酢味噌ダレで鶏を食う

| コメント(5)



IMG_4191.jpg

箱根の愛ポークの親父は、鶏舎作りの名人で、あちこち頼まれて鶏舎を作りに行くらしい。そんな相手先のひとつが奥三河で、その奥三河鶏が箱で送られてくるんだが、柔らかくて弾力があり、プリプリの良い肉質です。こういう肉は、あまりいじらない方がいいね。夏なのでサッパリと、東南アジア風に仕立ててみた。






東南アジアでは、こうした鶏肉を蒸してご飯に乗せて食べるんだが、さすがにただ蒸すだけというのも芸がないので、ハーブアンドソルトをたっぷりまぶしたモモ肉をタコ糸でギリギリと巻いて、オーブン280度で10分ほど焼く。もちろん中まで火は通ってないので、更にそれをコトコトと煮込む。約20分。鍋の中に放置したまま、冷めたらアルミホイルで包んで冷蔵庫にしまっておこう。残った鶏味のスープは、まぁ、他にも色々と使い道があるので捨てないようにw 味の調整だけして、そのままスープで飲んでもいい。

さて、タレ作りです。酢味噌ダレです。ニンニクを効かせた白味噌、酢がベースで、砂糖で味を調整し、ゴマ油も使う。冷蔵庫でよく冷やした鶏肉は、ロールチキンのようにしっかり固まってハムみたいに切れます。今回は時間がなくてあまり冷えてないので、バラバラになってしまった。味は変わらないです。ほんのりピンクが残った肉は、プリプリした感触がたまらない。さっぱりした酢味噌で、暑い夏にはうってつけの一品です。

コメント(5)

鶏肉のぬたあえ?

好きなお肉の中でも鶏肉が一番好きだったりするんだけど、
酢味噌ダレか~、こういう食べ方もあったんだ。
オーブンで焼いて後にコトコト煮込む、時間がなければ蒸す
だけでもいいのかぁ。それで今度作ってみよ。

でも美味しそうだ~~♪

良いお肉♥

練り胡麻加えたら棒々鶏?

鶏好きでよく食べますが、
これは良いですねぇ...

是非やってみます。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山