あながわ鍋

| コメント(3)


IMG_4057.jpg

鰻丼なんざ、いくら高くなってもまだ食えるだけマシというもので、今や幻となったのが「ドジョウ」です。永田町にも不良品のドジョウがいるらしいが、今どき手に入るドジョウというのも、みんな不良品。昔のドジョウは骨まで柔らかくて丸で柳川鍋に仕立てたものだが、今のドジョウは「骨が堅い」と評判が悪い。というのも、農薬を使うので天然物のドジョウが壊滅で、養殖しているわけです。養殖すると、どうしても効率が重視される。結果、餌が良すぎて、骨太になってしまうらしい。天然物は栄養不足で骨が細いのだとか、ホントか嘘かw なので、開きのドジョウ鍋が増えたね。おいらも微かに覚えている、あの、丸のドジョウはもう食えない。



さて、鰻は高いし、ドジョウは堅いし、ナマズはココら辺では手に入らないし、そこで思い付いたのが、コレだ。穴子。安いし、味も悪くない。行きつけの魚屋では、常時500円くらいで200gの細切れ穴子を売っていて、おいら、胡瓜と合わせて酢の物にしているんだが、その穴子で柳川鍋作ってみました、という試み。もちろん、本当は生の穴子を買って来て、素焼きにしてから鍋にすればもっといいんだが、今日は生の穴子はなかった。穴子の旬は今頃なので、手に入ったら是非、やってみたい。で、冷凍物の細切れ穴子ながら、ちゃんと出汁引いて、牛蒡を笹掻きにして、醤油と味醂、砂糖で甘辛い汁を作り、穴子投入して玉子でとじる。最近はドロドロ半熟みたいな玉子丼が流行りのようだが、柳川ではそんなのはおいら、許さない。土鍋でコトコト煮えてるところに玉子流し込んで蓋して、食卓まで運べば、ほぼ固まってます。この、「ほぼ」というのが大事。

さてもお味なんだが、穴子はよく味が出るので、牛蒡が美味しくいただけます。穴子は身が柔らかいので、細切れだとバラバラになっちゃって、存在感が薄いね。やはり、生穴子を焼いて使うべきだろう。まぁ、暑い夏に、エアコン効かせた部屋で、こういう変わり鍋をハフハフ言いながら食べるというのも乙なもんだ。

コメント(3)

昏迷する政治、殺伐とした事件が多い中、伊豆グルメの記事
を見ると何となく心が和みます。

ドジョウ鍋は、一度も食した事がございませ~~ん。
アナゴで代用出来るのですね、UPされる写真、どれもこれ
も美味しそう~♪

>最近はドロドロ半熟みたいな玉子丼が流行りのようだが

私も卵の半熟、苦手です。ほぼでもいいけど、しっかり火が
通ってるのがいい。こういう面では「ほぼ」のわからないお
子ちゃま舌かも・・・^^。

 自分はしないけど、釣りをする人はドジョウを餌に何か釣るんでしょ。

岐阜のおちょぼ稲荷でも「どぜう」「なまず」が、あんまりたべられんw
やっとる店はあるとおもわれるが、すくなーなったでよぉーw
脂が乗っていない淡白な味はおいしいんだけどねw

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山