ウチら客引きはだいたい巣鴨

| コメント(18)
被害者は渋谷で立ちん坊の売春婦をやっていたそうだが、昼間はエリート社員だったそうで、何故? という疑問もあるんだが、それには誰も答えてくれない。穿った見方をするなら、SMプレイの一環だったのではないか? と想像してる人もいるんだが、確かに一部のマニアは、自分の女にそういう行為をさせて話を聞いて興奮するという性癖の持ち主もいないわけじゃない。たとえば会社の上司とかと密かに出来ていて、隠された恋ゆえ過激なプレイに走り、夜毎、行きずりの男に身を任せて、報告しながらのSEXに燃えるとか。まぁ、妄想だがね。で、事件の後で、近辺の地廻りが一斉に姿を消したという話があるんだが、ところで、この事件で一審無罪の後再拘留という非道な決定を下した裁判官のひとりが、少女売春で有罪になっているそうですw






541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 01:12:18 ID:hsFw6Wqd
この事件に際し、私が知っていることを全て書こうと思います。
私は生まれながらにして渋谷を離れたことがなく、いまは神仙にある実家で家業を継ぐ者です。

この事件があった当時、渋谷のホテル街は今よりずっと客引きが盛んで、当然ながらそこには、地回りの暴力団の重要な資金源の一つとして、女性をあてがう商売が盛んに行われていました。

ここで当事件の被害者Yさんは、暴力団の後ろ盾を一切持たない素人の立ちんぼだったのですが、私を含むあの界隈の住人は、Yさんが客引きや男に凄まれている姿を何度か見ています。

夜通しホテル街に立つ客引き達としては、自分らのシマを勝手に荒らすYさんという認識は共通していたはず。

それでも所詮は客引きですから、本物のヤクザの凄みがあるはずもなく、Yさんとしては特段臆することもない、あくまで小ウルサイ連中くらいの認識だったのでしょう。

それが証拠に、「殺されてえのかテメエ!」と言われている姿を見た翌日でさえ、夜には丸山界隈を歩くYさんを、私は祖父と一緒に目撃しましたから。

そしてあの事件があった当日、私が真っ先に思ったのはあの客引きと取り巻きの暴力団員なのですが、あの事件以降、私が顔を知る数人の客引き全員が姿を見せなくなってしまったのです。

彼らが数年に渡り立ち続けていたホテル街は、あの日を境に今日この日まで、ただの一度も姿を見たことがありません。

客引きの中には顔見知りになった人もいて、挨拶程度の会話を交わしていた人もいました。

ある朝方私が大学へ通学する際、その客引きとたまたま一緒に道玄坂を下ることがありました。
彼は「これからようやく帰って寝るとこ(笑)」と私に言い、話の流れで「お住まいはどちらなんですか?」などと私が聞いたこともありました。

そんなこともあって以降、あの事件の翌日から、顔を知る客引きが一斉に消えたのは、「あんな事件があったのだから、商売もやりづらくて辞めたんだろう」などと言う住人もいます。
しかし、私にはどうしてもそうは考えられない理由があるのです。

先述の客引きに対し、私が住まいを聞いた際、彼の答えを私はハッキリ記憶しています。

「ウチら客引きはだいたい巣鴨、事務所で借り上げしてもらってるモンでね」

―― 事件の詳細が明るみになっていく中で、Yさんの定期券が巣鴨界隈で発見された報を聞いた時、私は心の底からゾッとしたものです。

この一連の話を直接話したのは、今は亡き私の祖父だけです。
祖父はなにかの間違いだから、このことは絶対に誰にも話してはいけない。と言い、本気になったヤクザというのは本当に恐ろしい組織なんだ、と、いつもより少しだけ強めの口調で私に言いました。

事件から10余年が過ぎたいま、ここに書き留めておきたくなった心境は私にも分かりません。
また、これら私の知る事実が、ゴビンダという人の無罪を証明する材料には何らなっていないことも承知しています。
ただ、事実を事実として知って欲しかったのです。

コメント(18)

神仙じゃなくて神泉じゃなかった?
なぜ誤字?

原文ママです。
単なる変換ミスだろ。マイクロソフトのIMEで神泉出すのはあまり簡単ではないから。

参考人で呼ばれた方を知っているんですが…
その方いわく、被害者は頭が良くて話も面白い人だったようです。ただ少し変わっていて一般的に女性がしないようなこと、コンビニで、つまみの柿ピーと漬け物、ビールを買い、そのビールを飲みながら部屋に来ることもあったとか。でも売春して、その挙げ句に殺されるような女性ではないと言ってました。だから警察に呼ばれたときも「同姓同名の別人だろ?」と思ったとも。
メンヘラだったんでしょうけどね。

事件当時は渋谷で働いていました。
同僚がよく井の頭線の最終で見かけたと言っていました。
混雑する車内でお弁当を食べたりしていたので記憶に残っていたそうです。

非道な裁決をした裁判官の話のほうが
おもしろそう。
詳しくのせてもらえませんかしら。

勝俣とか清水とかの国会での証人喚問を要求する!!

昨日、この事件に関係した裁判官がテレビで笑って言い訳してたよ。
「だから裁判って怖いんです」だと。

↓非道な決定を下した裁判官

<村木 保裕>

『2000年4月1日、東京地方裁判所判事兼東京簡易裁判所判事に補せられる。同時に東京高等裁判所判事職務代行を命ぜられる。高等裁判所で刑事第5部を担当。

同年5月19日、東電OL殺人事件の控訴審(一審で無罪判決を受け、検察側が控訴)において、ネパール国籍の被告人の保釈請求を却下する決定を行う。2000年12月22日、上記ネパール国籍の被告人に逆転の無期懲役判決。

2001年1月20日、ホテルで、当時14歳の少女に現金2万円の供与を約束してわいせつな行為をした(A事件)。同年4月5日、カラオケ店で、当時16歳の少女に現金の供与を約束してわいせつな行為をした(B事件)。同年4月28日、ホテルで、当時15歳の少女に現金1万円の供与を約束してわいせつな行為をした(C事件)。

同年5月19日 A事件について児童買春処罰法違反の容疑で警視庁蒲田署に逮捕される。』(出典:Wikipedia)

地元の人間なのに、神泉と円山町を誤字ってのもなんだかねぇ

う~ん…
バブル真っ最中から事件があった前ぐらいまで道玄坂ラブホ街や百軒店には行ってましたけど、客引きなんて見なかったな。いわゆるホテトルのピンクチラシは電話BOXや電柱に沢山、貼ってあったけど。嬢がベンツに乗せられてラブホに来るのも、いっぱい見たw
立ちんぼは池袋に南米系や新大久保にチョンとか東南アジア系、鶯谷にBBAwはいた。縄張りにしてるヤクザの下っ端が立ちんぼから、みかじめ取るんだよね。それは客引きではないし…
よくよく文章を見ると何か嘘っぽいです。まだ東電陰謀論の方がマシかな。

私も同じ印象を持った。

事件に関して何の情報を持っているわけでもないが、その数年前までバイト通いで、忙しいときは毎日、円山町を往復してた。
当時も今も、道玄坂の近くはかなりの人通りでカップルも多かったが、反対側は松涛にも近い静かなホテル街なので、呼び込みが腕をつかんでくるようなソープ街や繁華街とは全く違い、どちらも女一人ではかなり目立って入れない雰囲気だったけどなぁ。

しばらくして神泉寄りにグローショップが出来て、その後私も東京を離れ、戻ってきてからこの前風呂屋が爆発www
久しぶりに様子を見に行くと、松涛側の雰囲気がだいぶ変わってた。

そういえばその時、そこに新しい某有名探偵事務所を見つけたのは笑ったwww

あのさん
ありがとうございました。

さすがはあのにゃん先生だす!

クライムオブパッションのキャサリンターナーじゃあるまいし
これは造られた被害者像の匂いプンプンだな。
私が知っている案件でオリンパスの社員対策マニュアルと同じように
ホンダの社員対策マニュアルがある。
管理職や経営側に都合の悪い社員を排除する手順。
弁護士や所轄警察署の生活安全課に対して手を廻した工作なんだが
まぁようするに、カネの力を使って
対象社員の個人を貶める段取りをするんですよ。
一番効果があるのはセックススキャンダルですね。
例の痴漢捏造と同じです。
(セクハラ・ストーカー・DV 何でもござれ)
男は痴漢、女は淫乱と確定するような一般社会からの排除工作です。
または、メンタルヘルスで通院が必要であるとか。
それで産業医(精神医じゃないけど)の報告で、精神科に通院しろと
報告があれば一丁あがり。
ここのコメンでもそんな工作がアカラサマに見られますね。

確か、原子力発電には否定的な東電OLさんでしたっけ。

K俣、首を洗ってろよ....w

>社員を排除する手順www

これは実際あるから注意ですねwww
通常は、所属する法人のみならずライバル会社からの追い落としも含めて社秘を知る管理職に昇りそな膣序ある社婬(女にモテる≒バイタリティ&好色いや魅力や交渉力あることの証左)には心ある上司や人事がそっと耳打ちしてくれるwww
電車内もそうですがエロベータの中、不自然な他部署からのアプローチなど脇の甘い奴は若い頃からチェックされ自然淘汰されるwww
そりゃ、役員になってからホイホイ喋られたら迷惑ですからー

>確か、原子力発電には否定的な東電OLさんでしたっけ。

これのついては、下記の記事がわりとまとまっているかと。

・東電女性社員は反原発故に殺された
http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-651.html
2012-06-08 陽光堂主人の読書日記

特に以下抜粋する箇所が恐ろしい。もしこれが事実だったら、と読んでいて血の気が引く思いがしたものです。

-------------------

 この事件の真相を解く鍵は人間関係にあり、「秦野エイト会」というサイトには、引用という形でこう説明されています。(http://http://www.ne.jp/asahi/davinci/code/history/hanzai2/index2.html)

被害者・渡邉泰子
企画部調査課・副長
当時の直属の上司が 取締役企画部長・勝俣恒久(現東電会長)
企画部管理課長には藤原万喜夫(現副社長)

   (中略)

彼女は、工務部副部長だった父親の遺志を受け継ぎ、「原発の危険性を指摘」する 報告書を作成。
経済リポートも賞を得るほど高い評価を得ていた。
そんな反原発の旗手の彼女が、
プルサーマル計画が本格始動した1997年の3月に
誠に都合良く「殺され」
売春婦をやっていたという報告で、人間としての尊厳を「消され」
彼女の実績・功績は闇に「葬られ」た。
上司の勝俣部長は、翌年「常務取締役」に出世する。

 父親の渡邊達雄さんは、1949年に東大工学部を卒業した後、東電に勤務し、工務部副部長として将来の役員候補とされていましたが、原発の危険性を指摘したため降格させれられ、泰子さんが慶応大学2年のとき、52歳でガンで死亡したそうです。父親も殺された疑いがあるのです。

 そして泰子さんも、亡き父の意思を受け継いで原発の危険性を指摘する報告書を作って殺されてしまったのです。となれば、黒幕は東電で、勝俣や藤原万喜夫当りが指示した疑いがあるのです。状況証拠しかありませんが、裁判で「推認」が許されるなら、素人のこれぐらいの推測も許されるでしょう。

 事件の真相について、井口和基氏は次のように推測していますが、大方こんなところだったのではないかという気がします。

おまけ。「阿修羅」掲示版内の関連注目投稿。

・殺された「東電OL」と勝俣会長の浅からぬ関係 <東電の影響力が低下するにつれて事件捜査のズサンさが明らかに>
http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/686.html
投稿者 東京電力放射能拡散中 日時 2011 年 7 月 24 日 08:42:42: p1PPUA.SiPAKw

→コメント欄の内容が濃いこと濃いこと(特に今月に入ってからの新たなものが)。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山