ピックギターの改造

| コメント(3)
IMG_4281.jpg

Godinなんだが、こないだ紹介したんだが、改造計画に取り掛かった。色々とやっているうちに気が付いたんだが、ブリッジがプラスティックです。通常、ここは紫檀の削り出しだったりするんだが、こういうところが「カナダ製」は油断ならないw もちろん、プラスティックが悪いというんじゃないが、やはり安っぽさは否めない。楽器は見てくれも大事だよね。



そこで、GOTOHの市販ブリッジに交換。2500円くらいで売ってます。金属製でずっしり重いので、音も多少変わるだろう。ところで弦を、その端っこで支えている金具は「テールピース」と呼ぶんだが、これはCHAKIの現行品も同じものを使っていて、他にもあちこちのメーカーが同じ部品を使ってます。コレはSCUDというメーカー製だというのが判明。価格は2000円です。

アコースティックギター(いわゆるフォークギター)では、こうした機構が木製で、ボディに接着されてます。なので、割れたり剥がれたり、なんせ力が掛かるところなのでトラブルが多いんだが、フルアコースティックギターとかピックギターとかだと、こうして簡単に交換できるし、がっちりした鋳物の金属なので、壊れることも少ない。また、弦高が調節できるというメリットも大きい。このギターは、中古で買った時にはダダリオのブロンズ弦が付いていたんだが、それも悪くないんだが、将来的にはピックアップ付けるので、鉄弦に交換しなきゃならない。エレキ弦が安いが、ここは奮発してJAZZギター用のフラットワウンド弦です。巻き弦が磨いてあって、ツルツルです。指の滑りが良いので弾きやすい。FからGへの移行とか、楽。

かくして、ギリギリまで弦高を下げて、JAZZ弦でツルツルと、弾きやすさはエレキ並みで、しかも電気使わなくてもフルアコなのでシッカリと箱も鳴っているというシステムが完成です。

いわゆる「フォークギター」と比較すると、こうしたバイオリン型のギターというのは、音のバランスが良くて、和音が綺麗に鳴ります。ただし、フォークギターの方が音は大きい。低音はブンブン唸るし、高音はシャリシャリ賑やかだし、余分な音まで出るので、誤魔化しも効きやすいw フラットトップと呼ぶくらいで、表と裏の板が平らで並行しているので、音に癖が出やすい。ところが、フルアコは「アーチトトップ」と呼ばれるように、表板が微妙に曲面なので、定在波が出ない。音に癖がなくて素直だ。まぁ、用途にもよるんだが、おいらの目指している弾き語りは「ベトナム戦争のキャンプ巡りをしていたJAZZミュージシャン生き残りの爺さんが、余興で唄います」的な地味~な路線を目指しているので、つうか、酒飲んでいる横で延々とやられても煩く感じないような音作りを目指しているので、フォークギターよりこういうギターの方がメインになります。

コメント(3)

ここは金属(銀、べり、案外錫)では如何でしょうか、やはり黒檀か、極め付きは香木。

木製ブリッジ、こういうのありまっせw 
http://www.stewmac.com/shop/Bridges,_tailpieces/Archtop_guitar_bridges/Archtop_Guitar_Bridge.html
ダダリオの同じ弦、セミアコとソリッドに使ってますけど、すべすべ、メローな音がいいですよね〜一度使うと病みつき

人間の指で直接触れる弦、この指の脂質で弦は死にます。脱脂により生き返らせてください、あなたのまごころを素直に表現してくれます。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント

  • ギター弾き: 人間の指で直接触れる 続きを読む
  • あーちとっぷ欲しいなぁ弾けないけどw: 木製ブリッジ、こうい 続きを読む
  • 係わりあるもの: ここは金属(銀、べり 続きを読む

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山