松崎町の川のり入りだし巻き卵

| コメント(2)


IMG_3553.jpg

だし巻き卵なんだが、今日は海苔を入れてみた。松崎町の特産、川のりです。1月から2月にかけての季節限定なんだが、乾物なので使い忘れて台所の奥から出て来たw 細くてきれいな緑色です。伊豆は海藻が豊富で色々と採れる。はばのり(はんば)とか岩のりとか、地元だけで消費されてほとんど出まわらないんだが、最近は値段が暴騰して一枚1000円とか。中でも松崎の川のりは色が鮮やかで、こういう用途にはいいですね。


だし巻きなので、宗田節と本枯れ節と昆布で、濃厚で上質の出汁を引き、塩、砂糖、味醂、薄口醤油で味付け。そこに川のり入れて、弱火でジワジワと焼きながら巻きます。だし巻き卵は散々作ったので、手慣れたもんだ。上手に作るコツは、作ったらすぐ、熱いうちに簀巻きにして締める、という事。余熱でしっかり固めます。さっそく切って味見をしてみると、いつものだし巻き卵の中にホンノリと、川のりの香りが漂っていい雰囲気。河口の汽水域で育つ海苔なので、海の海苔とはちょっと香りが違う。こうした天然物の地元海苔は案外高い物なんだが、こういう使い方ならちょっとしか使わないのでリーズナブルだ。

コメント(2)

贅沢やなあ。

川海苔コロッケにインスパイアーされたの?w

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山