東京都). 2012/07/28(土) 22:48:35.15 ID:y6ML09Ax0
野菜も食うし、魚も食う
57  バリニーズ(大阪府). 2012/07/28(土) 22:51:47.01 ID:IR96Cp8z0
お前ら痛風ひどすぎ。自重しろ。
59  トラ(チベット自治区) 2012/07/28(土) 22:51:54.29 ID:wStLl6+r0
江戸時代の将軍とか、今の人より美味いものを食ってたろ
野菜にしろ魚にしろ、純天然で味がまったく違う
61  コラット(新疆ウイグル自治区). 2012/07/28(土) 22:53:38.21 ID:C/wSmBQh0
調味料は味噌、醤油、塩などの塩辛いものしか思いつかないけど
砂糖とか味醂なんかも普通に使ってたんかな?
62  サバトラ(東京都) 2012/07/28(土) 22:55:02.76 ID:H9Kzw4zV0
将軍様は雉とか鶴とかも食ってたしな
63  アジアゴールデンキャット(大阪府) 2012/07/28(土) 22:55:08.22 ID:1gtMzGqm0
貧乏人は塩とかはどこで手にいてたんだろ
まさか調味料なし??
64  スナドリネコ(福岡県) 2012/07/28(土) 22:55:18.15 ID:fZpDf++m0
江戸にいる限り掛け売りで米かえたからな。
他にも煮売り家で総菜も買えたし、
65  ジャングルキャット(神奈川県). 2012/07/28(土) 22:56:22.81 ID:kxPIv6w70
南部藩だか、すごい飢饉で死の間際に竹筒に入ったのの音を聞かせて
「ほら、これが米の音だぞ」ってやったとかどっかで聞いた
66  ツシマヤマネコ(新疆ウイグル自治区) 2012/07/28(土) 22:59:03.23 ID:Le3U/6gC0
人口の90パーセントが農民で、みんなが全力で米作りまくってんだぞ。明らかに供給過多だろ。
たかだか数パーセントしかいない武士階級に半分搾取されても余裕で余る。武士だけで食いきれるわけないもの。
67  ノルウェージャンフォレストキャット (千葉県) 2012/07/28(土) 23:01:59.62 ID:z6AzhZLL0
庶民は納豆(ひきわり)を鍋にさっと入れて納豆汁にして、
それをおかずにお米を食べていたらしい
69  セルカークレックス(中国・四国) 2012/07/28(土) 23:06:41.61 ID:H8NWpZJPO
漬け物と味噌汁と大量の白米ばかり食ってたんだろ農民は
70  ソマリ(大阪府) 2012/07/28(土) 23:06:58.90 ID:mOg/uVH50
今より川とか凄く綺麗で魚とか多かったはずなのに何で食糧難?
山に行けば木の実とかあったろうに
76  サバトラ(東京都) 2012/07/28(土) 23:14:52.61 ID:H9Kzw4zV0
>>70
意外に江戸時代には山刈り尽くして禿山になってる山が多かったんよ
今みたいな青々とした山は戦後の植林ブームで作られたもの
80  アムールヤマネコ(岐阜県). 2012/07/28(土) 23:18:48.53 ID:vdTJobzV0
>>69
冬はもちろん保存食に頼ることになるので、味噌と漬け物という地域は多かったと思われる
しかし、四季が巡ればそれはまた別の話

>>70
「昔は貧しかった」というのは後の政府が作り上げたイメージ。
徳川治世の最初の方では確かに飢饉や何かあったが 後は上手くやってた
71  オセロット(神奈川県). 2012/07/28(土) 23:07:20.30 ID:wcC8o24J0
魚と豆腐ばっかりじゃないの?
地域でかなり変わりそうだけど
72  トンキニーズ(福岡県). 2012/07/28(土) 23:09:59.93 ID:g3Ex8Wg00
五穀といってね
玄米ではなく白米を食べるようになったから脚気が出てきたのを勘違いしている人がかなりいるね
化石資源が無くなってくると育てやすく収量が多い芋類が主食になるかも
74  サビイロネコ(東京都) 2012/07/28(土) 23:13:00.95 ID:t3o+OkUv0
>今より川とか凄く綺麗で魚とか多かったはずなのに何で食糧難?
>山に行けば木の実とかあったろうに

川は蛇行、氾濫で、耕作不能地が多かった
肥料は糞尿のみ
たんぱく質は、大豆と魚介類と植物系のみ
78  スナドリネコ(福岡県) 2012/07/28(土) 23:17:13.32 ID:fZpDf++m0
ちなみに江戸の風俗に関するどの本読んでも、当時は嫁をもらうあてもないお前らみたいないい歳した童貞か玄人しか知らない素人童貞が多かったらしいぞ。
85  マレーヤマネコ(北海道). 2012/07/28(土) 23:22:35.60 ID:LV/6DzRc0
>>78
そりゃ江戸は男ばっかり住んでるからな
90  ヨーロッパオオヤマネコ(WiMAX) 2012/07/28(土) 23:24:46.64 ID:YR8C22v80
>>85
むりやり出稼ぎ集めてたからな
男女比7対3だっけ?
89  ラグドール(SB-iPhone) 2012/07/28(土) 23:24:43.75 ID:7CAuGjQMP
おまえらなんでそんなに江戸の食に造詣深いの
91  黒(西日本) 2012/07/28(土) 23:24:59.22 ID:aLkK2b6E0
徳川慶喜は将軍になる前から豚肉を食べるのが好きだった
92  アムールヤマネコ(WiMAX) 2012/07/28(土) 23:25:09.75 ID:isZtOg0v0
家康が麦飯と玄米食ってたのは知ってる
96  斑(神奈川県) 2012/07/28(土) 23:29:34.42 ID:ZnK0G9dUP
醤油は高級調味料だったから刺身だって(梅干しの上澄み)梅酢とかに塩と煮きった酒
みたいなもんにつけて食べてたって美味しんぼだかなんだかで読んだ
97  ラグドール(岐阜県). 2012/07/28(土) 23:30:39.67 ID:HfDt5+Io0
日本人の米狂いは相当なもんで米作に適さない地域でも無理やり米作ろうとして収量下がって食うや食わずってこともあったらしいな
101  ボルネオヤマネコ(やわらか銀行). 2012/07/28(土) 23:35:07.04 ID:CQHK80dm0
玄米ばっかり食っててもダメなんだろ確か
なんかの栄養素が欠乏するとか
170  ピューマ(福島県). 2012/07/29(日) 02:46:22.46 ID:Rv5O21KL0
>>101
カルシウムの吸収を阻害するんだったか流出し易くするんだったか
ゴマをかけたり豆を混ぜて食えば平気らしい
189  ボルネオヤマネコ(関東・甲信越). 2012/07/29(日) 04:14:02.36 ID:zQEwQwRM0
>>101
玄米に含まれるフィチン酸の作用
ビタミンミネラルを体外に排出する
227  スコティッシュフォールド(新潟・東北) 2012/07/29(日) 11:09:50.26 ID:Y4sKiHizO
>>101
http://genmai.dtiblog.com
フィチン酸は誤解みたい
292  ジャパニーズボブテイル(新疆ウイグル自治区) 2012/07/29(日) 14:09:30.92 ID:iy2xFqW60
>>101
玄米のフィチン酸がミネラルを排出しちゃうってやつでしょ
あれはウソらしいよ 笑
そもそもフィチン酸は食物中にそんざいしないらしい
フィチンなら白米にもその他穀物にも含まれてるからうんたらかんたらで・・・
つまりは玄米食べタカラってミネラル不足に陥ることはないって
アトピー専門医なんかは、白米よりたんぱく質の量が多いから食べるなって人がいるらしいけど
103  マンチカン(滋賀県) 2012/07/28(土) 23:36:00.19 ID:M3Vf3X/e0
農民はみんな雑穀食ってたっていつの間にか刷り込まれてたんだけど、
実際はどうだったの?(´・ω・`)飢饉の時以外は
武士の人口って1割ほどで、町民と合わせても
日本中の米をすべて消費できたとは思えないんだけど・・・
108  ボブキャット(福岡県) 2012/07/28(土) 23:40:55.09 ID:iA2gvZqU0
>>103
江戸時代の後期には農民も白米食ってたんじゃなかったっけ。
111  スナドリネコ(福岡県) 2012/07/28(土) 23:41:59.32 ID:fZpDf++m0
>>108
米過多になってた
104  イリオモテヤマネコ(dion軍) 2012/07/28(土) 23:36:25.45 ID:oiW3z2TR0
玄米と野菜はほとんど大根
魚はご馳走
106  サーバル(関東・甲信越) 2012/07/28(土) 23:36:46.51 ID:FY07QIMWO
江戸時代っていうと、みながそれなりの幸せを掴めた時代とか
言われてるが、遺骨みたら栄養失調だらけらしいな
もちろん、平安、奈良とかだったらさらに酷いんだろうけど
107  マーゲイ(新潟・東北) 2012/07/28(土) 23:38:43.57 ID:PjpVv4efO
そりゃ腸が進化して長くなるわけだな
109  黒(西日本) 2012/07/28(土) 23:41:03.13 ID:aLkK2b6E0
あさりの味噌汁をご飯にぶっかけて深川めしというのが本来の深川めしだよな
112  斑(埼玉県). 2012/07/28(土) 23:42:23.39 ID:T8BYg1NMP
デブがダイエットに悩むとか、昭和後半からの話。
そして100~200年以内には、無害の簡単ダイエット医療が開発されるだろうから、
1950~2200年ぐらいが唯一、人類がデブで悩む事になる期間だと思う。
俺らが生きてる時代って、人類史上で見れば貴重なデブ期なんだぜ?
まさに選ばれし時代ッ!!
119  ラグドール(岐阜県). 2012/07/28(土) 23:47:57.86 ID:HfDt5+Io0
>>112
平安時代にもでぶはいたぞ
貴族が痩せる為に水飯と干物食ってるのに一向に痩せないっつうから見に行ったら桶に数杯の飯をがっついてやがった痩せる訳ねー
ってな感じの話が残ってるってのをどこかで聞いた
122  サバトラ(東京都) 2012/07/28(土) 23:55:02.45 ID:H9Kzw4zV0
>>119
そいつはアメリカ人の祖先だな
113  黒(西日本) 2012/07/28(土) 23:43:37.61 ID:aLkK2b6E0
お酒はもう庶民でも清酒のんでたんだよね
114  ブリティッシュショートヘア(catv?). 2012/07/28(土) 23:45:14.70 ID:m3ZhJzKi0
江戸時代っていうとポジティブなことばっかり採り上げられるよな
そんないいことづくめの時代じゃ全然ねーのに
すげえ偏ってるわな>>1もそうだけど
116  黒(西日本) 2012/07/28(土) 23:46:55.24 ID:aLkK2b6E0
>>114
まあ日本が本気だして自給自足だけでやってた時代だったな
120  ボブキャット(福岡県) 2012/07/28(土) 23:52:48.95 ID:iA2gvZqU0
>>116
それにしたって米ばっか作りすぎだろ。
118  ギコ(WiMAX). 2012/07/28(土) 23:47:48.74 ID:knrJRWkG0
江戸時代のとくに江戸周辺は、日本史上もっとも小柄な人骨が出る
人口に対してろくに魚は取れないし獣肉もほとんど食べてない
寿司やなんかで江戸前がどうのこうの言うけど、鮮魚がまともに庶民の口に入るのは
昭和も中期以降だろ
128  ライオン(東日本). 2012/07/29(日) 00:09:02.44 ID:Nrk1NSxs0
めしと味噌汁
昼は塩お結び
夜は飯とめざし1匹
131  ヨーロッパヤマネコ(WiMAX). 2012/07/29(日) 00:17:49.97 ID:Hks3dMWV0
2次元とかヲタク文化は江戸文化の正統継承で、それと戦後アメリカ由来のおしゃれジョック文化との
相克こそ今の日本の姿だという考え方もあるからな。
あと、江戸の男余りっていうのは主に地方の次男三男等、農地を継げない男が働き口を求めて
江戸に出てきて野垂れ死ぬ事で人口調整の役割を果たしてわけで、
今のワーキングプワの非婚化とよく似たものがある。
133  斑(西日本) 2012/07/29(日) 00:22:30.87 ID:sz5iSW0R0
>>131
>あと、江戸の男余りっていうのは主に地方の次男三男等、農地を継げない男が働き口を求めて

地方によってはおじろく、おばさという形でそういう人は生活してたな
武士だと「部屋済み」、公家さんだとお寺に入れられる
143  ヨーロッパヤマネコ(WiMAX). 2012/07/29(日) 00:37:04.91 ID:Hks3dMWV0
>>133
おじろく、おばさって聞いた事なかったからググって見たよ。
すぐに感想を返せるような話じゃないけど面白い。勉強になったわ、ありがとう。
136  ベンガル(やわらか銀行) 2012/07/29(日) 00:27:39.30 ID:mSQWE+pX0
白米って高級食だろ
147  スペインオオヤマネコ(WiMAX) 2012/07/29(日) 00:40:38.02 ID:GgCpCOr90
>>136
明治時代の軍部は「白米食わせてやる!」ってのが兵士へのインセンティブだったらしいな
で、白米ばかりでビタミン足りなくて脚気患者激増で大騒ぎw
137  カラカル(岐阜県) 2012/07/29(日) 00:29:50.87 ID:KpHTYlSv0
江戸時代は夏でも涼しかったのかね?
138  茶トラ(東日本) 2012/07/29(日) 00:30:18.39 ID:mkrhEnUR0
平清盛は糖尿病だった 食い過ぎだ!
150  シンガプーラ(滋賀県). 2012/07/29(日) 00:46:59.71 ID:Xpw6gk/r0
漫画版の梅安とかの飯食ってるシーンは凄い旨そう
153  ボルネオヤマネコ(関東・甲信越) 2012/07/29(日) 01:16:40.50 ID:bFaJ2Fqt0
>>150 おにぎりに沢庵みたいなのでも美味しそうなんだよね
156  ウンピョウ(東京都). 2012/07/29(日) 01:20:53.15 ID:8cKvcScv0
おまえら、卵に全然言及しないのな。
江戸時代は卵料理のレシピ本「卵百珍」
なんて本が売り出されてたぐらいなのに。
157  ボルネオヤマネコ(北海道) 2012/07/29(日) 01:25:49.03 ID:+TILD+Rt0
>>156
百珍て種類あるよね。
豆腐とか大根とか
158  ジャパニーズボブテイル(新疆ウイグル自治区) 2012/07/29(日) 01:34:21.50 ID:iy2xFqW60
本来穀物は人間の食べるべきものじゃないよ
人間が米食べだしたのなんかせいぜい4000~6000年程度で
あとの399万年は肉、魚、野草、果物、木の実食ってたの
そんな短期間で進化なんてできないから糖の処理がうまくできなくて
糖尿になる
江戸の人はまだ一日中うごきまわってて運動量があったからマシだったたけれど
現代人は動かなすぎで糖尿激増
必須栄養素はたんぱく質、脂質、糖質なんていうけどあれは米業者の大嘘だから
米なんかくわなくても問題なく生きていけます
177  リビアヤマネコ(内モンゴル自治区) 2012/07/29(日) 03:19:04.73 ID:YzNIqQQhO
>>158
米以上に日本の風土に適した作物はない
日本のような狭い国土で大人口を養えてきたのも米のおかげ
165  シャルトリュー(北海道) 2012/07/29(日) 01:55:40.21 ID:MgnHLG+d0
ももんじ屋の山くじらで昼から一杯
166  マーブルキャット(熊本県) 2012/07/29(日) 02:04:28.41 ID:8u0o88/G0
米が金の代わりになるぐらいの存在だったからな
米がどれだけ取れるかが国力を決める時代
米しか食うもんが無いと言っても過言ではない時代
リアル米米倶楽部
167  チーター(埼玉県). 2012/07/29(日) 02:17:05.62 ID:HJeQUPQtP
松前藩「・・・」
168  ウンピョウ(東京都). 2012/07/29(日) 02:20:02.17 ID:8cKvcScv0
このスレ江戸時代の知識が恐ろしくあるやつと
恐ろしく無いやつが混在してカオスなことに・・・
172  チーター(東京都). 2012/07/29(日) 03:11:48.18 ID:Aetq1wN2P
日本人は米一生懸命作ってるけど半分位お酒にしてしまって日常生活であんま食べてない
と戦国時代に来たポルトガル人か何かが言ってたそーだ
205  シンガプーラ(公衆) 2012/07/29(日) 09:39:58.08 ID:RGX+x+eO0
>>172
軍役の兵に一度に数日分の米を持たせると口噛み酒造って飲んでしまうから食べる分だけ少しずつ渡せと言われてたらしいな
175  リビアヤマネコ(内モンゴル自治区) 2012/07/29(日) 03:15:54.87 ID:YzNIqQQhO
なんか変な誤解いくつかあるみたいだけど
人口の90%が米食えないとか
いわゆる貧農史観?
179  ライオン(東京都). 2012/07/29(日) 03:30:01.89 ID:VUIXCLfO0
副食物が乏しいので一日米五合とか食ってた
白い飯さえ食えればあとは沢庵梅干でも幸せだったらしい
181  ボルネオヤマネコ(関東・甲信越) 2012/07/29(日) 03:42:01.84 ID:zwM8ZiND0
大根めしうめええええええ byおしん
183  ボルネオヤマネコ(関東・甲信越) 2012/07/29(日) 03:46:48.66 ID:8EfXWIYo0
大根の葉っぱ(茎含む)のしょうゆ炒めが異常に美味いのをおまえらは知らない
ごはんのお供に最高です
184  ボブキャット(東京都). 2012/07/29(日) 03:52:33.86 ID:g4Cclo0w0
>>183
更に天かすを和えれば最高だと思う
186  ヒョウ(やわらか銀行). 2012/07/29(日) 03:59:01.05 ID:/gT6U2kW0
>>183
旨いのに最近の大根は葉が付いてない状態で売ってるからなかなか手に入らないんだよな。
なんでかと思ったら、葉が付いてる状態だと大根が痛むのが早いからって知って驚いた。
185  バリニーズ(WiMAX) 2012/07/29(日) 03:52:35.26 ID:Ja3R1kSx0
脚気なんてそこらの雑草を適当に食っておけば予防できるレベルだというのに
190  ターキッシュバン(東京都). 2012/07/29(日) 04:40:15.90 ID:1tYvRF/s0
江戸じゅうで野菜一杯作ってたし、魚はいまよりも豊富だったし、
江戸の人口は多くてもそれ以上に食い物に溢れてて、結構食には
いい時代だったんじゃないの。
それまで培ってきた農業の技術の最先端を、江戸川葛飾足立台東墨田
の東側でも、いまでいう中央線沿線三鷹以西でも持っていたし、江戸防衛の名目もあって結構予算も貰っていたみたいで江戸直轄の農業は結構豊かだったみたいだし。
191  ボルネオヤマネコ(関西・東海) 2012/07/29(日) 04:57:36.29 ID:ok+K/dNM0
>>190
で、なんでトンキンには丼飯に味噌汁ぶっかけただけの深川めしと、
べったら漬けともんじゃしか名物残ってないの?
ミステリーやなo(^∇^o)(o^∇^)o
192  ターキッシュバン(東京都) 2012/07/29(日) 05:02:14.64 ID:1tYvRF/s0
>>191
地場のものなんて山ほど残ってるよ。
東京でなくてもね。

店で出す、東京で昔から・・って看板のはあまりない。
江戸ってのは特殊なところで、江戸時代になってからは埋立工事のこともあるし封建の息抜きもあって、意図的に流入民を無認可で受け入れていたから各地の、特に北からの文化が入り込んでごっちゃになってるからね。

江戸時代以前からの伝統とか昔からの飯とか考えてるなら、むしろ都心よりも東京の西の方を訪ねたほうがいい。
いまも造園業、農業が盛んで、昔からの野菜や、江戸で改良された樹木とかを扱ってるところが一杯ある。そういうところにこそ、地場の食い方ってのが残ってると思うよ。
195  ボルネオヤマネコ(関西・東海) 2012/07/29(日) 07:20:45.06 ID:ok+K/dNM0
>>192
へえ そうなんだ
東京西部のほうか
194  茶トラ(千葉県) 2012/07/29(日) 06:59:48.02 ID:47cA/TVv0
武士は肉食ってましたから
百姓町人より身長高かったんです
196  キジ白(北海道). 2012/07/29(日) 07:29:13.01 ID:l5mbkl3S0
昔の米はタンパク質が豊富
それで一日中動き回ってたら筋肉つくわ
198  スペインオオヤマネコ(福島県) 2012/07/29(日) 07:48:01.07 ID:DsTR6iba0
ふりかけがないと5合はつらいな
203  トンキニーズ(広島県) 2012/07/29(日) 09:19:34.66 ID:Y1TpxwR10
米ばっかり食ってたのは明治後期から大正時代にかけて
あのころの白米信仰は異常。
204  ヤマネコ(新疆ウイグル自治区) 2012/07/29(日) 09:37:20.95 ID:UJ/C0KDo0
昔の百姓にとって米は食うものじゃなくて売るものだったんだよ
換金作物ってやつだな
「米も食えないほど貧しかった」なんていったりするけど
苦労して作った米を自分で食ってたら、暮らして行けなくなる
自給自足が原則の百姓だってカネは必要だからな
208  リビアヤマネコ(静岡県) 2012/07/29(日) 09:53:21.58 ID:les3S2vV0
寿司は江戸時代の庶民のファストフードというけど
どれほどの庶民なの?年貢米をつくっても自分たちは口にできない農民ではないんだろ?
209  ボブキャット(東京都). 2012/07/29(日) 10:02:10.45 ID:g4Cclo0w0
>>208
江戸時代の物価参照
九尺二間の賃貸料
(くしゃくにけん)  400文  8000円
米      1kg  27文   540円
握り寿司    1貫   8文   160円
蕎麦・うどん   1杯  16文   320円 
酒       1合  20文   400円     
スイカ     1個  38文   760円 
長命寺の桜餅  1個   4文    80円
串団子     1本   4文    80円  
髪結い(床屋) 1回  28文   560円 
風呂屋     1回   8文   160円 
蛇の目傘    1本 800文1万6000円 
浮世絵     1枚  32文   640円
煙草     1kg 427文  8540円
芝居見物   1桟敷2917文5万8340円
212  サビイロネコ(大阪府) 2012/07/29(日) 10:14:54.14 ID:1gErzBW/0
>>209
なかなかおもしろい表だな
落語でなんとなくわかってたのが対比できていいわこれ
どのサイトで拾ってきたの?
213  ボブキャット(東京都). 2012/07/29(日) 10:16:59.73 ID:g4Cclo0w0
>>212
江戸時代の物価で検索かけると結構考察サイトは多いよ
214  パンパスネコ(福岡県) 2012/07/29(日) 10:17:27.14 ID:gfvDGgeP0
>>209
芝居たけえな。
216  ターキッシュアンゴラ(新疆ウイグル自治区) 2012/07/29(日) 10:22:15.22 ID:W/ADIxnF0
>>209
時代劇なんかで浪人が傘張りの内職してるよなぁ。
217  ベンガルヤマネコ(兵庫県). 2012/07/29(日) 10:23:00.52 ID:QrGrupOx0
>>214
まぁ今でも牛丼300円しないけど有名な舞台とかコンサートとか1万円飛ぶしな。
218  サビイロネコ(大阪府) 2012/07/29(日) 10:23:34.25 ID:1gErzBW/0
>>213
ちょっとぐぐってきたわ
こりゃおもしろいわ
220  チーター(空) 2012/07/29(日) 10:25:29.12 ID:TCB1CSi0P
娯楽も今ほど多様じゃないし江戸町人気質もあれば高額な芝居の料金も払える金額だったんかなあ?
223  ボブキャット(東京都). 2012/07/29(日) 10:34:02.16 ID:g4Cclo0w0
>>220
千両役者って言葉が残っているくらいだから、高額年俸だったのも頷けるな
224  ウンピョウ(東京都). 2012/07/29(日) 10:37:30.53 ID:8cKvcScv0
>>220
相撲や芝居は確かに高くて、庶民がいつでも楽しめるものではなかった。
その代わり、寄席や講談が30~40文で聞けたので庶民はそっちが多かった。
222  チーター(空) 2012/07/29(日) 10:33:04.68 ID:TCB1CSi0P
世界一の人口密度の城下町になるにつれ燃料(薪等)が貴重なものになっていったようね
226  ピクシーボブ(大阪府). 2012/07/29(日) 11:06:05.73 ID:NoiiEw/70
米が金の代わりだったから、米が投機の対象だったんだろうな。
貨幣経済になってから庶民でも米が食えるようになった。
230  オリエンタル(WiMAX) 2012/07/29(日) 11:19:12.99 ID:Fw83wqmz0
たしか計算すると1日魚3グラムくらいの摂取量だったらしい
江戸民は漬け物のが好きだったのかね
232  マーゲイ(九州地方) 2012/07/29(日) 11:24:58.11 ID:Mmvxxzv9O
何で日本人て背が小さいんだろうか?
やっぱご先祖が食べ物をたくさん食べられなかったからかな?
233  ウンピョウ(東京都). 2012/07/29(日) 11:26:28.52 ID:8cKvcScv0
>>232
どうも、食べ物とか関係なしに時代によって違うらしいぞ。
鎌倉時代の鎧なんかみると身長180cmぐらいの武士が大勢いたらしいし。
236  ベンガルヤマネコ(兵庫県). 2012/07/29(日) 11:29:10.96 ID:QrGrupOx0
>>233
鎌倉武士とか普通に鳥獣がんがん食ってたんじゃないか
264  ペルシャ(チベット自治区) 2012/07/29(日) 11:57:09.61 ID:LMJD10DQ0
>>236
鎌倉時代くらないなら、人口密度も低くて鳥獣肉も食えたろうけど、江戸時代の人口密度じゃもう無理だったんだろうな。
234  サバトラ(空) 2012/07/29(日) 11:27:58.45 ID:tWjffrxh0
戦国時代の日本人の身長は世界平均ぐらいだろ
近代以降にオランダ中心に平均身長急伸したのは家畜の飼料の成長ホルモンのせい
237  ターキッシュアンゴラ(公衆) 2012/07/29(日) 11:33:20.69 ID:IVI8VLqz0
欧米人も昔はもっと小柄だったらしいし、地球規模での気候変動による日照時間の変化、
農作物の出来不出来なんかも人類の体格の変動に関係しているのかもね
240  オリエンタル(WiMAX) 2012/07/29(日) 11:36:42.76 ID:Fw83wqmz0
江戸100万人をまかなえるだけの魚が供給出来なかったんだろうな
造船技術も低かったろうし
242  サバトラ(空) 2012/07/29(日) 11:38:28.13 ID:tWjffrxh0
当時の宝くじ(富くじ)の一等は100両ぐらいが多かったらしい 今の価値で500万円ぐらい?
くじは1枚500文したから結構高かったらしいが
243  アメリカンワイヤーヘア(dion軍). 2012/07/29(日) 11:39:45.61 ID:5jvGOlmn0
>>242
1800万くらいだな
247  ライオン(北海道). 2012/07/29(日) 11:43:34.43 ID:kRV6KUoO0
戦時中、小学生だったが毎日カボチャとジャガイモだったお
258  サバトラ(空) 2012/07/29(日) 11:53:27.76 ID:tWjffrxh0
寿命でいうと日本は昔から長寿だったらしいな
魏志にも倭人は長寿で80-90歳から中には100歳ぐらいまで生きる者もいると書かれてるし
さすがに平均寿命は医療とか発達していないから江戸時代でも50歳以下ぐらいだろうけど
それでも江戸初期でも西松逕(126歳)とか一井鳳梧(116歳)とか江村専斎(100歳)とか
over100がごろごろいた
261  ギコ(大阪府) 2012/07/29(日) 11:55:09.31 ID:oRFDTxT30
江戸では大量の行き倒れの死体を堀に捨ててたんだよね(´・ω・`)
よく時代劇で堀に浮いてる死体を検分してるけど、あんなの普通ないからね(´・ω・`)
堀には常時死体だらけ(´・ω・`)
業者が死体の手か足を紐でくくって川まで小舟で引っ張って行くだけ
(´・ω・`)
そして業者も忙しいから当分の間堀で腐乱死体と化す場合も多かった
(´・ω・`)
266  イエネコ(東京都) 2012/07/29(日) 11:58:26.80 ID:8UmHx7tM0
肉食うのはエタ非人ってカムイ伝で言ってた
269  サバトラ(空) 2012/07/29(日) 11:59:28.63 ID:tWjffrxh0
鎌倉時代とかそれ以前だと全国の至る所に牧と呼ばれる牧場があって馬飼ってて畜産の知識も豊富だったろうけど
江戸時代はそういうの無いから畜産による大量飼育とかの発想も廃れてた感じがする
271  イリオモテヤマネコ(関西地方) 2012/07/29(日) 12:05:04.15 ID:vrJ7AMZy0
日本人は縄文時代から順調に大型化していったが
何故か江戸時代だけ小さくなってる
一説には戦国の世が終わり人口が爆発的に増えた事で
食料供給が追いつかず栄養状態が悪化したためとも言われているが
273  キジトラ(家) 2012/07/29(日) 12:07:06.12 ID:RLlGJyMV0
普段コメ食べてる飛脚だか籠かきだかの超スタミナを見て驚いた異人さんが
肉を食べさせたらこいつらどんだけ動くんだよ?って、たらふく肉食べさせたらしい。
翌日、肉食べさせられた籠かきは全然パワーでなくて速攻へこたれたという話を2ちゃんで見た。
279  ウンピョウ(東京都). 2012/07/29(日) 12:22:36.84 ID:8cKvcScv0
脚気が多かったのは米ばかり食ってたからというより、
栄養のバランスと言う概念が存在しなかったことの
影響が大きいと思うんだ。
280  アメリカンカール(愛知県). 2012/07/29(日) 12:29:00.77 ID:d8/vGSFG0
自分の目で見たわけじゃないからわからんな
江戸時代の東北とか、めちゃくちゃ悲惨そうだけど・・・
282  縞三毛(茨城県). 2012/07/29(日) 12:33:24.98 ID:5lqAqWnG0
>>280
冷害とかが起これば悲惨だろうが
終戦直後は田舎にコメの買い出しに行くぐらいだからそうでもないんじゃね?
285  イリオモテヤマネコ(関西地方) 2012/07/29(日) 12:50:33.65 ID:vrJ7AMZy0
>>282
二・二六事件は東北を中心とした農村の貧困が原因で起きたんだぜ?

山形県警察本部保安課による調査資料に依れば
身売りされる娘
昭和 9 年1 月から11 月までの間に、県内での娘身売りの数は 3,298 名
内訳は芸妓 249 名
娼婦 1,420 名
酌婦 ( 公娼に対して私娼のこと ) 1,629 名

当時は東北のどこの村役場でもこんな張り紙珍しくなかったと言うしな
http://homepage3.nifty.com/yoshihito/soudan-1.jpg

品種改良が今ほど進んでないから物凄く簡単に不作、飢饉になるしな
286  ウンピョウ(東京都). 2012/07/29(日) 12:55:07.71 ID:8cKvcScv0
>>285
江戸時代の話してるんだから、昭和時代の例えは不適当
2.26事件の原因となった東北の貧困はタダの不作が原因じゃない。
国の経済政策によるところが大きくて、それが青年将校を怒らせた。
284  シャルトリュー(新疆ウイグル自治区) 2012/07/29(日) 12:46:54.63 ID:5EKhS56x0
冷蔵庫なんてないんだから保存食ばかりになるのは当然
野菜だって旬の露地栽培だけなんだし。冬は漬物しか食えないよ
293  ヨーロッパオオヤマネコ(やわらか銀行). 2012/07/29(日) 14:17:02.00 ID:+bROCvgi0
漁村は魚食ってたと思われがちだけど、魚は貴重な現金収入源だからむしろ食べられなかったらしい
貧乏で漁村から身売りされた芸者が座敷に上がった時に生まれて初めて魚食べたとかそんな話がたくさん残ってる
294  カナダオオヤマネコ(福島県). 2012/07/29(日) 14:23:47.49 ID:cwYXyz6D0
>>293
吉田松陰唇が江戸に出てきてた時の日記に、日々の食事のこと事細かに残してるけど
購入した動物性たんぱくがイワシの丸干し(だったっけ)くらいだったな
しかも相当奮発したみたいなこと書いてた
他は金山時味噌とかそんなのばっか
295  メインクーン(東京都) 2012/07/29(日) 14:26:49.24 ID:gliFNZIY0
>>293
山川豊と鳥羽一郎が実家に帰る、みたいな番組で
山川が子供の頃から好きだったというメカブだかモズクだかを丼飯にかけたのを
うまいうまいって食ってたけど
ああいうのが漁師の飯だったのかもね
299  ぬこ(WiMAX). 2012/07/29(日) 14:41:24.96 ID:EDnSgC5H0
東京湾で獲れた魚は時代が下って漁業が進歩した明治30年代でも年間5000トン程度
(貝や海藻まで入れた統計)
100万人もかかえてた江戸の町で、一人あたまどれだけ魚が食えてたかかなり疑問だ
5000トン÷100万人÷365日=?
豊漁で数倍獲れた年があったとしてもたかが知れてる
やっぱ魚は遠方から持ってくる干物ばかりだったんじゃないの
300  ラ・パーマ(神奈川県) 2012/07/29(日) 14:42:21.89 ID:8wWo1Q4sP
>>299
当時は冷蔵庫とかないから干物になるのは仕方ないよな
307  エジプシャン・マウ(東京都). 2012/07/29(日) 14:48:31.07 ID:eZSaGOJk0
初鰹 1尾 2両2分 天明 04 1784 天明の頃
初鰹 1尾 5貫文 寛政 03 1791 -
初鰹 1尾 1貫800文 寛政 09 1797 -
初鰹 1尾 1両2分 寛政 12 1800 -
鰹 (十一月頃の) 1尾 450文 文化 07 1810 -
初鰹 1尾 3分 文化 08 1811 -
鰯 10尾 36文 文久 02 1862 -
鰯 10尾 64文 慶応 02 1866

魚は高いな。初物は特に。
313  ターキッシュアンゴラ(公衆) 2012/07/29(日) 14:56:36.05 ID:IVI8VLqz0
>>307
昔の漁は今以上に命がけだったろうし、効率も良くなかっただろうし
鮮度を保って運ぶ方法も無かっただろうからな
刺身をたらふく食える時代に生まれて良かった
318  チーター(埼玉県). 2012/07/29(日) 15:10:02.32 ID:HJeQUPQtP
>>313
江戸前寿司として、江戸ばかりに寿司屋台が流行ったのは、
保存技術の無さと消費者人口の問題だからなぁ。
江戸前の海で午前に取った魚を、昼に買って、
昼過ぎには寿司にして売り始めて、夜のうちには売り切らないといけない。
それだけの財力と艦橋と人口があったのは江戸だけ。
氷なんて貴重すぎて使えない時代だし、多少の腐敗もあったから、
殺菌効果の高いワサビと緑茶で消毒の保険を効かせながら食ってたとか。
319  メインクーン(静岡県) 2012/07/29(日) 15:27:44.17 ID:tpulGJQZ0
>>318
そう言えば、カラス金ってのがあったな。
カラスがカァと鳴くと1割の利子が付くと言う暴利だけど、
実際には、無一文で河岸に出かけて魚介類を買い、
これを売るなりして夜までに1割アップで返せば良いと
言うシステム。
(なんとしてもその日のウチに売らないといけない)
ちょっと儲かったら、とっとけばいいものを、江戸っ子
はそれをせず、遊興に使う。
いわゆる「てやんでぇ宵越しの銭は持たねぇよ、吉原だ」ってぇヤツ。
314  ノルウェージャンフォレストキャット (富山県) 2012/07/29(日) 14:57:30.45 ID:0qlW6TvS0
逆に米を作ってる百姓は米が食えなかった
315  斑(西日本) 2012/07/29(日) 15:02:03.36 ID:sz5iSW0R0
>>314
スタインベックの小説の怒りの葡萄でも、葡萄が豊作で葡萄を捨てる仕事
をしてる季節労働者が葡萄が買えない
316  ライオン(チベット自治区). 2012/07/29(日) 15:07:52.47 ID:+oCifbJb0
今でも、車を作ってる期間工が車を買えないとか、変わらねえな。
322  猫又(新疆ウイグル自治区) 2012/07/29(日) 15:38:54.32 ID:ZVdjeP5R0
都市住民は、食い物は買わなきゃ手に入らないから買って食ってた
農村は自給自足が原則だな
でも、着物の布とかは買わなきゃ手に入らないから買ってた
そのカネは米を売ってたんだな。米は良い値で売れるし保存も利く
自家消費用なら芋やら雑穀が食えるのに売れる米をホイホイ食っちゃうようなバカな百姓はいない
325  猫又(新疆ウイグル自治区) 2012/07/29(日) 15:57:35.66 ID:ZVdjeP5R0
ガスが普及したり電気釜が登場するまでは、家庭ではロクなもんは食ってなかった
扱いが簡単な「火」がなかったからな
飯炊きだって人が付きっきりで火加減を見てないとメシは炊けない
おかず作りにしても味噌汁や単純な煮物を作るのが精一杯だったろう
江戸末期の都市部は屋台から料亭まで食い物屋だらけだったそうだけど
それだけ家庭で料理するのは難しかったということだ
昔、明治生まれのばーさんに聞いたけど、商家の奥さんでも
旨いものは食い物屋で食うのが当たり前という考えだったそうだ
ちゃんとした家では自分でちゃんとしたおかずを作ってたとかいうのはウソ
331  ヒョウ(大阪府) 2012/07/29(日) 16:44:46.61 ID:VosrSTUz0
>>325
家でメシたきするのは簡単だよ。
問題は火事。
原因が地震だろうが強盗だろうが出荷元認定食らうと一家皆殺しが江戸の法だったから。
それ位火の管理には厳しかった。
だから火を使わせないように料理屋で食う事を政策としてて料理屋は非課税だったわけだよ。
328  アメリカンワイヤーヘア(福岡県) 2012/07/29(日) 16:36:11.67 ID:7Vyea7CG0
うろ覚えだが江戸の町人の暮らしを大工(独身長屋暮らし)を現在のレートにすると
日当14000円
家賃一日100円
所得税住民税など無し
ビワ茶一杯150円
素ウドン一杯300円
ドジョウ鍋一杯300円
卵一個300円
くらいだったと思う
332  パンパスネコ(福岡県) 2012/07/29(日) 16:45:06.13 ID:gfvDGgeP0
>>328
家賃安いな。まあ、落語に出てくるようなボロ1Kなんだろうけど。
330  ギコ(神奈川県) 2012/07/29(日) 16:41:51.31 ID:PdU5Jcz10
卵高いな
朝飯時に売りに来たという納豆は
いくら位だったのだろう
333  オシキャット(山梨県). 2012/07/29(日) 16:46:39.59 ID:8EOq7+MH0
シュリーマンの滞在記読むと蛋白質が摂れないぞあれ
脳血管切れて四十代で逝くわ
334  スフィンクス(関東・甲信越) 2012/07/29(日) 16:47:37.93 ID:Wekp7IIDO
米に野菜や豆腐入れた味噌汁が基本だろうな
337  トンキニーズ(大阪府) 2012/07/29(日) 16:50:04.41 ID:1ZuMegJ30
江戸時代って江戸の話ばっかりだよね(´・ω・`)
大阪や京都や名古屋は人が住んでなかったような扱いだよね(´・ω・`)
いい加減「徳川時代」と言い換えるべき(´・ω・`)
江戸以外を無視しすぎや(´・ω・`)
345  ジャパニーズボブテイル(関東地方) 2012/07/29(日) 17:00:52.68 ID:We0x0zszO
水も空気も美味かったんだろうな
353  ギコ(神奈川県). 2012/07/29(日) 18:14:24.28 ID:PdU5Jcz10
そう言えば昔のマグロは猫またぎとか呼ばれてて
猫もまたいで通ったらしいけど今の猫なら喜んで食うよな
猫は何美味しいもの食ってたんだろ
358  ラ・パーマ(WiMAX) 2012/07/29(日) 18:45:22.60 ID:3Pvrecx8P
ジャガイモってなんで主食にならないの?昔は連作障害に対応できなかったの?
359  スナドリネコ(東京都). 2012/07/29(日) 18:49:26.72 ID:Fct1V0/d0
>>358
炭水化物じゃないから
360  ジャガランディ(東京都) 2012/07/29(日) 18:51:36.49 ID:qoUvmchO0
>>359
エエー
普通に連作障害だろ
361  シンガプーラ(関東・甲信越) 2012/07/29(日) 18:52:41.92 ID:dlmb2ZrHO
>>358
昔の欧米の貧乏人の主食だったよ
363  スナドリネコ(東京都). 2012/07/29(日) 18:53:57.06 ID:Fct1V0/d0
>>361
主食が肉の民族はよく食う
364  ロシアンブルー(dion軍) 2012/07/29(日) 18:55:59.02 ID:IewejJ5K0
>>358
入ってきたのが遅かったし米があまりに優れてたから代用食どまり
ヨーロッパじゃジャガイモの入ってきた近代以降福主食になってそのおかげで人口が増えてる
あいつら麦しか食ってなかったからなマジで
367  オリエンタル(愛媛県) 2012/07/29(日) 19:04:16.87 ID:5xcDFjMy0
イモは長期保存にむかねぇしな
コメならもみ殻付きで3年は楽勝で保存できる
369  メインクーン(静岡県) 2012/07/29(日) 19:07:35.65 ID:tpulGJQZ0
>>358
銀シャリ(白米)常食を原因とする江戸病(ビタミン不足だね)対策に
焼き芋が人気だったけど、サツマイモなんだよな。
371  ウンピョウ(東京都). 2012/07/29(日) 19:13:48.14 ID:8cKvcScv0
>>358
ちなみにヨーロッパでも、初めの頃は「味が無い」「切ったら切り口が黒くなる」
「ほっといたら何か生えてくる」「腐りやすい」ということで悪魔の食物といわれ
散々な評価だったらしい。
372  白黒(埼玉県). 2012/07/29(日) 19:15:44.92 ID:enGcqoqQ0
トマトも日本人が食い物と認識したのは開国後だからな。
あんな赤くて不気味で内臓みたいな実とか食えるかよwww みたいな。
374  アメリカンワイヤーヘア(熊本県). 2012/07/29(日) 19:21:59.13 ID:uiYqLxdF0
江戸時代は基本的に町人は税金激安。だから江戸はあんなに発展した。
あと税は各藩でばらばら。
幕府直轄の天領は安いが、過酷な大名だと八公二民までとる。
ただ、帳簿上から導き出される税率であり、帳簿のデータが古く、実際の村高の増加分が反映されず、
帳簿に未記載で税が課せられていない隠田があるため実際の税率はさらに低いと考えられている。
なんでそんなに帳簿のデータが古いかと言うと、増税のために検地をやろうとすると、反発した農民が一揆を起こすから。
100年以上検地が行なわれないなんてこともあった。
382  メインクーン(静岡県) 2012/07/29(日) 19:48:29.92 ID:tpulGJQZ0
>>374
弊害もあって、ただしく検地がされていれば餓死者なんて
でないのに、いい加減だもんで、苦しい農民と楽な農民が
生まれ、結果的に餓死者が出る。(同時期に裕福なヤツもいる)
測量で有名な伊能忠敬が有名になったのもそれ。
(天明の飢饉時の村民救済を評価されて苗字帯刀を許される)
370  マーブルキャット(石川県). 2012/07/29(日) 19:12:14.76 ID:TmnXrc3v0
ジャガイモは疫病にかかりやすい
そのせいで起きた飢饉でアイルランドの人口が半分になったこともあったしな
375  ロシアンブルー(dion軍) 2012/07/29(日) 19:23:00.89 ID:IewejJ5K0
>>370
司馬遼太郎「アイルランドってジャガイモ来る前何食べてたんでしょうね」
堀田善衞「何も食べてなかった」
宮崎駿「フシシシシシ!」
って鼎談がすげえ面白かった
379  アメリカンワイヤーヘア(熊本県). 2012/07/29(日) 19:42:45.28 ID:uiYqLxdF0
>>375
マジレスすると、スコットランドやアイルランドではオーツ麦っていうのを食ってたらしい。
ただこれはイングランドでは馬の飼料にされてた。
一応、近代になって栄養価の分析が行なわれると、実はなかなかの健康食品であることが分かったが、それまではこんな風にdisるネタに使われていた。
サミュエル・ジョンソン「イングランドではオーツ麦と言えば馬の飼料にすぎないが、スコットランドではオーツ麦が人を養う糧となっている」
ジェイムズ・ボズウェル「ごもっとも。だから、イングランドでは馬が優秀で、スコットランドでは人が秀でているのです」
説明は不要と思うが、ジョンソンがイングランド人でボズウェルがスコットランド人である。
380  ウンピョウ(東京都). 2012/07/29(日) 19:44:38.73 ID:8cKvcScv0
>>379
くっそワロタ。これは良くできたジョークw
381  スナドリネコ(東京都). 2012/07/29(日) 19:45:11.58 ID:Fct1V0/d0
>>379
「スコットランドでは人が禿げている」に見えた
384  ユキヒョウ(茨城県) 2012/07/29(日) 20:06:44.69 ID:othhdA420
餅は?
餅はなかったの?
385  ウンピョウ(東京都). 2012/07/29(日) 20:15:08.23 ID:8cKvcScv0
>>384
餅は古墳時代からあったよ。戦国時代では保存が効いて腹もちも良いと
保存食として重宝されてた。
399  アメリカンワイヤーヘア(熊本県). 2012/07/29(日) 21:52:40.21 ID:uiYqLxdF0
おせち料理が本当のご馳走に見えるレベルが当時の食生活
400  シャルトリュー(東日本). 2012/07/29(日) 21:56:27.00 ID:qlx8/0Fj0
ここまで一気に読んでしまった
みんな良く知ってんなぁ
401  サーバル(関西・東海) 2012/07/29(日) 22:00:43.45 ID:NZj1AgyQO
中高で習う日本史ではなぜか「農民は虐げられて貧乏で飢えてて...」みたいな感じだが
実際はそこそこいいもん食ってたらしいなあ
大飢饉とかならさすがに死んだけど不作くらいならむしろ幕府が貯蔵米を配ったりしてたらしいし
475  スペインオオヤマネコ(やわらか銀行). 2012/07/30(月) 11:44:03.92 ID:bXhbtKh40
>>401
そんなもん藩によって全然違う
天領とかヌルい藩は二公八民とかやってたし、逆に厳しい藩は八公二民とか搾取だった
藩にしても幕府から無茶な賦役ふっかけられたら増税せざるを得ないし
薩摩藩は江戸時代通じて目の敵にされまくったから、持ち出しの堤の建造とか琉球で日本とは思えないレベルの搾取してなんとか破綻免れてるような状況だった
だから「江戸時代は五公五民で農民は搾取されていた「言うほど厳しくなかったむしろ暮らしは良かった」というのはどちらも極論すぎて正しくない
あと教科書にも載らないしこの手のスレでもほとんど話題に出てこないけど、農民に対する規制も藩によって全然違うよ
それこそ酒タバコ学問書見全部ダメ、それらは武士のものという農奴みたいな扱いしてた藩もあれば
わりと自由で自治も認められてて農民のほとんどは生まれてから死ぬまで武士なんて見たことがない環境の藩もあった
東北には前者の厳しい藩が多くて、幕末に圧倒的な劣勢にもかかわらず奥羽列藩同盟結んだ背景には規制による藩全体の無学さがあったとよく言われてる
481  アジアゴールデンキャット(東日本) 2012/07/30(月) 14:20:09.49 ID:QLiJGaks0
>>475
そうそう、藩によっても時代によっても違うんだよな。
ただあまり苛烈な事をやって逃散でもされた日には年貢の上がりが減っちゃうし
生産者人口を増やす政策として子供手当てみたいな事してた藩もあるしね。
江戸時代はこうだった!ってなかなか言い切れないよね。
406  アメリカンワイヤーヘア(熊本県). 2012/07/29(日) 22:28:11.32 ID:uiYqLxdF0
>>401
豆腐、納豆、ひじき、煮豆、大根、漬物のローテーションが死ぬまで延々とづく
味付けは塩、味噌、醤油、酒、山椒でおしまい
卵は高価
魚は痛みやすく手に入りづらい
肉は物好きの金持ち用
408  黒トラ(やわらか銀行) 2012/07/29(日) 22:38:18.15 ID:FpzGIjEH0
>>406
当時の人たちは俺らと楽しみとか感覚も何も違っていたろうな
きっと欲求も自意識もわずかで淡々と日々を過ごして、病や飢えや獣、権力者、乱暴者と恐怖もたくさんあって
410  ウンピョウ(東京都). 2012/07/29(日) 22:51:37.39 ID:8cKvcScv0
>>408
それは、ない。
江戸時代は生産力が向上し、流通・貨幣経済も発達し、金持ちも
貧乏人もそれぞれの経済力に合わせた娯楽を楽しんでいた。
金持ちが芝居を見たり、舟遊びを楽しんでいる間、貧乏人はスキャンダラスな
瓦版を呼んだり寄席を聞いたり貸本を借りたりして苦しい中にも楽しみは見つけていた。
412  サビイロネコ(大阪府) 2012/07/29(日) 22:55:50.05 ID:1gErzBW/0
>>410
貧乏花見 って落語もあるもんな
416  ジャパニーズボブテイル(愛媛県) 2012/07/29(日) 23:29:03.75 ID:HbZgVxNn0
>>410
なにがすごいて、識字率の高さだよ
402  ソマリ(中国・四国) 2012/07/29(日) 22:08:24.03 ID:A4jJnWw/O
こういうのは江戸の話が多いけど、京や大坂の庶民は何食ってたんだろうね
404  サビイロネコ(大阪府) 2012/07/29(日) 22:14:02.30 ID:1gErzBW/0
>>402
だいこんのたいたん
409  チーター(埼玉県). 2012/07/29(日) 22:42:04.49 ID:HJeQUPQtP
>>402
大坂も京都もやっぱり米。
江戸時代は海洋輸送ルートが確立されて、
東北(日本海側)の米が、下関廻りの大阪経由で江戸まで行ってた。
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/11275_I1_12.html
その途中の各地でも米はどんどん買われていって、逆に売られもして、
各地の城下町の豊かな人は米を食ってたよ。
この海洋輸送で色んな物が流通して、江戸には各地の品々が集まった。
田舎の商人は大坂や京や江戸に物を売って稼いだ。有田みかんとか代表例。
食料以外のものも、各地で買われ、売られ、物流がかなり盛んになった。
「一生に一度はお伊勢参り」が流行ったのも、この物流網で情報が江戸に出回ったから。
東海道のガイドブックが出版され、江戸で売れまくった。
江戸から歩いて、富士山見物、箱根温泉、あとはガイドブックに従って陸を歩いて伊勢へ。
お伊勢参り後は熊野古道で熊の三山(那智の滝)や、奈良、京都、大坂と巡って、
土産を手に江戸に帰る旅が流行ってた。
http://kw1658.i-ra.jp/e295861.html
赤福はみやげでなく、現地で旅人が食ってた。
江戸への土産は日持ちする各地の薬とかが喜ばれたそうな。
403  スナドリネコ(東京都) 2012/07/29(日) 22:12:52.66 ID:hs+AchSW0
身欠きニシンとか西日本ではポピュラーだろ
江戸時代、蝦夷では取れすぎて、肥料にしていたくらいだから
417  スナドリネコ(東京都) 2012/07/29(日) 23:37:34.22 ID:hs+AchSW0
卵が1個400円相当だっけ
地上の動物では鳥しか食べられないというのが痛いよな
牛・豚・牛乳の動物性たんぱく質が取れないのが痛かった
綱吉の前は犬肉とか食べていたのにな
426  オセロット(東海地方) 2012/07/30(月) 01:55:31.83 ID:aApXUkdNO
>>417
その3つをあんま食べないようにしたら
花粉症とか劇的によくなったけどな。
420  ヒマラヤン(新疆ウイグル自治区) 2012/07/29(日) 23:43:07.03 ID:3nk+sGep0
鶏一羽買ってばらしてもらって皮から内臓まで全部軍鶏鍋にして食ったって聞いた
422  サビイロネコ(大阪府) 2012/07/29(日) 23:48:20.86 ID:1gErzBW/0
>>420
竜馬の好物か
423  スナドリネコ(北海道). 2012/07/30(月) 00:58:32.28 ID:GHK69K9r0
よく言う識字率の高さも
江戸は武士商家が多いから高いという理由があったわけで
東北の田舎は明治に入った頃ですら20~40%という有様だぞ
食い物もそうだが、江戸時代の地方格差は物凄い
427  オシキャット(東京都) 2012/07/30(月) 01:55:57.10 ID:0GfzkDFH0
今日、
武士の料理再現
みたいな本を本だけど、
完全に玄米だった。
精米された米を食うようになったのは
結構最近なのかな
429  バリニーズ(dion軍). 2012/07/30(月) 02:00:05.80 ID:uW1oGda70
毎日スシだろwwwwwwwwwwwwwwwww江戸前鮨だろおおおおおおおwwwwwwww
430  ピューマ(福岡県). 2012/07/30(月) 02:08:26.81 ID:b8Lm6Tv60
>>429
半慣れ寿司が1800年初頭だな
江戸時代の後期
434  アビシニアン(WiMAX) 2012/07/30(月) 02:38:00.79 ID:bzn0G1vy0
「江戸前」という単語の起源は明治後期に養殖していたウナギ。
「鰻は江戸前に限る」とは養殖池が宮城(江戸城)前だったことからだ
ちなみにこの養殖で成功した連中が浜名湖に移住して名物にした
さらに後に東京湾)で獲れた魚のことを「江戸前」と呼ぶようになり
「魚は江戸前に限る」という話になるが、意味は「東京で食うならば遠くから運んでくるより
目の前の東京湾で獲れた魚が美味い」というごくあたり前のはなし
江戸時代が終わってから何十年もたって、頭に「江戸」とつけることでブランド化を図るコピ
ーライトは成功し、今じゃ天ぷらや蕎麦までが「江戸前」を名乗る
438  アビシニアン(WiMAX) 2012/07/30(月) 02:51:31.85 ID:bzn0G1vy0
江戸前寿司は「江戸」と付いていることでなんとなく江戸のものと思われがちだが
何人かが指摘しているとおり江戸時代の江戸の寿司は現代のものとは似ても似つかないオニギリに煮魚や酢絞めの魚が貼りついたもの
寿司=江戸のイメージを助長するものに
「江戸っ子だってねえ、寿司食いねえ」で有名な森の石松の話があるが
これも残念ながら明治中期の講談だったりする
441  白(京都府) 2012/07/30(月) 02:59:50.77 ID:1YBoxdmF0
鶏があれば動物性たんぱく質って十分な気がするけどな
まあ毎日のように食べられたわけじゃないだろうけど
あと山岳地帯のマタギとかは猪とか食べてたように想像するんだけど・・・
じゃないと、他に食べるものが少なすぎるだろ?
米はもちろん穀物はとれないだろうし、海も魚もない、
444  シャム(新疆ウイグル自治区) 2012/07/30(月) 03:05:44.86 ID:nuBHrx4P0
日本人は米を食え!米は日本の食文化!
なんていうけれど、精白米を食べだしたのなんかせいぜい江戸時代末期からです
それも地方の人間は白米なんかたべてない。雑穀(粟、稗等々)を食べてました
現代の三食白米食べるなどという食生活は、欧米人に比べ肝機能が弱く糖の処理が上手くできない
日本人にとって最悪の食生活です
穀物ひいては糖質などは、摂取しなくても問題ないです
脳の働きにはブドウ糖が必要というけれど、糖質を摂取しなくてもブドウ糖は体内で生成されます
「三大栄養素」というのは真っ赤なウソで、必須アミノ酸、必須脂肪酸はあるけれど
必須糖質はありません
日本人は米の常食をやめれば糖尿病患者は激減します
450  ハイイロネコ(愛知県) 2012/07/30(月) 03:18:16.20 ID:l7UzAgTx0
>>444
こういう妄言に惑わされないこと
糖質・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維
すべて重要
453  スフィンクス(神奈川県). 2012/07/30(月) 03:30:42.88 ID:deYRQl7W0
>>450
>>444も間違っちゃいないよ
白米は糖質が多すぎるのに栄養素が少なすぎる
白米100%じゃなく、雑穀混ぜるなりとかって方向性は必要だと思われ
448  アジアゴールデンキャット(dion軍). 2012/07/30(月) 03:14:39.83 ID:UDFxHhdj0
江戸が文化的コンテンツで上方を上回りだしたのは18世紀後半から
それまでは人口が多いだけの都市だった
452  デボンレックス(栃木県) 2012/07/30(月) 03:24:50.50 ID:pz6mj/k70
ヨーロッパの農奴階級の食事は日本の百姓のと大差ないぞ
近代以前はそんなに違ったもの食ってなかった
454  トラ(やわらか銀行). 2012/07/30(月) 03:32:45.58 ID:ulDA+ZJi0
ドイツなんかでも、天井から塩漬けの魚かなんかぶら下げて、それを囲みながら
その匂いをおかずにしてイモかなんか食ってたらしいねw
465  コーニッシュレック(山口県) 2012/07/30(月) 07:00:32.95 ID:1YFnwxOW0
ご飯のとき茶碗に軽く一杯がデフォだけど、牛丼屋行くと並盛でのごはんの多さにいつもびびる。
これが世間では普通なのか?と。
466  トラ(東京都). 2012/07/30(月) 07:04:47.52 ID:rwfGDC3C0
>>465
丼物とお茶碗の一膳を同一に考えるのが、そもそも間違い
467  ターキッシュアンゴラ(大阪府【緊急地震:岩手県沖M5.6最大震度3】). 2012/07/30(月) 07:08:09.03 ID:5fp72XSk0
小学校の時、脚気ってどんな病気なんだか興味があって
保健で授業の時に先生に聞いたんだ、もちろん保健体育の専門教師に
そしたら、『膝を木槌で叩いても、上がらなくなる病気だよ』って・・・
コラ、それは症状があるかどうかのテストの手段だってバヨ
小学生にマジでツッコミ入れられる保健体育の教師ってどうなのさ?
476  アビシニアン(WiMAX). 2012/07/30(月) 12:33:40.73 ID:bzn0G1vy0
池波や杉浦センセは嫌いではないが
江戸愛が強すぎて江戸文化を何でもかんでも美化してしまうのはいかがなものかと思う
483  エキゾチックショートヘア(熊本県). 2012/07/30(月) 15:43:09.96 ID:5MeUEXaq0
>>476
池波先生のは江戸ファンタジーです
秋山小兵衛の食生活を実現しようと思ったら小大名クラスの財力が必要。
477  メインクーン(庭) 2012/07/30(月) 13:12:14.78 ID:BiSCzg2F0
池波センセは読んでると腹が減る
480  ぬこ(福島県). 2012/07/30(月) 13:29:23.91 ID:YqWOt4Ne0
時代物で江戸都市部の料理の描写は多いけど、地方の食文化のはあまりないな
藤沢周平くらいしか思いつかない
山形舞台だから山菜、干物、味噌類が多い
484  コラット(東京都). 2012/07/30(月) 15:48:35.15 ID:i6N1gTUt0
うちの先祖は田んぼに泳いでいる魚食ってた
491  スコティッシュフォールド(やわらか銀行) 2012/07/30(月) 18:30:07.53 ID:y+y6UP7z0
>>484
昔はウナギとかも田んぼにいたんだよ
485  カラカル(埼玉県). 2012/07/30(月) 16:21:49.84 ID:RjnRNMpRP
鯉うめぇwww
487  ヒマラヤン(神奈川県) 2012/07/30(月) 17:46:40.57 ID:U/CDh/iV0
昔の玄米ってまずかったのか?
俺は白米より全然玄米のが好きだ。
488  マーゲイ(西日本) 2012/07/30(月) 18:01:52.14 ID:aa7NwNg60
見た目がキレイになるのと、炊いた時に柔らかく噛みやすくなるのと
つまるところ、本来食える部分を捨ててるっていうのは、一種の贅沢な食い方なんだと思う
490  マーゲイ(西日本) 2012/07/30(月) 18:26:41.62 ID:aa7NwNg60
粟や稗を食ってみたけりゃ、雷おこしを買いなさい。
492  ボブキャット(東日本) 2012/07/30(月) 18:31:01.40 ID:iJDCCo2R0
山本周五郎に出てくる江戸時代の食事もやはり空想なんだろうか
庶民でも鳥鍋とか鯵の酢じめとか結構いろいろ出てくるし
「驚くほど質素」な田沼意次の祝いの食事でも鯛やらあわびやら
魚の塩焼き、鳥のしぎ焼きとか結構いっぱいでてきた気がした
500  アジアゴールデンキャット(青森県) 2012/07/30(月) 18:51:05.50 ID:hnKQOvNY0
お刺身とか喰ってたんかなぁ?
505  ボルネオウンピョウ(東京都). 2012/07/30(月) 19:15:06.97 ID:KMYTWGOi0
>>500
料理自体は室町時代頃からあったらしいけど、魚料理のジャンルとして
確率したのは江戸時代の江戸らしい。
冷蔵庫の無い時代は今より高級な料理だった。
502  アンデスネコ(東京都) 2012/07/30(月) 18:52:47.99 ID:tQjHT0mI0
今じゃ稗や粟なんかダイエット食で
米より高く売ったりしててな
504  ボブキャット(東日本) 2012/07/30(月) 18:55:59.31 ID:iJDCCo2R0
>>502
あー刑務所で麦飯食ってるっていうんで
興味もっておし麦とかいったかな、それをネットでしらべたら
普段俺がくってる白米より高かったよ
506  ボルネオウンピョウ(東京都). 2012/07/30(月) 19:19:29.45 ID:KMYTWGOi0
>>504
「押し麦」ってのは大麦に蒸気を掛けながら押しつぶして火を通り易く
加工したもので、近代以降の発明品。
戦国時代や江戸時代の麦飯はタダの麦なのでボッソボソに固くて食べにくい。
509  スミロドン(茨城県) 2012/07/30(月) 20:30:02.50 ID:KUrznHZD0
屋台に蕎麦なんか実際にあったのかしら?
510  マーゲイ(西日本) 2012/07/30(月) 20:45:16.92 ID:aa7NwNg60
ttp://ginjo.fc2web.com/148osuwadon/yotakasoba.jpg
夜鳴き蕎麦といやぁ、天秤屋台だねェ
色男、お大尽の悩みは江戸患い、貧窮者にゃ縁はござらぬが
さしずめ旦那もそちらでお困りでしょうから、一杯召し上がってみちゃアどうです
512  縞三毛(静岡県). 2012/07/30(月) 20:55:08.34 ID:XLCRxtjS0
第45話 江戸の大食い大会

 文化十四年(1817)三月二十三日、柳橋の万八楼(万屋八郎兵衛)で、大酒・大食の会が開催された。
 万八楼は当時、江戸の文人が愛用していた料理屋である。書画会などに用いられた。
 大酒・大食の記録は、以下の通りである。

(酒の部)
 三升入の盃で三盃 六十八歳の町人。
 三升入の盃で六盃半 三十歳の町人。呑み干したあとその場に倒れたが、目を覚ましたあと、茶碗で水を十七杯飲んだ。
 五升入の丼鉢で一杯半 七十三歳の町人。帰宅途中、土手で倒れ、翌朝まで意識不明だった。
 五合入の盃で十一盃 五十一歳の町人。呑み干したあと、五大力を唄い、茶を十四杯飲んだ。
 三合入の盃で二十七盃 四十七歳の町人。その後、飯を三杯食べ、茶を九杯飲み、甚句を踊った。
 一升入の盃で四盃 六十三歳の諸藩の武士。謡を口ずさみながら、一礼して帰った。
 三升入の盃で三盃半 武家屋敷の奉公人。しばらくのあいだ倒れていたが、気づいたあと、茶碗で砂糖湯を七杯飲んだ。
 
(飯の部)普通の茶碗で茶漬け、おかずは香の物だけ。
 飯五十四杯 唐辛子五把 七十三歳の町人。
 飯四十七杯 四十九歳の町人。
 飯六十八杯、醤油二合 四十一歳の町人。

http://homepage3.nifty.com/motokiyama/nagai4/nagai4-45.html
514  ヒョウ(東京都). 2012/07/30(月) 21:02:44.41 ID:UGBasuHZ0
>>512
色々記録と年齢がおかしいw
じじい食いすぎww
531  白(埼玉県). 2012/07/30(月) 22:35:41.17 ID:b6UG/zb80
>>512
>七十三歳の町人。帰宅途中、土手で倒れ、翌朝まで意識不明だった。

おいw 死ぬ死ぬwww
513  スミロドン(茨城県) 2012/07/30(月) 21:01:53.25 ID:KUrznHZD0
天ぷらそばとか月見うどんとか
あったのかな
516  ボルネオウンピョウ(東京都). 2012/07/30(月) 21:09:10.46 ID:KMYTWGOi0
>>513
江戸末期の蕎麦屋・うどん屋のメニューの例
「あんかけうどん」
「天ぷら」(小さいエビのかき揚げが乗ってる)
「花まき」(もみ海苔を散らしたやつ)
「しっぽく」(卵焼き、かまぼこ、しいたけ、くわいが乗ってる)
「あられ」(青柳の貝柱と海苔が乗ってる)
「卵とじ」
515  縞三毛(兵庫県) 2012/07/30(月) 21:04:34.36 ID:1O4cBfVh0
なんや、今頃
仁がブームか?
これは、あんどーなっつといいまして、
真ん中に穴があるのは非処女の印
517  ぬこ(神奈川県). 2012/07/30(月) 21:28:24.37 ID:i5DJ5rwI0
はなまきそば美味しいよね
はなまきが何なのか知らないで注文したらただの海苔がのったそばで
がっくりしたけど食べたらうまい
メニューに有るときは必ず注文する
519  エキゾチックショートヘア(熊本県). 2012/07/30(月) 22:00:04.45 ID:5MeUEXaq0
昔の麦飯と現代の麦飯はかなり違っていて、
昔の麦飯は食えば食うほど口の中の水分を奪う本当にまずいものだった。
豊臣秀吉は「若い頃は貧乏で、麦飯に水をかけながら食べたものだ」と語っている。
521  ピューマ(東京都) 2012/07/30(月) 22:07:38.66 ID:5fUuQ2jL0
そばも昔は麺じゃなかったんだろ
522  ボルネオウンピョウ(東京都). 2012/07/30(月) 22:13:31.83 ID:KMYTWGOi0
>>521
蕎麦を麺状に加工した「蕎麦切り」は17世紀の初めに誕生し
17世紀中ごろに急速に普及した。
523  スナドリネコ(大阪府) 2012/07/30(月) 22:16:21.17 ID:UuFdVJqY0
昔の話ってほんと面白いわな~



まとめサイトを作るなら「まとめるクン(仮)」 powered by livedoor wiki.

コメント(21)

>今でも、車を作ってる期間工が車を買えないとか、変わらねえな。

小泉竹中以前は買えたんだけどねw
それは期間工の直接雇用が多かったからw
今は、派遣屋のピンはねのおかげですwww
その派遣屋を子会社がやってたりするからタチが悪いねwww

江川さんってパンを国内で最初に作ったんですよね。反射炉の土産物屋で再現した物を販売してました。

パンを作ったのは、軍用の携行食としてです。
猟をする時は、おにぎりとか、山の狩り小屋で煮炊きしていたらしい。

伊豆の猟師は犬を連れて猟をするんだが、犬が行方不明になると、おにぎり一つと手袋を片方、置いて帰るそうで、残された犬はおにぎり食って、手袋くわえて、自分で山から自宅に戻るそうです。

江戸と田舎じゃ随分状況が違ったでしょう。
火事防止で外食産業興隆というのは納得。
屋台で米飯だけ売るわけないから結構食生活も良かったんじゃないか。
バンコクも家で作るより屋台で買ったほうがやすいし美味い。
田舎は屋台も少ないからそういうわけにもいかんだろう。


江戸時代の相撲取りは何を食っていたの?

江戸時代に米饅頭というと米でできた饅頭のことではありません。
船饅頭と言うとわかると思いますが私娼のことです。
毛饅頭というケツ毛バーガー並の卑猥な言葉も使われます。
おまんこの語源説は諸説幾万個もありますが、私は饅頭が語源だと思うまんまん。

おもしろスレだ~。
ネトゲリさん、ピント外れの政治スレは要らないからさ、
こういうスレを発掘して下さい。
おねげシャス。

炊きたてのごはんに江戸むらさきのせて食うのが江戸飯w

このサイトは
ピント外れの政治スレ、
米欄常駐の粘着馬鹿による執拗な公務員叩き、???な相場情報(アメ発信嘘)で構成されています。

イネ科の米には、麦類に比べて主食にする上で、劣る部分があります。
それは、タンパク質の含有率。
米が7%前後なのに対して、小麦は8~14% この辺の理由が、
欧米人との体格差を生んだのかもしれません。
タンパク質が少ないので、当然補助しなければなりませんが、その辺の事情で、
丼物が開発されたのかもしれません。
食の起源が、民族の勃興や文化の運命を左右してきたのは、紛れも無い事実です。
江戸時代の人たちの体格の小ささは、米の食い過ぎと言うより、
米に依存し過ぎた食生活の結果だったのでしょうか?

徳川将軍家十五代のカルテ 篠田達明 著
という本があります。
将軍の死亡原因の本です。
家康 75歳 胃がん 側室19人子供19人 
秀忠 54歳 胃がん   2   9
家光 48 脳卒中(高血圧)9 7
家綱 40 不明      0 0
綱吉 64はしか→窒息死  3  2
家宣 51 インフルエンザ 4  6  14代家茂21 脚気衝心
家継 8  急性肺炎    0  0
吉宗 68 再発性脳卒中  6  5  15代慶喜77肺炎24人
家重 51 尿路障害(脳性まひ)2 2
家治 50 脚気衝心(心不全) 2 4
家斉 69 急性腹症     16 57
家慶 61 暑気あたり     7 29
家定 35 脚気衝心(脳性まひ)0 0

家康は天ぷら というのが有名ですが
当時胃がんの末期だったろう。と著者はかいてます。
将軍家なので、いろいろな記録が残っていて
それを分析したようです。
番外として
結城秀康は梅毒 (家康二男)
光圀は食道がん とあります。

公務員さん、こんにちわー

今日も暑いでつねー

川崎のごみ収集なら風呂に入ってもう帰る時間ですwww
15時には風呂に入ってすっきりさっぱりwww
その後は、新人博打でカモにしたり、無臭動画ダウソロードさせたりの自由時間ですwww

>博打でカモwww

好きな奴って、沢山いますねー
野球も恥まるおwww
極道ども、しっかりしのげや!!!

公務員は今日もカスw

本日も常駐ごくろう。
あちこちカキコ 暇なこっちゃww

俺は現業じゃないんで、
残業あるんだわ。

一杯飲んで寝ます

以上、カス公務員の遠吠えでしたw

これほど腹の減るスレも珍しい。

江戸の食事といえば、八百膳はまだあるのですね。行ったことないけど。当時の食事を調べてみると、おかずにしても淡白で、いまの老人食みたいな感じか。江戸時代から続く「弁松」のお弁当が、ちょっと江戸気分かも。もっとも商標で揉めて、「木挽町辨松」となった別店のほうが個人的には好きです。こっちのほうが安いし、味付けも今風な感じ。

そういえば森鴎外の黒歴史。陸軍の軍医総監であった森鴎外は、脚気の原因をウイルスによるものであると主張し、そのために日露戦争では多くの兵士が脚気に苦しんだという話があります。

独逸留学時の研究に拘って自説を曲げなかった為に。既に高い社会的立場を与えられた軍医官僚&作家だったからでしょうか。自分が間違っていると認めず現場の兵士を大量に死へと追い遣った。ところで、脚気って放射線が原因でしたっけ? そんなわけないですね。失礼しました。
ここ十数年ずっと家では玄米。会社に持っていく弁当も玄米だから時々同僚に「炊き込みご飯?」と訊かれる。偶に食べる外食の銀シャリが旨いこと旨いこと。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山